麺屋 正@錦糸町 「味玉ラーメン 黒」

正@錦糸町・20160925・錦糸町
 世は三連休&シルバーウィークだというのに、今日も今日とて休日出社。さすがに相次ぐ休日出社にイヤ気がさして、ランチタイムはチョイと地元の銀座・新橋からは遠ざかりたい気分。そこで久々に錦糸町へ。
正@錦糸町・20160925・店舗
正@錦糸町・20160925・券売機
 宿題になっていたのはこの「正」で、オープンは今年4月、場所は「ここだけ」のほぼ真向かいです。なんでも、ご主人は船橋「竈の番人」からの独立とのこと、かつてあの辺りを「地元」として食べ歩いていた身としては、なんとも懐かしい。メニューは「ラーメン」と「つけ麺」の「黒」と「赤」、トッピングに「ホウレン草」「野菜」があるあたりが、チョイと目を引きます。とりあえず、筆頭ボタンの「味玉ラーメン 黒」(800円)をポチッとな。
正@錦糸町・20160925・黒味玉正@錦糸町・20160925・スープ
 具材の豪華さと、その盛り付けにそこはかとなく漂う「ワイルド」感に、どこか「千葉」的な雰囲気が漂う丼姿。まずはスープを一口……うん、ワンテンポ遅れて突き上げてくる重いパンチ。主役は豚骨主体の動物系、ソフトでクリーミーな口あたりですが、口腔から喉にかけて、グッと重みを感じさせます。タレは抑えめの使い方で、マー油も香ばしさ重視の仕上げ方、豚骨本来の豊かな旨味を濃密に表現しながら、リズム感だけ添えようという設計思想のようです。
正@錦糸町・20160925・麺
 麺は山田食品製で、やや太めの中太縮れ。かなりカタめのゆで上がりで、多少ゴワつきを感じさせる口あたりとハードな歯応え。しかし、スープが結構パワフルですので、このくらいの「ストロング・スタイル」でちょうど合う。麺の甘味も、クリーミーなスープのホノ甘さに、実によく合う……ちなみに、麺量はやや多めに感じました(180gくらい?)。
正@錦糸町・20160925・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、ホウレン草、海苔にネギ、それに味玉がデフォで半個と追加の一個。肩ロース・チャーシューは、提供前にバーナーでシッカリ炙ったもの。肉本来の旨味が程よく引き出され、豚骨主体のスープによく合います。
正@錦糸町・20160925・味玉
 それに白眉は味玉で、表面をシッカリ濃く味付けてカタめに仕上げ、中の白身はフルフル状態、そして黄身も見事な半熟と、質感だけでレベルの高さを感じさせます。味ももちろん文句なし、この味玉のクォリティは、「竈の番人」の流れを組むものですな。

正@錦糸町・20160925・卓上
 チョイとワイルドな外観に、かなりパワフルな麺とスープと、「千葉パワー」を存分に感じさせてくれる一杯。たとえば木場「まごころ厨房」の橋本店主もそうですが、千葉方面で修業された方の作品は、ワイルドでパワフルなものが多いと感じます。もっともっと、いろんな方に出店してほしいモノ……千葉から東京に引っ越してきて10年近く、さすがに強く「郷愁」を感じた一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR