かしわぎ@東中野 「塩ラーメン」

かしわぎ@東中野・20170727・商店街
 数カ月ぶりに新宿方面でお仕事、新宿~中野方面のお店を狙うチャンスですが、たまった宿題も数カ月分、でもこの数カ月で最も話題になったお店といえば、東中野「かしわぎ」でしょう。脇目もふらず直行。
かしわぎ@東中野・20170727・店舗
かしわぎ@東中野・20170727・券売機
 6月オープンのこのお店、店主の方が名だたる職人さんだそうで、オープン直後から行列情報。この日はオープンから1カ月強経っていましたが、12時半過ぎでテーブル1席(相席)だけ空いていました。メニューは「塩ラーメン」と「醤油ラーメン」、いずれも680円というプライシングは、もはや安く感じてしまう昨今の流れ。とりあえず、筆頭「塩ラーメン」と「味玉」(100円)をポチッとな。
かしわぎ@東中野・20170727・塩かしわぎ@東中野・20170727・スープ
 店員さんが丼を置くと同時に、何やら説明しながら(相席のカップルの声で聴きとれず)テーブル上の胡椒をそっと前に押し出されました。試してくださいということなんでしょう。それでは、スープを一口……なるほど、絶妙な「ふくよかさ」加減。メインは豚清湯で、豊かな旨味と硬質なコクが同居して、フックラとしながらソリッドな味わい。さらに脂を多めに使ってフックラとした余韻を加えながら、カエシに使った魚介で旨味にキレを加えるという……そして仕上げに、胡椒で味をキュッと引き締めています。ふくよかな体型をボンテージでさらに引き立てたような、なんとも魅惑的な「グラマラス・ボディ」。
かしわぎ@東中野・20170727・麺
 麺は中細ストレート。その食感は絶品で、口腔で跳ねるようなビビッドなコシと、ポリポリとリズミカルな歯切れ、そしてツルリとしなやかなノド越しが、すべて「両立」されているという驚くべき仕上がり。甘みもなかなか力強くて……グラマラスなスープの中から、「ビンッ!」と元気よく跳ね上がってくる感じ、なんともセクシーなラーメンですな。
かしわぎ@東中野・20170727・具材
かしわぎ@東中野・20170727・味玉
 具材は、チャーシュー、メンマ、薬味のネギと、追加の味玉。メンマは穂先を多少カタめに仕上げてあり、あまり味付けはせず本来の風味を活かすアプローチ。チャーシューはバラ肉と肩ロースの2種、こちらは豚肉の旨味を引き立てるような薄味の仕上げで、スープの豚清湯に実によく合う。そして、味玉は、かなり醤油を強めにきかせた味付けで、メンマ・チャーシュー・味玉と、キッチリ味のグラデーションをつけてある芸の細かさ。終盤に、卓上の胡椒をバサバサふってみますと……グラマラス・ボディ&チャーシューが、「バン!」とハジけて超セクシー……いやコイツはたまりません。

かしわぎ@東中野・20170727・卓上
 グラマラスでダイナミックなスープ&麺、微妙に魚介で引き締めていたボディから、胡椒で「野生」を開放させるというセクシーな演出、そして具材にも見られる実に緻密な味のコントロール……ご主人の「技」の奥深さを、存分に堪能させていただいた一杯。最後にご主人とシッカリ目を合わせながら、ご挨拶させていただきましたが……いい目をしてらっしゃいますな。ラーメン食べ歩きの楽しさを、シミジミ実感できた一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR