月島ロック@月島 「月島2号」

月島ロック@月島・もんじゃストリート 今年はなぜか例年以上に忘年会が多く、飲み過ぎを避けるために、敢えて週末に設定された会は避けてきました。なんとなく、震災直後の「自粛ムード」が懐かしく思えたり……今年最後の忘年会ピークとなった木曜日、一人まったりと過ごすべく、いつもの月島某店に向かいますが……定休日だったことを忘れていました。

 どのもんじゃ焼き屋も満員で、むしろ人通りが少なくなった「もんじゃストリート」をそぞろ歩き、私にとっては「月島避難所」ともいえる「月島ロック」へ。
月島ロック@月島・店舗
月島ロック@月島・メニュー
 カウンターにつきメニューを見ますと……お、「月島2号」(900円)があるじゃん。このお店は、町田「69’N‘ROLL ONE」の嶋崎さんプロデュースではありますが、ベース・スープはかのお店とは異なり、豚骨清湯ないし魚介とのブレンド。しかし、たまに「69’N ‘ROLL ONE」の主力メニュー「2号ラーメン」をインスパイヤした限定を出すことがありますが、それがこの「月島2号」。こいつはラッキー、数量限定ながら「まだ大丈夫ですよ」とのことで、早速注文。
月島ロック@月島・月島2号
月島ロック@月島・スープ
 では、スープを一口……う~~む、実に惜しい。鶏をジックリと炊き込んで、実に豊かな風味のこのスープ、醤油ダレにも深いコクがあって、重みのあるキレもまた格別。他店の「鶏ガラスープ」とは一線を画す「フルボディ」感で、なんともリッチな味わいですが……鶏油を残し過ぎましたな。実際には、コクを意識してほんの少し多めに残したつもりなんでしょうが、鶏油がスープのポテンシャルと舌を「隔離」してしまいます。
月島ロック@月島・麺上げ
 麺は例によって、「69’N ‘ROLL ONE」と同じ中根製麺製の極細ストレート。ゆで具合もオープン以来着実に向上してきており、しなやかなコシと口腔をさする躍動感、そしてポリポリと軽快な歯切れと、抜群の食感。加えて、国産小麦100%の上品な甘みが、スープの豊かな味わいにそっと寄り添うような見事な「相性」で……まさに、理想のカップル。

 具材は、チャーシュー、メンマに、ネギが二種。チャーシューは、鶏ムネ肉と豚肩ロースの混載で、どちらも味付けは敢えて淡白に仕上げて、肉本来の美味しさを「フルボディ」スープで盛り立てるという趣向。メンマも穂先のいいとこを奢っています。

月島ロック@月島・脂
 麺が鶏油を拾った後も、スープに浮かぶ大型の油滴。鶏を炊き込むと、当然のごとく大量に鶏油が浮かんできますが、「それをどの程度取り去るかが勝負で、実にデリケートな作業になる」と、「69’N‘ROLL ONE」の嶋崎さんはかつてテレビで語っておられました。スープに残す鶏油量、おそらく「紙一重」の違いなんでしょうが、そこには気の遠くなるような「距離」があるんでしょうな……それでも、やはり「紙一重」的な「凄味」が感じられ、プライシングをのぞけば大満足の一杯でした。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR