利尻昆布ラーメン くろおび@大門 「つけ麺」(限定)

くろおび@大門・20170725・大門
 夏至近辺ゆえ、19時近くなっても明るいこの頃。仕事場からオフィスへ移動中、空腹のあまり大門で途中下車、2軒ほど回ってみましたが……それぞれ諸般の事情ですでにクローズ。そのまま引き上げようとして「くろおび」の前を通りがかると、なにやら「限定」やってるような気配を感じました。
くろおび@大門・20170725・店舗
くろおび@大門・20170725・ポップ
 夏季限定の「冷やし」は、10食限定のみのためすでに売り切れ。しかし、その横に掲示されていた、最近始めたという「つけ麺」(850円)は、20食限定ですがまだあるとのこと。さっそくコイツでお願いしました。
くろおび@大門・20170725・つけ麺くろおび@大門・20170725・つけ汁
 担々っぽい、鮮烈な赤が印象的な丼景色。レンゲの提供はありませんでしたので、丼を傾けてつけ汁を一口……ほぅ、意外とサッパリ。能書きによれば、数種類の味噌と胡麻を合わせたというこのスープ、辣油もシッカリと馴染ませてありますが、キレがアップする程度の抑えた使い方、それにこの店自慢の昆布出汁がキッチリきいて、濃厚な口あたりとサッパリとしたノド越しが、見事に両立されてます。
くろおび@大門・20170725・麺
 麺は、太めの中太ストレートで、長さ含めてつけ麺用としては標準的な形状。そのまま一口いただきますと……能書きには「北海道産小麦使用」とありますが、クッキリとした甘みと独特な風味があって、他店ではあまり使わない粉が入っているのかも。コイツをつけ汁につけ、ズバァ~~ッとイキますと……麺のクッキリとした甘みに、つけ汁のコク・キレ・サッパリ感が絶妙に絡み、ダイナミック・レンジの広い味わいがフワッと広がった刹那、ヒュッとノド奥に消えるような、まさに「つけ麺」の醍醐味満載。
くろおび@大門・20170725・メンマ
 具材は、麺皿にチャーシュー、メンマ、カイワレに糸唐辛子、つけ汁には白胡麻と薬味のネギが浮かびます。バラロール・チャーシューは、つけ麺用に敢えて冷やしたのか、脂身が固まった独特な食感。好みにもよるでしょうが、ラーメン用の設定か、敢えて炙りを入れる程度の方が面白いかも。穂先メンマは相変わらず風味抜群、こちらはラーメンよりこの担々風スープの方が合う気がしますな。
くろおび@大門・20170725・スープ割
 卓上の辣油を足して、キレの変化を楽しんだ後、ポットで提供されるスープで割りますと……昆布出汁でさらにスッキリ感が増して、辣油のキレがキラリと光る感じ。いやぁ、夏にピッタリな食後感。

くろおび@大門・20170725・卓上 昆布出汁でサッパリと仕上げた担々味噌という、チョイとほかでは味わえない、「くろおび」ならではの一杯。この店は、私のような中高年の客が比較的多いのですが、味・麺量とも、まさにピッタリの設定……私は魚介出汁をとるのが趣味で、市販のカップ担々麺も濃厚昆布出汁で食べたりするのですが、コイツがなかなか美味い。もし、地方でこの記事をお読みの方も、一度試してごらんになると、この一種独特なスッキリ感が体験できるかも(ゴマダレをやや少な目にするのがコツ)。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR