北海道 山椒うま辛味噌ラーメン 辛幻@新橋・内幸町 「山椒うま辛味噌ラーメン」

辛幻@新橋・20170911・路地
 雨の一日でしたが、八重洲方面で会議を終えて外へ出ると、霧は濃いものの雨は止んでおりました。雨が降っていたら、大人しく新橋駅から会社に戻ろうと思っておりましたが……チョイと寄り道。新橋の新店「辛幻」へ。場所は、以前「担担麺 匠心」があったところで、結構美味かったので何度か通った店ですが、なくなるとちょっと寂しい。
辛幻@新橋・20170911・店舗
辛幻@新橋・20170911・券売機
 8月オープンのこのお店、当初は「カラシビ味噌」と名乗っていたようですが、さすがに商標的にアレだったのか、店名・メニュー名からポップまで、「山椒うま辛」に変更済み。メニューは「山椒うま辛味噌ラーメン」と「混ぜそば」の2系統で、「マーボー丼」とのセットがお得な模様。とりあえず、筆頭ボタンの「山椒うま辛味噌ラーメン」(700円)を、ポチッとな。辛さは普通から激辛まで4段階から選べますが、ポップに「普通でも辛いです」とありましたので、「普通」でお願いしました。
辛幻@新橋・20170911・山椒うま辛味噌辛幻@新橋・20170911・スープ
 なんとなく、「台湾ラーメン」っぽい風情ですが、「味噌」というのがオリジナル。まずは、スープを一口……ほう、結構完成された味わい。重く平坦な味わいになりがちな赤味噌主体の味噌ダレですが、一般客でもさほど刺激が強くならない程度に山椒・辣油を上手くきかせて、「オロチョン」的なアグレッシブさがイイ感じ。さらに後半へ向け、肉味噌のコクや鷹の爪の間欠的な辛味が絡んで味が変化、最後まで飽きの来ないよう演出されてます。
辛幻@新橋・20170911・麺
 麺は、やや太めの平打ち縮れ。かなり加水率が高い麺を、かなりシッカリとゆでてあるせいか、歯応えは多少ボッソリで味は淡白。しかしまぁ、スープがシッカリと作り込まれていますし、最後まで味を変化させてきますので、こういう麺で受けるのも一つのスタイルとしてアリかも。
辛幻@新橋・20170911・具材
辛幻@新橋・20170911・穴あきレンゲ
 具材は、肉味噌に牛スジ肉、モヤシとニラに味玉がひとつ。牛スジ肉はシッカリと煮込まれて柔らかく、味も適度に濃くてなかなかグッド。モヤシも最初はシャキシャキですが、後半に向けシンナリしてきて、食感的にもなかなかグッド。肉味噌の味付けも手慣れた感じで、最後まで楽しめるよう穴あきレンゲが用意されているあたりも、なかなかグッド。

辛幻@新橋・20170911・卓上
 完成度の高いスープと具材、麺量も140gと標準的で、これに牛スジ肉・味玉1個が含まれて、700円という設定はかなり「攻めて」ますな……これがイマドキの「台湾ラーメン」なら、味噌ダレ抜きの上に具材が肉味噌・ニラだけで800円はとっているところ。味の完成度といい、辛さ・シビレの設定といい、やはりどこかの資本系が仕掛けているのかな……味もさることながら、商売としてのアグレッシブさに感心した一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR