三歩一@高田馬場 「鶏そば」

三歩一@高田馬場・駅前
 休日出社明けの、憂鬱な月曜日。新宿方面の用事を済ませ、お昼は高田馬場の新店「三歩一」へ。
三歩一@高田馬場・店舗
三歩一@高田馬場・券売機 地味な板張りの外装に、白妙の暖簾、奇をてらわない看板と、私好みの店構え。メニューは鶏清湯系の「鶏そば」に鶏白湯の「濃厚」、それに「まぜそば」「つけそば」の4系統。流行の鶏白湯をウリにした店が多い中、「当店イチオシ」マークは「鶏そば」(680円)を指しております。もちろんコイツを、ポチッとな。三歩一@高田馬場・能書き

 カウンターの能書きを読み始めたところで、丼は何と2分でスピード到着。
三歩一@高田馬場・鶏そば
 では、スープを一口……透き通るような旨みの鶏出汁は、能書きによれば「鶏だけで炊き上げた」とのことですが、鶏油を丹念に処理してあるせいか、鶏特有のムワッとした香り・風味をキッチリ抑えてあります。一方、塩ダレもジンワリした効かせ方でパンチを度外視、ジンジンと舌にしみ入るような味わいが、食べ進むほどに心地よい。
三歩一@高田馬場・麺上げ
 そして、ハイライトはこの麺で、自家製の細麺ストレート。序盤は固めのゆで加減のせいでポクポクと軽快な歯切れ。加水率はやや低めだと思いますが、後半になってもダレが少なく、多少しなやかになる程度で、これはこれで心地よいノド越し。甘みの主張もシッカリと強く、スープのスッキリとした旨みによって、より一層引き立ちます。

 具材は、チャーシューが炙り鶏とバラロールの2種に、メンマとネギ2種、そして追加の味玉。鶏塩に合わせるメンマにしては味付けが強めの点、ネギが多めで「薬味」感が強すぎの点もさることながら、気になったのは炙った鶏チャーシュー。それ自体は美味しいのですが、鶏の脂がスープにしみ出て、せっかく抑えた「ムワッと感」が頭をのぞかせています。

 好みで投入する柚子胡椒で、スープに一段とキレが加わり、なかなか面白い味に仕上がっていくのですが……例の「ムワッと感」がブレーキをかけている印象で、イマイチ味が突き抜けません。この鶏チャーシュー、鶏白湯の「濃厚鶏そば」には合うんでしょうが……
三歩一@高田馬場・貼紙
 よくあることではありますが、違うスープに同じ具材を合わせることで起きる「悲劇」。それでもこのスープ・麺のクォリティ、さらに具材をこれだけおごって680円とは、なかなかの「サービス精神」。しかし、「鶏そば」だけは敢えて具材をシンプルに絞り込み、もっとプライスにメリハリをつけてみるのも、一手でしたな……いつの世も、「選択と集中」は悩みの種になりますな。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR