(さようなら)小麦と肉 桃の木@新宿御苑 「天使のらぁ油」

桃の木@新宿御苑・20170420・掲示
 新宿御苑「桃の木」が4月21日に閉店するとか。7年前、女性スタッフのみの店として颯爽と登場し、ヨーグルトを使ったつけ麺や、ヨーグルトや桜を練り込んだ麺など、次々とイノベーションを生み出してきた、「天才肌」のお店です。6月には「新店舗」として生まれ変わるそうですが、こういう店ですので内容は一新されてしまうんでしょうな……最後の「桃の木」を味わいに、新宿御苑へ。
桃の木@新宿御苑・20170420・店舗
桃の木@新宿御苑・20170420・券売機
 どうしても食べておきたかったのは、現在の筆頭メニュー「天使のらぁ油」(900円)。店内は13時半を過ぎてもずっと満員の上5~8人待ちで、私もちょっと躊躇しましたが、「今日を逃すと…」との想いで並びました。
桃の木@新宿御苑・20170420・天使のらぁ油桃の木@新宿御苑・20170420・つけ汁
 つけ汁の、「深み」を感じさせる赤と黒のグラデーションが、食べる前からワクワクさせます。まずは、一口……おぉぉ、コイツは「シック」。ベースは、他メニューと同じく豚テールと煮干しによるアッサリ系のようですが、醤油ダレがガツンと濃く効いており、それを辣油で包み込んでいるような、そんな構成。醤油は濃口のようですが、味わいに生醤油のような「シック」な深みがあり、辣油も自家製なのか、辛味を突出させない落ち着いた味わい。あのピュアでフンワリとした味わいの「昆布醤油」のつけ汁とは、おそらく同じベースなのに対照的な味造り。
桃の木@新宿御苑・20170420・麺
 麺は、幅広の平打ち縮れ。唇に吸い付くようなシットリとした麺肌、ウブでナチュラルな甘みなど、なるほど「これぞ女性店の麺」と唸らせるような、魅惑の仕上がり。ただし、昔よりは少し固ゆでにしているようで、以前の「固めのわらび餅」のようだった食感ではなく、スピーディーなススリ心地を楽しめます。
桃の木@新宿御苑・20170420・麺上げ
 コイツをつけ汁につけ、ズバァ~~ッとイキますと……純真な甘みの麺を、赤黒い「業火」が包み込み、醤油が「奈落」に導くような……まさに、「天使と悪魔」のコラボレーション。「桃の木」の「天才」が、ここぞとばかりに冴えわたります。
桃の木@新宿御苑・20170420・具材
桃の木@新宿御苑・20170420・そば湯割り
 具材は、タップリの豚バラ肉に、細切りのネギ。辣油・醤油・小麦がせめぎ合う「天使と悪魔」の世界に、旨味と脂分という「煩悩」タップリの豚バラ肉汁がホトばしる瞬間は、まさに圧巻。ネギの薬味もまさに絶妙で……いやぁ、ホント「天才」。圧巻のドラマを楽しんだ後は、例によって「そば湯」で余韻を楽しみました。

桃の木@新宿御苑・20170420・卓上
 「長い間ありがとう」、席を立つお客さんからも、次々厨房に声がかかります。最終日(21日)には歴代4人の店長が全員で店に立って、材料切れまで営業するとか。そのフィナーレは、さぞかし熱い瞬間になるのでしょうが……行列嫌いの私には、おそらく南極よりも遠い世界。最終日よりちょっとだけ前となってしまいましたが、稀代の「天才」による7年に及ぶ挑戦に、拍手。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

麺屋 ふぅふぅ亭@神楽坂 「芳醇 鶏そば(塩)」

ふぅふぅ亭@神楽坂・20170326・神楽坂
 先日、稲荷町「稲荷屋」を訪れた際、「自分の行動圏のちょい外側で、フレンチ出身の方の未訪店」が、他にもあったような気がしていましたが……思い出しました、神楽坂の「ふぅふぅ亭」。最近週末には時間に余裕があるので、再び「行動圏ちょい外側」を狙ってみます。
ふぅふぅ亭@神楽坂・20170326・店舗
ふぅふぅ亭@神楽坂・20170326・メニュー
 2009年オープンで、直後に一度訪れていますが、「改装工事で臨休」という、新店にありがちなパターンが見事直撃。行動圏外というということもあり、以来そのままになっておりました。メニューは「芳醇 鶏そば」「熟成味噌」「濃厚白湯つけ麺」の3本立てで、「芳醇 鶏そば」は塩・醤油を指定でき、大盛り無料。「ふぅふぅ亭」といえば、清湯の塩で名を馳せた店、ここは定石通り「芳醇 鶏そば」(750円)を塩で、味玉(100円)つけていただきます(料金後払い制)。
ふぅふぅ亭@神楽坂・20170326・塩ふぅふぅ亭@神楽坂・20170326・スープ
 オープン時話題になった頃より、どこかシンプルになった気がする丼景色。まずは、スープを一口……いやぁ、文字通りコイツは「芳醇」。鶏ガラだけでなく、鶏肉や牛骨・香味野菜でブイヨン的な作り方をするというベーススープ。しかし、鼻につくような「洋風」スタイルでは決してなく、幅広でフックラとした、なんとも豊かな味わいが、ゆったりと舌を包み込みます。塩ダレにはアサリやカツオを使っているそうですが、直接風味は感じさせないものの、旨味の幅をグッと広げつつ、全体をクイッと引き締めている感じ。後半舌が慣れるにつれ、アッサリ感とキレが徐々に増して来て、スピーディな飲み口に変化するあたりも、見どころのひとつ。
ふぅふぅ亭@神楽坂・20170326・麺
 麺は、やや細めの中太ストレート。オープン時は三河屋製麺の麺を使っておられましたが、独特のシットリとした口あたりと、実にしなやかなノド越しから、現在も三河屋さんと見ました。中加水の麺から溢れる、小麦独特の豊かな甘み、これがブイヨンの芳醇な味わいに抱かれて、一体化していくその様は……これは「稲荷屋」で感じたカタルシスとほぼ同じ。やはり、フレンチ出身の方の美的感覚には、共通するものがあるようです。
ふぅふぅ亭@神楽坂・20170326・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、ネギ・カイワレに、追加の味玉。肩ロース・チャーシューにはグリル風の焼き目が付き、味にもロースト・ポーク的というか、「街の洋食屋」的な雰囲気の、親しみやすさが感じられます。メンマはやや濃いめに味付けて、スープとクッキリ見事なコントラスト。味玉も味がジックリしみており、その味にもどこか洋風な雰囲気が感じられて、One & Onlyな仕上がりですな。

ふぅふぅ亭@神楽坂・20170326・能書き
 実は、ついでにこの店の近くの老舗中華麺屋さんも「あばよくば」と狙っていたのですが、メディアや訪日観光客向けに情報が行きわたり、この日も14時半過ぎにして10人以上の行列。一方、名店「ふぅふぅ亭」は、神楽坂界隈に特有のリッチな地元民の方が主な客層で、庶民的ながらプチ・ハイソな雰囲気、しかも客入り8割ほど。味噌も気になるので、再訪するまでこのままでいて欲しいものですが……訪日観光客が急増している昨今、欧米系の観光客に情報が流れれば、近所の中華麺屋と同じ状況になるかも知れませんな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

木桶仕込味噌らーめん 味噌蔵@東新宿 「特製木桶仕込みそらーめん」

味噌蔵@東新宿・20170302・交差点
 春一番が吹いて、昼は概ね「三寒四温」になってきましたが、夜はまだまだ「六寒一温」程度。今宵も寒風吹きすさんでおりますが……「味噌」を注入せねば、死んでしまいます。ちょっと訪店を躊躇していた、東新宿の「味噌蔵」へ。
味噌蔵@東新宿・20170302・店舗
 16年5月オープンのこのお店、ご主人が修業したのが「ど・みそ」ということで、ネットで見かける写真も同店の味噌そっくり、味もだいたい想像できる気がして、なんとなく足が向きませんでした……(だいたい初期の「ど・みそ」自体が、修行先の両国「ときせい」そっくりだったし)。
味噌蔵@東新宿・20170302・券売機
 メニューは「木桶仕込みそ」系と、「みそオロチョン」に「みそカレー」の3系統。この「木桶仕込みそ」系のプライシングが変わっており、基本の「木桶仕込みそ」は780円でチャーシュー・玉子・海苔ヌキ、これに味玉が加わる「味玉(以下略)」が100円増しの880円なのはそれとして、チャーシュー・玉子・海苔すべてが入る「特製(以下略)」が同額の880円。さらにこれに味玉が加わると思われる「味玉特製(以下略)」はなぜか50円増しの930円……なにがどうなっておるのやら。なんだかよく分かりませんが、とりあえず筆頭ボタンの「特製(以下略)」をポチッとな。ちなみに、食券を渡すときに「こってり」を指定すれば、背脂をプラスすることができますが、私はデフォの「あっさり」で。
味噌蔵@東新宿・20170302・味噌味噌蔵@東新宿・20170302・スープ
 コーンといいニラといい、やはりなんとなく「ど・みそ」チックな丼景色。まずは、スープを一口……いや、これは「ど・みそ」とは違う。味噌ダレは、「ど・みそ」のようなパワフルな側面と、信州味噌や麦味噌のような線の細いたおやかな側面を併せ持っており、「濃厚」と感じさせる程度の濃さですが、「ど・みそ」のようなクドさがない。さらに、「ど・みそ」特有の風味を支える山椒が抜いてあり、好みで卓上アイテムにより加える仕様。味噌本来の力強さと繊細さ、デフォルメぬきの自然なキレで、「木桶仕込味噌」本来の魅力を最大限に伝えようという設計思想ですな。コイツは結構美味い。
味噌蔵@東新宿・20170302・麺
 麺は三河屋製麺製で、太ストレートを手で少し揉んだもの。三河屋製麺製の麺特有のシットリとした口あたり、加水率も高めですがホドホドで、ゆで加減もカタすぎず柔らかすぎず、それでいて味噌用麺によくある過度な「プリプリ感」を避けてます。食材本来の美味さを活かしたスープに、ナチュラルなタッチの優しい麺、この相性は特筆モノ。
味噌蔵@東新宿・20170302・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、味玉、モヤシ・スイートコーンに、ニラとネギ。バラ肉チャーシューは、ご覧のような存在感、脂身フルフルで肉汁タップリ、表面の味付けも実にシッカリしており、コイツは美味い。1本3,000円で売っているようですが、これならちょっと買ってみたい気も。気になったのはモヤシで、どうも妙な香りがする……味噌に移った木桶の香りなのかとも思いましたが、最後まで判別できず、結局最後まで気になったまま。

味噌蔵@東新宿・20170302・卓上
 「ど・みそ」の形式だけは受け継ぎつつも、味は完全に換骨奪胎された、ナチュラルなタッチが魅力的な味噌ラーメン。そういえば、「ときせい」ご主人の息子さんが作る味噌は味をかなり変えており、「ときせい」の味を引き継いだ「ど・みそ」で修業したご主人も、完全に独自の味に表現している辺り、似ているというかなんというか……偉大なる先人の「肩の上」にキチンとのった上で、さらなるイノベーションが試みられる。こうした日本人の真面目さがある限り、ラーメンの進化は止まりません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

廻麺 鶏千@高田馬場 「濃厚煮干つけ麺」

鶏千@高田馬場・20170205・路地
 数カ月ぶりに新宿方面でお仕事、この方面のお仕事も「今回が最後かも」もかねて伝えられ、いろんな思い出が走馬灯のように駆け巡っておりましたが……「じゃ次回もよろしく」。拍子抜けしたまま、宿題店だった高田馬場「鶏千」へ。お店は、ご覧のような閑静な住宅街の中にあります。
鶏千@高田馬場・20170205・店舗
鶏千@高田馬場・20170205・券売機
 昨年9月オープン、店名が示す通り、当初は汁なし系(醤油・塩・味噌)のメニューだけでしたが、ご覧のようにいろいろ増殖、ネットでは特に「つけ麺」系の評価が高いようです。鶏千@高田馬場・20170205・ポップ

 そこで選んでみたのは「濃厚煮干つけ麺」(850円)、麺量は小(150g)・中(200g)・大(300g)から選べ(同額)、味変アイテムをニンニク・柚子から選べます。とりあえず、「中・柚子」で注文。それにしても、この日は昼でも気温5度ほど、そんな寒空の下入口ドアは全開でエアコン停止、日陰の店内はさらに1, 2度寒く感じましたが……なぜに全開。
鶏千@高田馬場・20170205・煮干つけ鶏千@高田馬場・20170205・つけ汁
 まずは、スープを一口……おぉぉ、コイツは「鶏MAX」。動物系は鶏主体で、おそらくガラだけでなく、肉も溶かし込んだような濃厚さで、結構ワイルドでヘビーなパンチ力。煮干しは数種を使うそうですがクセもなく、程よく風味・旨味を加える程度。鶏白湯と煮干しを合わせるのは、実は結構バランス的に難しいのですが、ハッキリと動物系を中心に据えたことで、分かりやすい美味さに仕上がっています。
鶏千@高田馬場・20170205・麺
 麺は三河屋製麺製で、少し太めの中太ストレート。パツッとした口あたりに滑らかなノド越し、ツルリとした麺肌が適度につけ汁を弾きますが、超濃厚なつけ汁ゆえに、このセッティングで正解ですな。多加水麺特有のスッキリとした甘みで、コッテリ濃厚な動物系を受け流すような構成、評判通りの美味しさです。
鶏千@高田馬場・20170205・チャーシュー
 具材は、麺皿にチャーシュー、味玉半個、海苔に糸唐辛子、つけ汁には薄切りメンマがタップリ沈み、薬味はネギ2種。豚バラ・チャーシューは提供前に丁寧に炙られ、カリッと香ばしい表面と、ドバっと芳醇な肉汁が見事に共存、肉のうま味を活かした味付けで、コイツは美味い。海苔も、なかなかのクォリティ。
鶏千@高田馬場・20170205・柚子
 後半には柚子を投入、つけ汁が結構コッテリしていますので、オジサンにはコイツの方が助かりますが……ニンニクでさらにコッテリいただくのも、またオツなものかと。
鶏千@高田馬場・20170205・スープ割
 スープ割りをお願いすると、「『煮干し増し』しますか」との問いかけ。意味を訊くと、煮干し粉の追加投入ができるとのことで、ソイツでお願い。割スープはつけ汁の動物系とは違う、シンプルでスマートな鶏白湯、これに煮干し粉が加わっても、全体としては実にスマートな味に激変しますが……もともと動物系的に濃厚ですがカエシによる調味は濃厚でないため、イッキに味が落ち着く感じで、これは賛否ありそうですな……微量のカエシで鶏白湯を飲んでいる感覚に近く、私にとってはどうもイマイチ。

鶏千@高田馬場・20170205・他メニュー
 ワイルドで超濃厚な動物系に、煮干しを「添える」かたちの割り切ったバランスで、難関の「煮干し鶏白湯」を見事に攻略して見せた一杯。具材のクォリティも文句なく、ネットの評判もダテではないようですが……それにしても、寒い。これほど美味くて天気もいいのに、12時過ぎても後客ゼロで、私が席を立てばカウンターは無人。その理由は、厨房で湯気に包まれ忙しそうに立ち働く店員さんには分からないかもしれませんが……スープ割で温まった体が冷えないうちに、店を出たオジサンなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

京紫 灯花繚乱@四谷三丁目 「中華そば」

灯花繚乱@四三・20161201・新宿通り
 雨のそぼ降る土曜日、今日も一応休日出社を求められていますが、会社に行ってもサービス残業扱いで……ま、ランチが美味ければ午後から出るし、そうでなければ帰るとしましょう。運試しに、四谷三丁目の新店「灯花繚乱」へ。
灯花繚乱@四三・20161201・店舗
灯花繚乱@四三・20161201・券売機
 四谷三丁目の名店「塩つけ麺 灯花」の、「鯛塩そば 灯花」に続くサード・ブランド。看板に「京都醤油らーめん」とある通り、「京都」をモチーフにしたメニュー構成で、「中華そば」「京山椒薫る濃厚担々麺」「京都九条葱まぜそば」の3本柱。セット用の「焼飯」が用意されているあたり、京都「新福菜館」を意識されているのかな……しかし、自己ルールにより副食禁止、まずは「中華そば」(780円)と「味玉」(100円)を、ポチッとな。灯花繚乱@四三・20161201・卓上

 15人は座れそうな大型カウンター、この日は私で丁度満席でしたが、着席しカウンターを見渡して驚いたことに、なんとお客さん全員が配膳待ち状態……厨房の人数が少なく、「焼飯」も注文ごとに調理するなど事情はあるんでしょうが、滅多に見る光景ではありません。結局私も、15分以上待ってようやく丼にあり着きました。
灯花繚乱@四三・20161201・中華そば灯花繚乱@四三・20161201・スープ
 「新福菜館」ほど黒っぽくはありませんが、深みのある醤油色が印象的な丼姿。まずは、スープを一口……なんかこう、「はんなり」した味わいですな。印象的なのは醤油とカツオ、醤油は京都・澤井醤油製を使っており、実に柔らかで優しいコク、コレにカツオをキリリと効かせ、さらに粒状のカツオ節を「追い鰹」的に少量加えてあって、メリハリとリズム感を生んでます。ベースの動物系も京都の地鶏を使っているとか、スッキリとしながらそこはかとない風味・旨味が漂って……全体として、なんとも「奥ゆかしい」味わい。
灯花繚乱@四三・20161201・麺
 麺は中細ストレート。パツッとした口あたりに、ポリポリと軽快な歯応えで、店頭のお祝いの花々の中に、京都の有名製麺所の名がありましたが、同じアプローチのあんな店こんな店を思い浮かべると、ほぼその系統とみて良いと思われ。加水率の関係で、後半に向けスープを吸い込み、ノド越しにもしなやかさが加わってきて……いや、この麺はなかなか。
灯花繚乱@四三・20161201・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、油揚げに九条ネギ、そして追加の味玉。チャーシューは、濃く味付けたバラ肉が2枚入り、スープの「はんなり」した味わいに対して、キリッとした味付けで実にクッキリとしたコントラスト、実力以上に美味く感じます。メンマは、穂先を非常に長く切り出したモノを使用、ずいぶんフンパツしておられますが、ちょっとスジ張ってカタいかな……それに、この店に限らず、「京都」を標榜する店で油揚げを使う例が散見されますが……青春時代、京都に住み食べ歩いた身としては、かなり違和感ありますな。

灯花繚乱@四三・20161201・口上
 東京の人が「京都」に抱く、「はんなり」としたイメージを体現したような、そんな味わいの一杯。でも、それは往々にして「誤解」だったりするような……30年近く前、食べ歩いた京都から就職で上京し、東京で「京ラーメン」なるもの(スッキリ塩出汁に毬麩が浮いたりしたモノ)を食べた時の衝撃は、今でも忘れられません。「伝統へのコダワリ」と「アヴァンギャルドな感性」が入り混じるのが古都・京都。でなければ、京セラや堀場製作所といったベンチャーや、「天下一品」「新福菜館」といったオリジナリティーは生まれません。この一杯をどう考えればよいのやら……とりあえず、今日のところは帰宅してしまったオジさんなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR