らーめん天神下 大喜@仲御徒町 「うめしおらーめん」

大喜@仲御徒町・20170627・蔵前橋通り
 あの湯島の超有名店「大喜」が移転(5月22日)したとか。有名店ゆえに行列店、どうしても一度食べたくて10年以上、数えきれないほど店前をうかがいましたが、行列が10人以下になることはまずありませんでしたな……そんな店が、道路拡幅工事のためやむなく移転。場所は蔵前橋通り沿い、南北でいえば秋葉原・御徒町の中間、東西で言えば蔵前・末広町の中間で、オールド・ファンには「いなば」の近くといった方がわかりやすいか。
大喜@仲御徒町・20170627・店舗
大喜@仲御徒町・20170627・メニュー
 土曜13時すぎで3人ほどの店外待ち、それでも回転はよくて、約5分ほどで店内へ。メニューは、「とりそば」「醤油ラーメン」「つけめん」の3系統、非常に暑い日でしたので、サッパリ系ということで「うめしおらーめん」(900円)をポチッとな。テーブル席もあった湯島の頃と違い、一本カウンターで通路に余裕のない、かなり狭めのレイアウト。厨房には武川店主、頭は完全に白くなられて、「レジェンド」な風格。
大喜@仲御徒町・20170627・うめしお大喜@仲御徒町・20170627・スープ
 鰹節が湯気に舞う、なんともニギやかな丼景色。まずは、スープを一口……誰にでもできそうで、おそらく「大喜」にしか成し得ない、繊細なバランス。全体に梅の風味が強く効いており、これでベースがチープなら、「駄菓子」的な味に陥るところが、逆に味が深まってしまうところが「大喜」の凄み。比内地鶏のさりげない旨味、絶妙な存在感の鶏油、これらにとろろ昆布や鰹節が徐々に絡んで旨味が深まり、梅風味が様々な「表情」を見せながら、ひとつのドラマを演じきります。
大喜@仲御徒町・20170627・麺
 麺は細ストレートで、おそらく以前と同じ自家製麺。しなやかなゆで上がりですが、歯切れ・噛み心地にしっかりとした質感があり、それでいてスムーズなノド越し。世に数多ある「鶏塩」を出すお店が、みなリスペクトする専用麺の最高峰です。国産小麦による繊細な甘み、それが適度にスープを吸って旨味・酸味と融合し合い、さらにザラついた麺肌がスープをドップリ持ち上げて……いじらしいほど魅力的な、「和」の味わい。
大喜@仲御徒町・20170627・チャーシュー
大喜@仲御徒町・20170627・具材
 具材は、チャーシュー、メンマ、味玉半個に油揚げ、小松菜・とろろ昆布・鰹節に、白ネギがタップリ。チャーシューも、噛むほどに味が深まる相変わらずの「最高峰」、しかもバラロールと肩ロースの2種入りで、違った味の風情を楽しめます。小松菜も、敢えて辛みを残すゆで加減で、キレが何とも潔く、とろろ昆布・鰹節が加える味の変化に、さらに油揚げが味の「濃淡」を加えるという綿密な仕掛け、なにからなにまで練り上げられた構成です。

大喜@仲御徒町・20170627・卓上
 2001年にテレビ企画で全国1位に選ばれ、それ以来湯島の観光地と化すまでに有名になりましたが……この店のラーメンは、決して分かりやすい味ではない。深さのある落ち着いた味わい、そこはかとない洒落た演出、そして徹底した品質管理と安定感。身近にあって、繰り返し食べるほどに、その奥深さに引き込まれるような一杯ですな。そういった意味では、「観光地」から解放され、各駅からも距離をとって地元に密着したロケーションに移転したこれからこそ、真の魅力を放ち続けるお店となるでしょう。これ以上行列が長くならないなら、なるべく通ってみたいと思います。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR