麺屋 すみす@半蔵門・永田町 「博多水炊きらーめん」

すみす@半蔵門・20170818・路地
 暑すぎて、放心状態の金曜夜。内幸町で冷やしでも食べようかと思いましたが、チョイと閉店時間に間に合いそうもなく、電車を乗り換え半蔵門の新店「すみす」2号店へ。場所は、半蔵門駅と永田町駅の中間あたりで、「ジョニーとリー」のほど近く。
すみす@半蔵門・20170818・店舗
すみす@半蔵門・20170818・券売機
 「すみす」といえば青山一丁目の名店、オープン当初は博多水炊きスープに鶏ブイヨンを合わせ、レモングラスで仕上げるという凝った一品が主力でしたが、ほどなく「博多水炊き」が主力メニューに。実はまだソイツを食べたことがなかったりして……迷わず、「博多水炊きらーめん」(750円)&「味玉」(100円)をポチッとな。店内は、貼り紙・置物等を極力排した、シンプルで清潔感ある内装。
すみす@半蔵門・20170818・水炊きすみす@半蔵門・20170818・スープ
 黄金色に輝く、見るからに美味そうな水炊きスープ。まずは、スープを一口……ほぼ毎日青山一丁目を通りながら、なんでこれを早く食べなかったかと、悔やまれるほどの極上品。「博多水炊き」といっても、鶏肉や野菜類を投入した後の「水炊き」ではなく、投入前に鍋で待ち構える、コラーゲンたっぷりの鶏白湯。味わいは実に濃厚にして芳醇、鶏油が加える程よいコッテリ感も文句なし、黒胡椒でグッと味を引き締めた上で、塩ダレによりコクに厚みを加えています……いやホント、世の鶏白湯スープの中でも特上の部類。ただちょっと、スープ量少なめなのが惜しまれますな。
すみす@半蔵門・20170818・麺
 麺は細麺ストレートで、いわゆる博多麺によく似たモノ。加水率低めの麺を、バリカタ程度にゆで上げてあり、最初はホクホクとした甘みがダイレクトに伝わります。そして後半は、スープを吸ってなんともふくよかな味わいに……後ろの席では若い衆が、ズバァ~~、ズバァ~~と麺をカッ込んでおりますが、この味の変化を楽しむために、少しゆっくりと食べ進むのがオススメですな。
すみす@半蔵門・20170818・チャーシュー
すみす@半蔵門・20170818・味玉
 具材は、鶏チャーシューにツミレ、キクラゲ・青菜に薬味のネギ、そして追加の味玉。鶏ムネ肉のチャーシューは、低温調理なのかシットリとした仕上がりで、シンプルな味付けながらなかなか美味い。味玉も、白身プルプルで黄身はネットリ、玉子本来の美味さを盛り立てるような味付けで、濃厚な鶏白湯に実によく合う。

すみす@半蔵門・20170818・カウンター
 鶏白湯ブームもいまや昔、その後担々系やパクチー、豚清湯など、目まぐるしく時代は動いていますが……豚骨魚介ブームの時もそうでしたが、ブームが過ぎ去った後に本物だけが生き残り、いつまでも変わらぬ輝きを放ち続ける。そうした「記念碑」的な一杯として、いつまでも残していただきたい一杯。「世界遺産」ならぬ、「ラーメン遺産」に指定しましょう。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR