満州ニラら~めんの店 さかえや 水道橋店@水道橋 「満州ニラらーめん」

さかえや@水道橋・20161112・三崎町
 数カ月ぶりに、休日出社から解放された土曜昼。午後に仕事を控えていると、ランチにもあまり過激なメニューは遠ざけざるを得ませんが、今日はそんな制約もなく……仕事のない日に食べてみようと考えていた、三崎町の新店「さかえや」へ。
さかえや@水道橋・20161112・店舗
さかえや@水道橋・20161112・券売機
 岩手県花巻市のご当地ラーメン「満州にらラーメン」(通称「満ニラ」)、これを作り上げた1960年創業の老舗「さかえや」が、10月に東京初出店。メニューは満ニラのバリエーションと「冷し」、それになぜか「中華そば」。バリエーションに「納豆」と「餃子」(!!)があり、特に後者は驚きですな……とりあえず、筆頭ボタンの「満州ニラらーめん」(780円)を、ポチッとな。
さかえや@水道橋・20161112・卓上
 内装は実に小奇麗で、フロアから一段上がったスペースに並ぶ小洒落たツールに腰かけ、カウンターに向かうという……ちょっと鮨屋にも似た落ち着いた雰囲気。土曜午後でも厨房に4名・フロア係が1名と、かなりお金と気合が入った運営です。
さかえや@水道橋・20161112・満ニラさかえや@水道橋・20161112・スープ
 おぉ、一度見たら忘れられそうもない「面構え」。まずは、スープを一口……へ~え、見かけによらずスムース&マイルド。辣油のトゲトゲしさは一切なく、むしろジンワリとした優しい辛さ、コレが醤油ダレのスマートなコクをジンワリ持ち上げ、生姜の風味がホノカに漂うという……そんな構成。ベースはヤンワリとした旨味のスッキリ清湯、なんかこう「シミジミ」系の味わいで……ジンジンと胃に染み渡っていきます。
さかえや@水道橋・20161112・麺
 麺は極細弱縮れで、かなりカタメのゆで上がり。ドップリとスープを持ち上げたコイツを、ワシワシとカッ込む感じの食べ心地、加水率のせいで意外に早くシナッとしてきますので、ガンガン「早飯」してこそ印象に残るタイプ。甘みがシッカリしており、ジンワリ系のスープに対してやや勝ち気味ですが、「実用食」的な雰囲気がそれなりにグッド。
さかえや@水道橋・20161112・具材
 具材は、ニラとニンニクの芽、牛バラ肉に紅ショウガといった構成。牛バラ肉は薄っすら生姜焼き的な味付けがしてあり、これに紅ショウガが加わって、スープの生姜と「三位一体」的なコラボをさせようという設計思想。ニラの風味が強いため、ニンニクの芽がイマイチ浮いていますが……スープにもニンニク的な要素が欲しかったり。
さかえや@水道橋・20161112・麺上げ
 具材を麺・スープに絡めて、さらにワシワシいただきますと……やはりもう少し、東北特有の「力強さ」が欲しい気も。

さかえや@水道橋・20161112・口上 ネット情報では、本店とは味のチューンを変えて出しているとか。多少感じた違和感は、そのあたりに起因するのかもしれません。「東京」に合わせるつもりなのかもしれませんが……タイやベトナムなど東南アジアだけでなく、アフリカ・インド・南米・中近東にいたるまで、各国の料理がストレートに「クセ」丸出しにして競う街ですので、なんの遠慮もいりません。せめて、「本店味」を別に出して、ABテストでもしていただきたいところ。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR