fc2ブログ

中華そば にぼが屋@神保町 「煮干し」

にぼが屋@神保町・20240225・交差点
 今年は暖冬だと聞いていましたが、大雪が降り気温も平年を大きく下回った今週、週末は冷え込みもようやく一息で小春日和。都心は雪も消えたので週末ウォーク、起点となる神保町に来ましたが、受験シーズンのためか、いつもと違って若者がなぜか多い。「勝本」近くの交差点に新しい建物が現れたのをしげしげ見つつ、新店「にぼが屋」へ。
にぼが屋@神保町・20240225・店舗
にぼが屋@神保町・20240225・マシメニュー
 1月オープンのこのお店、コンセプトは「煮干し×二郎系」で、これはご主人修行先の滋賀・大津「ラーメン モリン」から引き継いだものとか。場所はあまたのラーメン店が入れ替わった鬼門の地で、直近に入っていたのは「瀬戸内ラーメン めで鯛」かしら。この地にできたラーメン店は、オープン数週後にはガラガラというのが通例でしたが、ほぼ3週後のこの日は9割がたの客入りで、さすがは「二郎系」と唸らせます。
にぼが屋@神保町・20240225・券売機
 メニューは結構豊富で、豚骨清湯の「煮干し」に豚骨白湯の「豚骨煮干し」、モリン店主・森本雄大氏直伝という油そば「雄次朗」と、キムチとラー油を使った油そば「キムラ君」、そしてつけ麺が「煮干」と「カツオ」の二種類。いずれも麺量が50g刻みで選べて300gまで同額、増額で500gまで選べます(最小100gなら味玉付き)。さらに「二郎系」ですので、食券を渡す際に無料トッピングのコールが可能。しかし、煮干し系スープですのでニンニクはデフォでも入っておらず、コールすると別皿提供とか。とりあえず中高年の私としては、アッサリめの「煮干 150g」(900円)を「全部ふつう」で。
にぼが屋@神保町・20240225・煮干しにぼが屋@神保町・20240225・天地返しにぼが屋@神保町・20240225・スープ
 モヤシの山の頂に、背脂による冠雪がみられる「二郎系」の丼景色。とりあえず天地返しをしておいて、スープをひと口……少なくともスープは、「二郎系」ではなく“アレ”なんでは? いわゆるカネシ的ではありませんが、野太いコクの醤油ダレで味濃く引っ張るスタイル。豚骨はあまり主張しませんが、煮干しは雑味を帯びる寸前まで強く主張。これに背脂やチャーシューの脂身が徐々に溶けてきて、どんどん円熟した味わいに変化していくわけですが……後半の味わいはなんとなく、燕三条の「背脂煮干」と同種の方向性に感じられたり。
にぼが屋@神保町・20240225・麺
 麺は菅野製麺製の、太麺ストレート。強いコシと弾力、重みのある歯切れとモッチリ感で、スープもよく吸いご覧のような色合いに。このスープとの馴染のよさの関係で、背脂感が不足気味の序盤でも麺が勝ち気味になることはなく、甘みが醤油で引き締められて、後半の背脂感が増すとさらにリッチな味わいに。ただ、スープに燕三条「背脂煮干」を感じてしまうと、この太麺も「二郎」というより、燕の太麺が想起されたり。
にぼが屋@神保町・20240225・具材にぼが屋@神保町・20240225・チャーシュー
 具材はチャーシューに、モヤシとキャベツがどっさり。チャーシューは肩ロースがメインのようですが、ホロホロとした煮豚系に仕上がっており、例の味濃いスープをドップリすって、コイツは美味い。量も、配膳時スープ表面に出ている2枚だけでなく、もう2枚程度が野菜の下に沈んでいるほか、刻みチャーシューも少し加えられている気がしました。野菜は「二郎系」にみられるような浅茹ででビビッドな食感、気を付けないと盛大に汁ハネしますので、ご注意を(横の学生さんは初めてなのか大騒ぎ)。

にぼが屋@神保町・20240225・卓上
 見かけは「二郎系」ですが、あの強烈なニンニクが入らず、煮干しの主張が背脂とコーラスするあたり、燕三条「背脂煮干」系とも感じられた不思議な一杯。このブログをご覧になっている方はお気づきの通り、私は「二郎系」は意識して避けています。それは、若いころに食べて、その「麻薬」的な美味さに危険を感じたことと、常連さん達が作り出す様々な「しきたり」に辟易としたからでした。私にとっての「麻薬」は「天下一品」だけで十分だと思っていましたが……はからずも燕三条「背脂煮干」系の「麻薬」性に、ちょっと気づいてしまった一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



らぁ麺 善治 新橋店@新橋・内幸町 「醤油らぁ麺」

善治@内幸町・20240218・交差点
 翌日以降雪になるとの予報でしたが、この日はまだ快晴で、小春日和の土曜日。西新橋から浜松町方面をウォーキングコースに選び、まずは西新橋の新店「らぁ麺 善治」で腹ごしらえ。駅距離でいえば、新橋というより内幸町が最寄りかも。
善治@内幸町・20240218・店舗
善治@内幸町・20240218・券売機
 昨年12月オープンのこのお店、本店は横須賀にあり、この新橋店は赤羽店に次ぐ3店舗目。早速券売機に向かうと、女性店員さんが丁寧にメニュー構成をご説明。それによれば、「らぁ麺」は鶏白湯の「濃厚」と鶏・豚・牛による清湯の「淡麗」に別れ、さらに「醤油」と「塩」が選べるとか。他には「油そば」があるほか、名物の「うなぎ丼」(380円)がグッと目を引きます。券売機では「濃厚」が筆頭ですが、路上看板では「淡麗」が筆頭、ここは淡麗系から「味玉醤油らぁ麺」(1050円)をポチッとな。
善治@内幸町・20240218・能書き
 店内は、小型のL字カウンターが、入口近くと店奥に分かれて設置され、それぞれ6席ほど。この日は奥のカウンターを運営会社の偉い人(?)と店長(?)の2名が占有して、新メニューなのかメニュー改良なのかを大声で議論中。客は入口近くのカウンターに押し込められて、ほぼ満員。どうでもいいけど、そんな議論は定休日か店外でやってくれないかな……
善治@内幸町・20240218・醤油善治@内幸町・20240218・スープ
 整えられた麺線に載る、小梅も含め具材の彩りが美しい丼景色。それでは、スープをひと口……ある程度「牛」にフォーカスをあてた、甘目の仕上げですな。動物系のベースは、鶏ガラ・豚骨・牛骨を低温で炊き出したものとか。中でも牛骨の風味が比較的強く感じられ、これに対してセオリ通り甘目の醤油ダレを合わせており、当然のごとく相性抜群なのですが、それゆえ鰹節・昆布の魚介出汁や、タレに仕込んだホタテなど魚介系の旨味が牛骨の陰に隠れる感じで、ちょっと残念。
善治@内幸町・20240218・麺
 (写真ピンボケでご容赦)麺は、中細ストレート。中華麺専用小麦「荒武者」に全粒粉を加えた麺とのことで、甘みが非常に強く、スープに対して勝ち気味に感じるほどの存在感。中細なのに弾力もあり、一方では歯切れもよくてノド越しスムーズ。非常に完成度の高い麺ですな。
善治@内幸町・20240218・具材善治@内幸町・20240218・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、江戸菜にネギ、それになぜか小梅と追加の味玉で、基本的に「濃厚」と共通とか。バラ肉チャーシューにはシッカリと炙りが入り、香ばしさと脂のコッテリ感が強調されていますが、このスープに合うかといえばやや微妙で、「濃厚」寄りの設定かも。小松菜よりも苦みが少なく辛みが効いた江戸菜や、薄味のメンマ、ザクザク感強めのネギ、小梅に至るまで、「濃厚」との相性で設計されている気がして、この「淡麗」に対してはややチグハグ。

善治@内幸町・20240218・卓上
 横須賀の本店がオープンしたのが2021年12月、まだまだ伸び盛りのブランドで、店奥において大声で議論しているように成長戦略が欠かせませんが……この「淡麗」に関しては、牛骨=甘目の調味というセオリから、どう抜け出して魚介を活かしていくのかがカギになりそうな雰囲気。そして、この高い完成度の麺を、どう活かしていくかもカギですが……まだ未完成だからこそ、議論も白熱するのでしょう。ぜひ営業時間外か、店外でやってください。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:マジ・オッサン
仕事:銀座・新橋から離れ、今は世田谷系・半フリーランス
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週3杯以内、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR