ソラノイロ@麹町 「“寒明け”の煮干し中華そば」(期間限定)

ソラノイロ@麹町・20170309・交差点
 2月21日、満を持して麹町「ソラノイロ」本店が、主力の醤油・塩をリニューアルしたとか。コイツは聞き捨てなりませんな……仕事帰りに、ちょっと寄り道。
ソラノイロ@麹町・20170309・店舗
ソラノイロ@麹町・20170309・ポップ
 入店すると、目の前には今年初の限定「“寒明け”の煮干し中華そば」(900円)のポップ、今日も夜は冷え込んでるし、コイツはあまりにも眩しい……私の目の前には、津軽や新潟の雪景色が広がってしまいました。ま、リニューアルしたレギュラーメニューは何時でも食べられるし、今日のところはコイツをポチッとな。それにしても、レギュラーメニューでも基本900円、結構強気のプライシングですな……
ソラノイロ@麹町・20170309・煮干しソラノイロ@麹町・20170309・スープ
 おぉ、白を基調としたチョップド・サラダの「雪景色」から、春の緑が芽吹くような、まさに「寒明け」を表す丼景色。まずは、スープを一口……いやぁ、どうすればこんな「深い」煮干しに仕上がるのやら。数種類の煮干しを使い、2日かけて作るというこのスープ、たしかにミックスされた煮干しがお互いのクセを打ち消し合い、独特ながらニュートラルな風味・旨味がドドンと力強く立ち上がって、そのあとを煮干し特有のビターな風味と、特有ながら表現の難しいウブな甘みが、フンワリと後追いで立ち上がってきます。煮干しの魅力を、デフォルメではなく「シンボライズ」したような味の「煮詰め方」で、得も言われぬ「深さ」を感じますな。
ソラノイロ@麹町・20170309・麺
 麺は、力強く屈曲した太麺。口あたりはモチモチしていますが、結構ミッシリと密度感ある歯応えで、自然に咀嚼がうながされ、力強い甘みがグイグイ舌の上に広がります。コイツを、カエシでかなりキレたスープが引き締めて、味がゴンゴンと質量感を伴って口腔を通過する感じ……具材の景色といい、これで背脂が加われば、チョイと燕三条系のカタルシスに通じるものがあるかも。
ソラノイロ@麹町・20170309・具材
 その具材ですが、大根・白カブ・麩・豆腐の賽の目切り(チョップド・サラダ)と、薄くスライスした餅を細かく四角に切り分けたモノ。野菜類はどれも上質で、妙な雑味は一切なし、こうして燕三条系へのオマージュとしてサラダにアレンジして見せるあたり、「ソラノイロ」の面目躍如。そして、特に印象的なのは「餅」で、先日も新潟の「しゃぶしゃぶ餅」を使った作品を楽しみましたが、なんとも純朴な甘みと独特の食感が、不思議とラーメンと合うんだよなぁ……

ソラノイロ@麹町・20170309・券売機
 チョップド・サラダによる、冬・春の季節の変わり目の表現もさることながら、この一杯の本当のキモは、実に深い味わいの煮干し出汁。「煮干し」を標榜するラーメンが乱舞する昨今、ただ煮干し粉を混ぜただけだったり、煮干ペーストによるインパクトのみを押し出したり、そのアプローチは様々ですが……「煮干し」の本当の魅力を煮詰めれば、このスープが指し示す方向性に収斂するような。リニューアルされた主力メニューも気になる所ですが、できれば期間中に是非お試しあれ。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR