三田 一力堂@三田・田町 「ラーメン ネギ多め」

一力堂@三田・20170914・田町
 9月初旬とは思えないほどの、涼しさが続く今日この頃。こうなってくると、俄然温かいラーメンが恋しくなりますなぁ……三田の新店「一力堂」へ。
一力堂@三田・20170914・店舗
一力堂@三田・20170914・メニュー
 8月オープンのこのお店、以前は群馬県太田市に本店があったようですが、本拠を神田店に移している模様で、三田のお店はその支店。神田店は「京都一乗寺源流」を名乗っていましたが、なぜか三田店には表記なし……メニューは「ラーメン」のバリエーションのみで、神田店にあった「味噌」がなぜかありません。トッピングがいろいろ選べますが、とりあえずは「ラーメン」(750円)を「ネギ多め」(100円)にして。
一力堂@三田・20170914・ラーメン一力堂@三田・20170914・スープ
  背脂がビッシリと浮くスープに、山盛りの九条ネギ、京都ラーメンっぽい丼景色ですな。まずは、スープを一口……う~~ん、こうだったかな? 能書きでは「国産の丸鶏・鶏胴ガラ・豚ゲンコツ・野菜二種」から煮出したとありますが、京都ラーメンのインスパイヤにしては鶏の風味は大人しく、野菜の透明感がかなり強め、それにどこか魚介系的(グルタミン酸系?)な旨味を感じますが……2年半前に神田店で食べた時とはかなり違う印象で、どうにも「京都」っぽくありません。カエシは相変わらず、やや甘め。
一力堂@三田・20170914・麺
 麺は、中細のストレート。しかも多少柔らかめにゆで上げしなやかなコシ、このあたりはカタめにゆで上げていた神田店より「京都」っぽい。それに、中加水の麺が甘みを力強く発揮するあたりもそれっぽいのですが……麺が鶏風味満載のスープを吸った後の、あの「京都」独特の味わいとは、かなり違った趣きですな。
一力堂@三田・20170914・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマに、タップリのネギ。チャーシューは、薄めの肩ロースが3枚入り。全体にシッカリ行き渡った味付け含め、このあたりは「京都」っぽい。ただし、アチラでは1枚の大きさがもう少し小さく、それがもっと沢山入ります。コンモリと盛り上がる九条ネギもイイ感じ、「九条ネギラーメン」(950円)というメニューもありますが、「細切り九条ネギ」と輪切りの「ネギ多め」でなぜ100円も違うのか、チョイと理解に苦しむところ(「京都」に「細切り」はあまりないし)。
一力堂@三田・20170914・唐辛子
 後半は、卓上の一味を加えて京都「ますたに」風になるか、一応テスト。しかし、神田店でテストした時とは全く違って、雰囲気はどうもイマイチですな……ま、スープがそもそも違いますしね。

一力堂@三田・20170914・能書き
 30数年前に上京してきて、一番驚いたのは「京風ラーメン」なるものの存在と、そのスタイル。淡麗な「出汁」風のスープに、麩毬など上品な具材がのるその姿に、「新福菜館」「第一旭」「天下一品」「ますたに」などが織りなす京都ラーメン文化にドップリ浸かったオジさんは、腰を抜かさんばかりに驚きました……このラーメンも、「関東人がイメージする京都ラーメン」的な世界を、切り開いていく一歩となるのでしょうか……できれば切り開かないでいて欲しいと思う、オジさんなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR