らーめん 稲荷屋@稲荷町 「コンソメ スペシャリテ風」(1・2月限定)

稲荷屋@稲荷町・20170223・交差点
 稲荷町は、昔から志の高い店が出現する街ですが、自己ルールによる行動圏ギリギリ外側。本当にそうか、1, 2度テストしましたが、やはり外側。それでも、この「稲荷屋」だけはあきらめきれず、いずれ訪れるつもりでしたが……いかにも店主さんが得意そうなメニューで限定をやるというので、たまらず訪店。
稲荷屋@稲荷町・20170223・店舗
稲荷屋@稲荷町・20170223・券売機
 元はホテルのフレンチ・シェフだった高橋氏が、2015年3月にオープンさせたこのお店、そこで「コンソメ スペシャリテ風」(900円)なる限定を出すというのですから、自己ルールでガンジガラメのこの私も、理性が吹っ飛ぼうというモノ。さすがに人気店で、店が面した浅草通りはさほどの人通りではないのに、店内はほぼ満員か数人待ち。カウンターとテーブル合わせて20席近くある店ですが、なんとワンオペ。高橋さんの鬼神のような切り盛りで何とかなっていますが、傍から見ていても結構つらい……
稲荷屋@稲荷町・20170223・コンソメ稲荷屋@稲荷町・20170223・スープ
 あまりにも美しく、あまりにもフレンチな丼景色。まずは、スープを一口……麺と一体化させるべく、緻密に計算されておりますな。コンソメとはいっても、フレンチで供されるような「濃厚野菜」的なモノではなく、鶏の風味・旨味をふくよかに表現しながら、野菜の深い味わいが、鶏に寄り添うように取り巻くように……そして、小麦の甘みを待っています。
稲荷屋@稲荷町・20170223・麺
 麺は、多加水の細縮れ。かん水的な雑味の少ないピュアな味で、柔らかめのゆで加減で強調された、小麦の甘みがスープと合体すると……なんとも「長閑(のどか)」で、深く心が落ち着くような味わい。なんというか……農園のベンチで背伸びしながら、地平線まで見晴るかす、風にたなびく黄金色の麦穂を無心で眺めているような……深い深いリラクゼーション。
稲荷屋@稲荷町・20170223・具材
 具材は、フォアグラの小片と粒状のトリュフ、そして少量の薬味。フォアグラは、極めてフレッシュな食感と味わい、ラーメン店でこのクォリティを常時維持するのは難しいと思われますが……たまたま食材入荷のタイミングと合ったのかしら、いずれにしても超ラッキー。また、トリュフを削らず粒状で絡ませるあたりが実に非凡で、キリッと引き立ったトリュフの味わいが、悠揚迫らぬ麺・スープの世界観に、実にウィットの効いたアクセントを加えます。

稲荷屋@稲荷町・20170223・告知
 土地柄、常連さんも多い店内。隣に座った若い常連二人組は、両肘張って3人分のカウンターを占拠した上、トッピングで二郎風にカスタマイズした「背脂醤油」を一口食べては、ティッシュを2、3枚使うものですから、見る間にティッシュの山が出現……私が浸っていた芸術的な「田園風景」とは対極的な、修羅の世界が30cm横にあります。そろそろ客層を選んだ方が良いのでは……もともと資金が溜まったら、JR線沿いに店を構えたいと語っていたご主人。私の地元、有楽町・新橋あたりに移動して、本格フレンチ風なラーメンを出すつもりはないかしら……この一杯なら、1,200円は出すけどね。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR