支那麺 たんや 湯屋@門前仲町 「しなめん」

たんや@門仲・20170824・富岡八幡宮
 3年に一度の深川八幡祭りの本祭りを終え、また平穏な雰囲気に戻った門前仲町。富岡八幡宮の鳥居のすぐ近くに、新店ができたとのことでさっそく訪店。場所は、あの「しんば」が入るビルの1Fになります。
たんや@門仲・20170824・店舗
たんや@門仲・20170824・店内
 8月オープンのこのお店、シックで落ち着いた雰囲気の店内、しかもよく考えられた機能的なレイアウトで、テーブル席多めなのに20席程度はあるでしょう。厨房お一人にフロア係お一人というオペレーション態勢。
たんや@門仲・20170824・メニュー
 メニューは「しなめん」(醤油系)と「ばんばんめん」(担々系)の2系統、「ざーさい」や「たーろー(太肉)」といったトッピング・バリエーション含め、ネットでは「支那麺 はしご」との類似性が指摘されておりますが、情報では全く関係ないとのこと……ま、とりあえず「しなめん」(700円)を注文(後払制)。
たんや@門仲・20170824・しなめんたんや@門仲・20170824・スープ
 う~~む、丼の雰囲気、スープの色と青梗菜の対比など、「はしご」的な雰囲気満載の丼景色。それに、なんぼなんでもスープ量が少なすぎはしませんか……ま、なにはともあれスープを一口。「比内鶏、豚、魚介の出汁」だそうですが、鶏のふくよかな風味・旨味に、豚骨の硬質なコクがソッとよりそうようなバランスで、非常にトラディショナルで安心感のある味わい。カエシも、コク・キレ・旨味をバランスさせ深めるような演出で、全体としてもなかなか分厚さを感じさせます。
たんや@門仲・20170824・麺
 麺は、三河屋製麺製の中太ストレート。低加水の麺をやや固めにゆで上げて、ポクポクと軽快な歯切れと力強い甘みで、スープとの相性もなかなかですが……スープ量が少なく麺が「泳がない」ため、結構取り分け難い。低加水ゆえ、後半はスープを吸ってイイ感じの味わいに「育って」いきますが……その分スープ量も減って、取り分け難さは相変わらず。
たんや@門仲・20170824・具材
たんや@門仲・20170824・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、青梗菜と万能ネギ、そしてタケノコ&肉ソボロ。チャーシューは濃いめの味付けで、表面・内部の味のコントラストや、ホロッとさせながらシットリ感も残した肉質の演出など、ナカナカ高度な仕上がり。タケノコ&肉ソボロは、いかにも「はしご」的な見事な演出、噛むほどに肉汁がスープの鶏風味に広がる感じは……なんというか、「はしご」そのもの。

たんや@門仲・20170824・卓上
 門前仲町は、「古き良き」を大事にする街。ラーメンも、「八幡」「晴弘」といったトラディショナルな味わいを大事にするお店が、しっかり根付いておられます。このビルに昨年入った「しんば」も、伝統的「たんたん系」リスペクトの名店ですが……そこに、銀座の伝統的名店「はしご」リスペクトのお店ができたという理解でよいのかしら。しかし、「はしご」は門前仲町からもほど近い入船(新富町)にもお店があるし、本拠地の銀座も遠くない。同じリスペクトするなら、もう少し遠くの店の方がいいんじゃないかと、考えたりもするオジサンなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR