らーめん 山王家@赤坂 「らーめん」

山王家@赤坂・20170611・1番出口
 ランチタイム、銀座方面の会議を終えて仕事場への移動中、赤坂某店のランチ限定を狙ってみますが……すでに終了。バックアップと考えていた某店も珍しく満員で、立ち往生とあいなりました。少し歩けば、さらに宿題店もあるのですが……背負ったパソコンや書類がなんとも重い。結局、手近な場所にあった「山王家」に吸い込まれました。
山王家@赤坂・20170611・店舗
山王家@赤坂・20170611・券売機
 オープンして5年余り、家系のお店ですので、メニューは基本的に「らーめん」1系統のみですが、バリエーションとして「カレーらーめん」があるのが珍しい。基本から180円増しの「青菜らーめん」が気になりますが……とりあえず基本の「らーめん(並)」(770円)をポチッとな。好みはすべてフツーでお願いしました。
山王家@赤坂・20170611・ラーメン山王家@赤坂・20170611・スープ
 家系なのにネギがのる、微妙に変則的な丼景色。まずはスープを一口……アッサリ系というか、線の細さが印象的。豚骨はコク薄めですがシッカリした旨味、それをさらにケミカルでブースト・アップしてあります。旨味過多でキレすぎになることを意識してか、カエシはやや控えめで、鶏油の風味もやや控えめ。コク・キレではなく旨味で勝負する、家系としては珍しいタイプです。ただし、こういう繊細な味わいだから目立つのか、どこか雑味が感じられますな……なんだろう。
山王家@赤坂・20170611・麺
 麺は太めの中太ですが、家系にしてはやや細めで、ネット情報では大橋製麺製とか。ゆで加減は「フツー」指定でも標準よりはややカタめ、歯切れにムスッとした重さを残す仕上がりです。長さは家系らしく短めで、甘味が非常にハッキリとしていて、マイルドなスープに対してやや勝ち気味。麺を食べていて思いましたが……あの雑味は、ゆで湯のせいじゃなかろうか。
山王家@赤坂・20170611・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、海苔にホウレン草、そして薬味のネギ。肩ロース・チャーシューは、かつて「コンビーフ系」と呼ばれたタイプの独特な食感で、味が全体にシッカリとしみたモノ。卓上アイテムは「辛みそ」(豆板醤)、「にんにく」、おろし生姜で、豆板醤・ニンニクを試してみましたが、旨味重視のスープのため、少量でもよく効きます(入れすぎ注意)。

山王家@赤坂・20170611・卓上
 厨房のオペレーションを見ていて分かりましたが、「青菜らーめん」の青菜とはホウレン草で、通常の「らーめん」用はゆで置きですが、「青菜らーめん」用はその都度テボでゆで上げて、慎重に搾りを入れたモノ。麺にのせた後にラーメンだれをまわしかけ、味の薄まりをフォローしていますが……ゆで湯をキチンと管理していないと、雑味がさらに強まりそうな予感。ま、次回はそういう気兼ねなく食べられそうな「カレーらーめん」に、「青菜」をトッピングすることにしましょうか。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR