ラーメン凪 豚王@渋谷 「豚王」

豚王@渋谷・20170108・ヒカリエ前
【まだ師走の頃の食べ歩き】

 渋谷の名店めぐりをしていた時に、資本系無休店の「社員研修」臨休(おそらく年1回?)にブチあたるという、奇跡の経験をしたこの「豚王」。以来、訪店は後回しにしていましたが……そろそろ怒りも収まり訪店。
豚王@渋谷・20170108・店舗
 「凪」はもともと、新宿ゴールデン街で豚骨を提供し始めたのがその発祥。その後、2008年頃より現在主力の煮干ラーメンにシフトし始め、現在は都内(国内?)で「凪」の豚骨を食べられるのはこの「豚王」のみ。豚王@渋谷・20170108・券売機

メニューは豚骨系の「豚王」「赤王」「黒王」「翠王」と、煮干ラーメン・つけめん。「サントリーモルツ・中ジョッキで150円」というポップに猛烈に引かれますが……ここはデフォの「豚王」系に替玉抑止策の味玉つけて「味玉豚王」(920円)をポチッとな。「豚王」(820円)+「味玉」(120円)より20円お得という、ちょっと変わった設定。
豚王@渋谷・20170108・豚王豚王@渋谷・20170108・スープ
 まずは、スープを一口……なるほど、結構「キレキレ」ですな。サラリとした豚骨スープ、しかし豚の風味・旨味はシッカリでており、カエシもかなり強めに効かせているため、スープを覆う背脂(ラード?)を突き破るように、コク・キレが尖ったシャープな味が、舌にビンビン伝わってきます。さらに後半へ向け、「凪」名物の「海の辛銀だれ」が溶け出すと、煮干しの旨味が加わる上に、辛味で味がさらにシャープになって、キレがどこまでも「加速」。
豚王@渋谷・20170108・麺
 麺は、極細ストレート。注文時に指定可能な麺のゆで加減は「カタめ」指定でしたが、かなりポキポキに仕上がって、一般的には「ハリガネ」レベル。博多麺特有の小麦ギッチリ感を楽しみながら噛み込めば、その豊かな甘みがキレキレのスープに引き絞られて、非常にクッキリとして彫りの深い「味の造形」。うん、コイツは美味い。
豚王@渋谷・20170108・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、キクラゲ、薬味のネギに、追加の味玉。肩ロース・チャーシューは、おそらく煮干ラーメンと共通で低温調理モノ、それゆえ豚の風味が活きており、それが豚骨の風味と見事にコラボして……いや、コイツは煮干ラーメンよりも絶対合ってる。豚王@渋谷・20170108・味玉

 味玉も、ご覧のような見事な仕上がり。黄身のみを、シンプルかつ強めに塩味を加えるやり方で、そのメリハリのきいたスタイルが、スープのスタイルに見事にマッチ。後半、卓上の「凪唐辛子」を加えれば、さらにキレキレ感がましてヒートアップ。

豚王@渋谷・20170108・提灯 実際、本場の屋台の豚骨は、東京で出会う「博多系」よりかなりキレキレ。それゆえ、むしろ豚骨の旨味が弱めに感じられる店が多かった記憶が……出張のたび食べ歩いたのはずいぶん昔のことなので、アテになりませんが。その点、豚骨のコクと旨味、そして博多系特有のキレを両立させただけでなく、「シナジー」の域まで昇華させたこの一杯には、なんとも唸るしかありませんな……臨休直撃のショックなど気にせず、もっと早く食べておくべき一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR