ニューあかり@目黒 「煮タマゴラーメン」

ニューあかり@目黒・20180722・目黒通り
 まだ6月だというのに梅雨が明けてしまい、猛烈な暑さに見舞われた金曜日。こういうときは、むしろ温かいものを食べたほうが、食後涼しく感じられるもの……なんて強がりを言いながら、目黒の新店「ニューあかり」へ。
ニューあかり@目黒・20180722・店舗
ニューあかり@目黒・20180722・メニュー
 6月オープンの新店ですが、わが目を疑うほどの、超レトロな店構え。数々の外食ブランドを手掛ける(株)KIDS HOLDINGSが、「一風堂」を擁する(株)力の源ホールディングスの支援のもと、「街のドライブイン」をコンセプトに、あえて昭和チックな雰囲気に仕立てたとか。メニューも昭和の頃の定食屋をイメージしたラインナップ、でも「名代ラーメン」シリーズが筆頭に来るあたりが、ひと味違う。とりあえず「煮タマゴラーメン」(税抜800円)を注文(料金後払い制)。
ニューあかり@目黒・20180722・ラーメンニューあかり@目黒・20180722・スープ
 おぉ、多量に浮かぶマー油が目を引く丼景色。まずは、スープをひと口……どこか「熊本ラーメン」っぽい雰囲気。シッカリとした豚出汁感を感じさせる、サラリとした口あたりのライトな豚骨。これにマー油がシッカリと馴染んで、カエシのきかせ方も結構塩っぱめ。熊本ラーメンのひとつの特色は、東京でよく見かけるようなまっ黒ないし濃い茶褐色のマー油ではなく、薄褐色のマー油を使う店があるところで、コイツはそういうアプローチですな……この方が、香ばしさとニンニク風味のバランスがとれるような。
ニューあかり@目黒・20180722・麺
 麺は、中細のストレート。極細の博多麺よりはかなり太い麺を使うのが熊本ラーメンですが、こんな低加水でパツッとした口あたりの麺を使う店は、個人的には初めてかも。ポクポクとした歯切れと力強い甘味、それが塩っぱめのスープでグッと引き締められて、コイツは美味い。この辺のバランスに、「力の源」的な玄人っぽさを感じますなぁ。
ニューあかり@目黒・20180722・具材ニューあかり@目黒・20180722・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、キクラゲ、薬味のネギに、追加の煮玉子。バラ肉チャーシューは、脂身プルプルの見事な仕上がり、調味も実に巧妙で、気のせいかコチラにも「一風堂」っぽさが感じられたり。味玉も、白身にジックリと味をしみこませ、黄身をシッカリ強めに味付けた一品ですが、スープも塩っぱいために、やや存在感が希薄。逆に薄味にするか、思い切って単なるゆで卵の方が面白いかも。

ニューあかり@目黒・20180722・卓上
 レトロな外装・内装に似つかわしくない、現代的な演出が加えられた熊本ラーメン。おしぼりで汗を拭いながら、卓上のヤカンから湯呑に注ぎますと……これがなんと「水」。う~~ん、地方によって違うのかもしれませんが、私の故郷でこんな店があったような昭和30~40年代なら、ヤカンに入っていたのはほうじ茶か麦茶(まだナマ水をあまり信用していなかった時代)。せっかく、ノスタルジックな雰囲気に浸っていたのに、コイツは残念……このあたり、是非ご一考を。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

沖縄料理とそば かんから食堂@渋谷 「島ラー油つけめん」

かんから食堂@渋谷・20180719・渋谷
 例によって三軒茶屋での仕事は昼飯ヌキ。渋谷まで引き上げてきた途端に空腹が襲い、とりあえず駅前あたりで何か食べようかと……そういえば、16B出口近くの沖縄料理店「かんから食堂」が、つけ麺を出していることに先日気が付きました。とりあえずそちらへ。
かんから食堂@渋谷・20180719・店舗
かんから食堂@渋谷・20180719・メニュー
 すでに15時半頃でしたので、「つけ麺がランチメニューだとまずいな」と思っておりましたが、どうやらいつでも出せるレギュラーの模様(後日夜にも食べました)。種類は「つけめん」と「島ラー油つけめん」の2種類、蒸し暑い日でしたので「島ラー油つけめん」(880円)を、小盛(200g)でお願いしました(中盛320g、大盛450g)。
かんから食堂@渋谷・20180719・島ラー油つけめんかんから食堂@渋谷・20180719・つけ汁
 おぉ、赤い液面が食欲をそそりますなぁ。まずは、つけ汁をひと口……ふむふむ、コイツはイイ感じ。ベースは沖縄そばのスープのようで、通常は豚出汁とカツオ出汁からなりますが、コイツはカツオ出汁主体の模様。カエシにも強くカツオをきかせており、さらに濃口醤油を使っているらしく、キレよりも旨味・コク重視の設定。微妙に甘く味付けながら、酸味をかなり強くきかせ、仕上げにかけられた「島ラー油」は……これがなんとも「マイルド」な辛さ。辛味よりも旨味が強い印象で、辛さは微妙に感じられる程度。全体として、ベースの旨味を殺さぬよう、甘・辛・酸を上手くバランスさせた、沖縄料理店とは思えぬラーメン専門店並みのレベルの高さ。
かんから食堂@渋谷・20180719・麺
 麺は、少し太めの中太ストレート。多加水で淡白な味わいですが、麺肌が微妙にざらつき、歯切れも微妙にボソッとしており、あるいは沖縄そばの麺を使っているのかもしれません。沖縄の風味あふれるこのつけ汁には、当然のごとくに合いますなぁ……いやぁ、なかなか美味い。
かんから食堂@渋谷・20180719・具材かんから食堂@渋谷・20180719・ラフテー
 具材はすべてつけ汁に入っており、バラ肉の小片と正体不明のプルっとした「白い物体」(写真)が多数、それにネギやゴマと、麺小盛ならサービスで玉子かネギかアオサを追加できるとのことでしたので、アオサを入れてもらいました。注文ごとにバーナーで焼き目を入れたこの「白い物体」、お店の方によれば「ラフテーの切れ端などを炙ったモノ」なんだとか。ラフテーは煮込む過程で脂を抜いていきますが、この物体にも脂分のくどさが全くなく、最初はタラかアンコウかと思ったり……とにかく面白い食感です。

かんから食堂@渋谷・20180719・卓上
 スープ割用にカツオ出汁が用意されているようですが、甘・辛・酸どれをとってもトガリがなく、旨味が印象的なつけ汁ですので、私はそのまま最後まで堪能。食後、「島ラー油」が内臓から体をジンワリ温めてくるのが分かりますが……コイツは夏でもいいけど、冬もイケそう。食後まで、「沖縄」を堪能できる一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR