さんしょの木@新宿御苑 「雲呑醤油らーめん」

さんしょの木@新宿御苑・20170718・紫陽花
 梅雨空が続く今日この頃、猛烈な蒸し暑さの中、新宿御苑の新店「さんしょの木」へ。お店の隣の花園西公園も、満開の紫陽花。
さんしょの木@新宿御苑・20170718・店舗
さんしょの木@新宿御苑・20170718・券売機
 6月オープンのこのお店、この場所は代々「せたが屋グループ」がお店を出しており、「ひるがお」の次が「桃の木」で、そして今回「さんしょの木」という……「おどろき、ももの木」なんとやら。メニューは「醤油らーめん」と「つけ担々麺」の2系統、「雲呑」3ケ200円という強気の値付けが印象的。かなり自信があると見て、「雲呑醤油らーめん」(1,000円)をポチッとな。カウンターに座ると卓上に山椒のミルグラインダー……う~~ん、店名は洒落なのか、本当に山椒をフィーチャーしているのか……
さんしょの木@新宿御苑・20170718・雲呑醤油さんしょの木@新宿御苑・20170718・スープ
 大きなチャーシューと、紫タマネギが印象的な丼景色。チャーシューの上の山椒3粒が、「店名は洒落」であることを告げてますな。まずは、スープを一口……おぉ、実に分厚い鶏の旨味。まるで丸鶏を使ったような豊かな風味、しかも鶏油もタップリで、「ブワッ」という表現がピッタリの味の広がり。カエシはキレよりもコク重視のセッティングで、分厚い鶏の味わいに、多少重めのパンチ力をプラスしてます。どこかソリッドな風味を感じるのは、微妙に山椒オイルを使っているような気もするし、そうでないような気もするし……う~~ん、やはり店名に惑わされてしまう。
さんしょの木@新宿御苑・20170718・麺
 麺は、中細ストレート。敢えて多少柔らかめにゆでてあり、ホクホクとした甘みが印象的、さらに中加水ゆえスープも適度に吸って、後半に向けドンドン味わいが深くなります。ツルリとしたノド越しを楽しんだ後に、鼻から抜ける鶏の香り、これぞまさに中華そば。
さんしょの木@新宿御苑・20170718・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマに、薬味が紫タマネギとネギ、そして追加のワンタン。チャーシューは、表面を濃く味付け中は薄味、これを薄切りとして味のコントラストを楽しませる趣向。モモ肉のようなシッカリとした肉質、噛む込むほどに広がる豚の旨味……「これぞまさに中華そば」ですな。
さんしょの木@新宿御苑・20170718・雲呑
 ワンタンは、肉餡に生姜を強めにきかせていますが、肉汁の旨味と絶妙にバランスしており、なかなかの逸品。最後に、まさかとは思いながら卓上の山椒をガリガリやってみましたが……独特の風味が上滑りすることなく、スッと馴染んでしまうのがなんか不思議。なにか仕掛けがあるのかな……う~~ん、最後まで店名に惑わされてしまう。

さんしょの木@新宿御苑・20170718・卓上
 さすが「せたが屋グループ」クォリティ、外連味のないさりげない一杯ですが、これほどの中華そばはそうそう食べられるものではありません。厨房での調理を見ていると、スープをしつらえ麺をあけ、具材をのせたそのあとに、ごく少量のオイルをかけており、さらに山椒をチョンとのせていますが……あのオイルはなんなのか(山椒オイル?)、興味津々のオジサンなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR