炙り味噌らーめん 麺匠 真武咲弥 渋谷店@渋谷 「炙り味噌らーめん」

真武咲弥@渋谷・20161213・道玄坂
 早朝から、渋谷からさらに西で出張り仕事。昼前にはグッタリ疲れて渋谷に戻り、ボーゼンと道玄坂を歩きますが……なんか腹減りましたな。ふと目に入ったのは「真武咲弥」、懐かしさもあって訪店。
真武咲弥@渋谷・20161213・店舗
真武咲弥@渋谷・20161213・券売機
 千葉のサムライヌードルが展開する「真武咲弥」、全国のラーメンイベントに出店しながらブランディング、都心では渋谷店の他、かつて西早稲田にも「麺匠 咲弥」という名で出店(その後閉店)。その西早稲田店でかつて食したことがあり、結構印象に残っていました。メニューは「らーめん」が「炙り味噌」と「辛味噌」、それに「濃厚豚骨つけ麺」の3系統、それに「カンボジア寄付」ボタンがあるのが特徴です。とりあえず、「炙り味噌らーめん」(820円)と、「カンボジア寄付」ボタンをポチッとな。
真武咲弥@渋谷・20161213・炙り味噌真武咲弥@渋谷・20161213・スープ
 まずは、スープを一口……う~~む、なんか大人しくなったような印象。主役の味噌ダレは、信州白味噌と北海道赤味噌のブレンドで、コレに炙りによる香ばしさも感じられ、クッキリとしながらバランスのとれた、ナカナカの味わいですが……昨今の流行から見れば、やや薄め。それに、かつてはベースの豚骨にも、結構厚みが感じられたものですが、コレも随分とスマートになったような。生姜が加えるケバ立ちが、昔のアグレッシブさを残していますが、以前はニンニク等のスパイスが、さらにアグレッシブさを加えていたような。
真武咲弥@渋谷・20161213・麺
 麺は、やや太めの中太縮れ。濃い黄色が印象的な玉子麺で、微妙にカタメのゆで上がり、プリッとした口あたりにツルリとしたノド越し、噛めば甘みがガチンコで広がる力強さで……能書きでは毎日北海道から空輸しているそうですが、あの製麺所かしら。この図太い甘みの立ち上がりを、味噌がスマートにサポートするようなバランスで、以前とはかなり違いますが、これはこれで悪くありません。
真武咲弥@渋谷・20161213・具材
 具材は、チャーシュー、メンマ、モヤシにネギ。「麺匠 咲弥」の頃は、注文ごとに野菜類を中華鍋で炒めていましたが(能書きにもそんな記載が)、今日はそんな音も聞こえず、ゆでモヤシのような風情で焦げ目もなし。肩ロース・チャーシューや材木メンマも、標準的なクォリティ。

真武咲弥@渋谷・20161213・能書き
 かつて、焼きを入れた味噌にニンニク・生姜・スパイスを加えて、肩で風切っていた剛速球投手が、歳を重ね老練な変化球投手になってしまったような……個人的には、少し寂しさを感じる一杯。しかし、以前と変わらぬ力強い麺に、スマートになったスープを絡めることで新しいバランスを生み出しており、そのおかげか店内を見ても「草食系」の男子・女子にウケているような気もしますし……これが「環境適応」の結果なら、「進化」と呼んでもよいのかも。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR