鶏ポタラーメン THANK@大門 「塩玉鶏ポタラーメン・中濃」

THANK@大門・芝大門
 ここ数カ月取り組んでいた仕事がようやく完成、肩の荷をおろして見上げれば、芝大門や東京タワーも、いつもより「凛」として見えます。ちょいと一息入れに、大門の新店「THANK」へ。
THANK@大門・店舗
THANK@大門・口上
 ネット情報では、目黒「ラーメン・ゼロ」(現在は表参道)ご出身の方が開業されたとか。店前の口上では、これまで自分を支えて下さった皆さんへの「感謝」を込めて、「THANK」と名付けたとあります。THANK@大門・券売機

 (写真見づらくてスミマセン)メニューは基本1種類で、スープが「特濃」「中濃」「あっさり」に分かれ、その他はトッピングのバリエーション、大盛りはなく「替玉」(100円)が準備されています。とりあえず、主力らしき「中濃」系から、「塩玉鶏ポタラーメン・中濃」(780円)を、ポチッとな。丼は、約4分で到着。
THANK@大門・中濃塩玉
THANK@大門・スープ
 では、スープを一口……なるほど、鶏白湯をベジポタで仕上げてきましたか。鶏白湯自体はさほど濃くありませんが、自らのコッテリ感に邪魔されない分、旨みがグンと伸びてくるような味わい。これに5種類以上の野菜で作ったというポタージュスープを組み合わせており、ジャガイモのような素朴な甘みと透き通るような旨みが、鶏の伸びやかな旨みによく合います。塩ダレも随分と凝っており、貝柱や干し椎茸と沖縄の塩を使ったもの。しかしジンワリとした使い方で、敢えてエッジをたてず全体を円やかに仕上げています。

 さらに、野菜スープの比重の関係か、スープの深さで野菜スープと鶏白湯の配合が変化、表面は鶏が「主」野菜が「従」ですが、底の方ではこれが逆転……どちらかと言えば表面のバランスが優れており、底の方のスープはベジポタ特有のモタツキ感が出てしまっています。
THANK@大門・麺上げ
 麺は細麺ストレート。北海道産小麦100%だそうですが、その割には甘みの主張がシッカリしており、コイツは非常に美味い。ビシッとスジの通った味わいが、穏やかにして旨みたっぷりのスープとガッチリ噛み合い、完璧に近いコンビネーション。THANK@大門・手羽チャーシュー

 具材は、鶏チャーシューにメンマ、ネギ・海苔に、追加の味玉。鶏チャーシューは手羽先使用、スチームオーブンで適度に油分を抜いてあり、醤油ベースの味付けもビシッとキマって、コイツは絶品。味玉も黄身の味付けがクッキリしており、スープ・麺のスマートなコンビネーションに、具材でメリハリを加えようという設計意図が、アリアリ。

THANK@大門・能書き
 さすが「せたが屋」系「ラーメン・ゼロ」ご出身、ほとんど「隙」のない、完璧に近い仕上がりです。ただし、スープ配合の「無段階変化」攻撃に、わずかな「隙」がうかがえますな……「特濃」が鶏白湯濃いめ、「あっさり」が野菜濃いめだとすれば、おそらく「特濃」の方が面白い仕上がりになっていそう。塩ダレを強めたつけ麺なんかも、美味そうですな……またひと仕事終えたアカツキには、自分へのご褒美に、是非。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

ドモです!

コレ美味しそうですね~
鶏白湯にベジポタですかぁ
興味あります
しかもゼロ出身だなんて期待が大きくなりますね

Re: No title

個人的には手羽先が大好きなので、
この「手羽チャーシュー」を食べた時には、
思わず「織田裕二」化してしまいました。「キタ~~」
非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR