らーめん 穀雨@渋谷 「担担麺」

穀雨@渋谷・20170418・路地
 冷たい雨が降った一日、夜もめっきり冷え込んで、その上仕事先の都合で中途半端な時間に仕事を切り上げることになり、「さてどうするか」とため息をつく渋谷駅前……ま、「中途半端」だからこそ寄れる店に行きますか。久々に「穀雨」へ。場所は、セルリアンタワーのおひざ元、ご覧のようにチョイと場末感漂う一画にあります。
穀雨@渋谷・20170418・店舗
穀雨@渋谷・20170418・券売機
 この店は20時閉店で、慢性残業病の私にはなかなかハードルが高い。昨年まだ暑さが残る頃に一度訪店、「らーめん」(醤油)をいただきましたが、その圧倒的な美味さに驚きました。宿題となっているのは「塩」ですが、この寒さゆえどうしても「担担麺」(830円)が気になります……思わずコイツをポチッとな。
穀雨@渋谷・20170418・担々麺穀雨@渋谷・20170418・スープ
 敢えて辣油を強調しないところが、逆に様々な「仕掛け」を想像させて、思わずワクワクの丼景色。このスープには「ドラマ」があり、順を追って説明しますと……まず出だしは、スマートな旨味に裏打ちされた芝麻醤、白胡麻主体のピュアなコクが、かなりの密度で押し寄せます。これに最初は辣油が絡みますが、一味唐辛子や山椒が辛みにグンと幅を広げて行って、糸唐辛子が加える絶妙の抑揚。そして特筆なのは肉味噌からにじみ出る味わいで、中盤からコクをグイグイ深めて行きつつ、ヤリスギない程度の馴染み方で迎える「ラストシーン」。モタつきすぎず辛すぎず、シビレすぎずに味も濃すぎない、それでいてシンプルな導入から大迫力のクライマックスまで盛り上げる、見事な演出の「交響楽」……「さすがは『穀雨』」と唸るしかない、芸術的なバランス感覚。いやぁ、コイツは美味い!
穀雨@渋谷・20170418・麺
 麺は中太で「らーめん」と共通ですが、「らーめん」とは微妙にゆで加減を変え、やや柔らかめの仕上がりで、このあたりも実に芸が細かい。中加水で自然な甘み、このニュートラルなスタンスが、逆にスープの「ドラマ」を際立たせます。
穀雨@渋谷・20170418・具材
穀雨@渋谷・20170418・麺上げ
 具材は、肉味噌に高菜、白髪ネギに糸唐辛子、そしてメンマ。肉味噌がスープに加える効果は上述の通り、それに加えて麺に絡んでも適度な味濃さで、こういう「味加減」は、実は結構難しい(世にはヤリスギた例が特に多い)。また、担々麺にメンマとは結構ユニークな取り合わせですが、ナッツや搾菜使わずに、食感を変化を加えられる、非常にリーズナブルなソリューション。これは目からウロコかも……

穀雨@渋谷・20170418・卓上 「らーめん」をいただいた時、大編成の混声合唱を聴くような、押し寄せる旨味に圧倒されましたが……牧歌的な導入から大迫力のクライマックスまで、途切れることなく高まっていく、「交響曲」のような担々麺。同じ「交響曲」でも、ストラビンスキーのようにド派手な一杯もあれば、ドップリ重い一杯もありますが……そのどちらにも陥らない、ナチュラルなスタンスから生み出す美味さこそ、まさに「穀雨」の魅力ですな。さて、「塩」ではどんなドラマが展開されるのやら、残業のない日にまた来ます。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR