FC2ブログ

かいどう@渋谷 「味噌ラーメン」

かいどう@渋谷・20180923・路地
 前週までの酷暑が嘘のような、肌寒さすら感じる9月の夜。こう冷えてくると「味噌」だよなぁ……そういえば、渋谷・櫻坂のふもとあたりに、「ゆるふわ」系の味噌があるとの有力情報がありましたな……フラリと路地裏の「かいどう」へ。
かいどう@渋谷・20180923・店舗
かいどう@渋谷・20180923・メニュー
 一説では創業40年以上は経っているという超老舗、特に定食系が美味くてボリュームがあると評判です。麺メニューも結構豊富、「豚キムチラーメン」とか「キクラゲラーメン」とか、長年の自然淘汰の中で進化したと思わしき珍メニューも目を引きますが、初志貫徹で「味噌ラーメン」(630円)を(後会計制)。厨房は、親子と思わしきお二人で切り盛り。
かいどう@渋谷・20180923・みそかいどう@渋谷・20180923・スープ
 フルサイズの丼にスープなみなみ、そしてコンモリ盛り上がる炒め野菜と、期待通りの丼景色。まずは、スープをひと口……うん、シンプルにして優しい味。基本的には、スープの旨みと味噌のコクで引っ張るタイプ、しかも旨みは主にケミカル、味噌は主に赤味噌と、非常にシンプルな構成で潔い。ラードによるコッテリ感や、一味による辛味づけは最小限度に抑えられ、ニンニクなどの演出も一切なし、味噌もさほど濃くありません。それゆえ、いわゆるパンチやインパクトとは無縁ですが、後半に向け野菜の甘さや挽肉の旨味がニジミ出し、ジワッと深まる昭和の味わい。
かいどう@渋谷・20180923・麺
 麺は、黄色い中太縮れ。中加水の麺をほどよくゆで上げ、必要最小限のコシと歯応えを感じさせながら、スルリと喉奥に消える潔さ。玉子麺のようなハッキリとした甘さのおかげで、味噌スープとのバランスも文句なし、いつもスープの圧倒的大勝利になってしまう昨今の味噌系ラーメンには、見習ってほしいモノ。
かいどう@渋谷・20180923・具材かいどう@渋谷・20180923・麺と具材
 具材は、モヤシ・ニンジン・ニラといった野菜類と、豚挽肉。炒め野菜類は、お手本のようなシンナリ具合、シックリと麺に絡みザクザクと軽快な歯ごたえ。挽肉も下味のみで、スープに広げるのは肉汁の旨味のみ。

かいどう@渋谷・20180923・卓上
 人々の日常に、さりげなく溶け込む外連味のない味。ラーメン専門店に比べれば、150円以上は安く得られる、十分な満腹感……渋谷の働き人を支え続けた「いつもの味」が、ここにあります。こういう一杯を食べると、新奇性と刺激を求めて食べ歩くことが日常となったラヲタとしては、「じっと手を見て」しまいますなぁ……そろそろ「足るを知る」ことも、必要な歳なのかもしれません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

桜 手打拉麺@神保町 「白手打牛肉麺」

桜@神保町・20180919・交差点
 お盆すぎから、あの酷暑が嘘のように感じられるほど涼しい毎日。私はカプサイシン系に汗が過剰反応するタチですので、辣油系の一杯は、こういう日にいただきたいもの。8月オープンの神保町「桜」へ。
桜@神保町・20180919・店舗
桜@神保町・20180919・メニュー
 去年、おなじ神保町の「馬子禄」が、日本では珍しい蘭州ラーメンで大人気となりましたが、このお店も蘭州系と聞いています。もっとも「馬子禄」は神保町交差点の近くでしたが、こちらのお店は専大前交差点の近くで、少し離れた場所。入店すると1階にはほとんど席はなく、2階席に通されます。メニューは「手打牛肉麺」の赤と白を筆頭に、あとは街中華的なラインナップで、一品料理もたくさんあって街中華的。とりあえず「白手打牛肉麺」(税込950円)をお願いしますと(後会計制)、直後に1階から、ウィ~ンという機械音に続いて、バン!バン!と麺を打つ音。手打ちなので、提供まで少し時間がかかります。
桜@神保町・20180919・白手打牛肉麺桜@神保町・20180919・スープ
 刻んだパクチーから、芳しい香りが漂う丼景色。まずは、スープをひと口……アッサリというか、「ジンワリ」とした味わい。しかし、ベースの清湯からは牛骨の風味がシッカリ感じられ、薄めながら薬膳的な味わいも、パクチーにより引き立ちます。辣油もまろやかさ重視の仕上がりで、全体として派手な刺激を一切排し塩分も控えて、ジンワリと体を温めるような、「医食同源」的アプローチ。
桜@神保町・20180919・麺
 麺は手打ち・手延べですので、超ロングというか、ほとんど一本につながっていると思われるストレート麺。ガッシリとした歯ごたえと強烈なコシ、そしてこのストロング・スタイルな食感がウソのような、純朴で控えめな甘さ。雑味の一切ないナチュラルな甘さの麺と、「医食同源」的なジンワリ・スープ、イスラム圏にも近い蘭州で生まれた、「ハラール」的なコンビネーション。
桜@神保町・20180919・具材桜@神保町・20180919・牛肉
 具材は、牛薄切り肉と、パクチー、ネギなどの薬味類。牛肉は、六本木で同系の一杯をいただいたときには印象に残りませんでしたが、コイツは美味い。薬膳系も含め何種もスパイスを使っているような雰囲気ですが、深みがあるのにシンプルな味わい、スープとの相性も抜群ですな。
桜@神保町・20180919・終盤スープ
 後半になって気づきましたが、スパイスというかエキスが丼底の方に溜まっているらしく、何もしなければ食べ進むほどにスープのコクが増してきます。お好みで、混ぜながら食べ進んでもよし、コクの変化を楽しむもよし。

桜@神保町・20180919・カウンター
 去年はなんとか「馬子禄」を食べようと、神保町に行くたびに様子をうかがっていましたが、数か月間も行列が絶えず、ついに諦めてしまいました。こちらは、少なくとも夜は4割ほどの客入りで、いまならスッと入れますし、営業時間も23時まで。私と同じく行列嫌いの皆さん、あるいは暑い中少しも並びたくないという皆さんは、(今のうちなら)こちらのお店もおススメです。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR