Ramen Azzurri@中野 「つけ麺」

Azzurri@中野・20171029・路地
 もはや3カ月に1回程度となってしまった、新宿方面のお仕事。おかげで周辺部の探索がややおろそかになっていますが・・・・・・とりあえず、ちょっと気になっていた中野の新店「Azzurri」へ。場所は、「青葉」のある路地(写真)を少し東に入ったところ。
Azzurri@中野・20171029・店舗
Azzurri@中野・20171029・メニュー
 東長崎の「Noodle Azzurri」が中野に移転して9月にオープン、メニューは「ラーメン」と「つけ麺」の2系統、前者は「辛」、後者は「辛」「カレー」「辛カレー」といったバリエーションがあります。店内の券売機は最新式、画面構成として「つけ麺」(800円)が筆頭でしたので、コイツをポチッとな。外装・内装とも、カフェのような洒落た雰囲気。
Azzurri@中野・20171029・つけ麺Azzurri@中野・20171029・つけ汁
 泡立ったスープ表面が、「獰猛」な印象を与える丼景色。まずはスープをひと口・・・・・・オーソドクスな「豚骨魚介」に見せかけて、結構ヒネリが入ってますな。相当な粘度のこのスープ、基本は「豚骨魚介」的ですが、節系は鯖節をかなり強めに使って、動物系と深く融合。ただ、カエシに独特な風味があり、後刻確認したネット情報では、東長崎時代には「南イタリア直輸入の魚エキス入りのソース」を使っていたとかで、そういえば確かに魚醤的なまろみを帯びた、フックラとした面白い風味。ただ、この風味を活かすためか、甘・辛・酸では甘みだけを強調しており、濃さもあってこれでは後半飽きがくるかも・・・・・・
Azzurri@中野・20171029・麺
 麺はご覧のように、パンパン・プルップルにゆで上げた、やや太めの中太ストレート。そのままひと口いただきますと、ムニムニとした強い弾力が感じられ、かなりハッキリとした甘み。東長崎時代にはタピオカを混ぜていたそうですが、食感からして、きっと今でもそうなのでしょう。
Azzurri@中野・20171029・麺あげ
 コイツをつけ汁にくぐらせ、ズバァ~~ッと一発いただきますと……つけ汁の甘みと麺の甘みが強烈にシナジーし、それにドッシリと「豚骨魚介」が絡みつつも、全体をフックラとした謎の風味が包み込むという、力強くもヒネリの効いた味わい。ただ、この店の箸は滑り止めのないエコタイプ(プラスチック製)で、パンパンの麺は掴みにくい。加えて紙エプロンも見当たりませんので、これからの季節、スーツで訪店の際は「滑落事故」にご注意を。
Azzurri@中野・20171029・チャーシュー
 具材は、麺皿のチャーシューと、つけ汁側にはメンマ、海苔と薬味のネギ。バラロール・チャーシューは注文ごとにバーナーで炙って提供、かつて「豚骨魚介」全盛期によく出会ったような、ステレオタイプ的な味・食感です。
Azzurri@中野・20171029・スープ割り
 麺量も比較的多く(250~280g程度?)、予想通り後半飽きがきましたので、卓上の酢や胡椒で味変に挑戦。酢は醸造酢ではなくかなり濃厚な一品(リンゴ酢かビネガー系?)で、控えめに入れたつもりでも酸味がグングン自己主張。繊細な「魚醤」系には胡椒は「禁物」ですが、イタリアの血を引くせいか、効きは意外にスマートですな……トータルな変化としても、悪くありません。最後は、スープ割りでサッパリと。

Azzurri@中野・20171029・卓上
 かつての「豚骨魚介」ブームの火付け役的な「青葉」の近くで味わえる、「豚骨魚介」の「現在形」。カエシの独特な「情緒」が魅力的ですが、それを活かすためか自ら辛味・酸味を封じたために、やや「自縄自縛」的な方向性になっているのが、少し残念。ご主人の美学が許さないのかもしれませんが、卓上に「一味」があるだけで、かなり「親しみやすさ」もアップすると思われますが……昔、住吉に「中川會」がオープンした際も、似たような感想を女将さんに伝えた記憶がよみがえり、あるいはこの店も、いずれ大成していくのかなと、期待できそうな一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

かしわぎ@東中野 「塩ラーメン」

かしわぎ@東中野・20170727・商店街
 数カ月ぶりに新宿方面でお仕事、新宿~中野方面のお店を狙うチャンスですが、たまった宿題も数カ月分、でもこの数カ月で最も話題になったお店といえば、東中野「かしわぎ」でしょう。脇目もふらず直行。
かしわぎ@東中野・20170727・店舗
かしわぎ@東中野・20170727・券売機
 6月オープンのこのお店、店主の方が名だたる職人さんだそうで、オープン直後から行列情報。この日はオープンから1カ月強経っていましたが、12時半過ぎでテーブル1席(相席)だけ空いていました。メニューは「塩ラーメン」と「醤油ラーメン」、いずれも680円というプライシングは、もはや安く感じてしまう昨今の流れ。とりあえず、筆頭「塩ラーメン」と「味玉」(100円)をポチッとな。
かしわぎ@東中野・20170727・塩かしわぎ@東中野・20170727・スープ
 店員さんが丼を置くと同時に、何やら説明しながら(相席のカップルの声で聴きとれず)テーブル上の胡椒をそっと前に押し出されました。試してくださいということなんでしょう。それでは、スープを一口……なるほど、絶妙な「ふくよかさ」加減。メインは豚清湯で、豊かな旨味と硬質なコクが同居して、フックラとしながらソリッドな味わい。さらに脂を多めに使ってフックラとした余韻を加えながら、カエシに使った魚介で旨味にキレを加えるという……そして仕上げに、胡椒で味をキュッと引き締めています。ふくよかな体型をボンテージでさらに引き立てたような、なんとも魅惑的な「グラマラス・ボディ」。
かしわぎ@東中野・20170727・麺
 麺は中細ストレート。その食感は絶品で、口腔で跳ねるようなビビッドなコシと、ポリポリとリズミカルな歯切れ、そしてツルリとしなやかなノド越しが、すべて「両立」されているという驚くべき仕上がり。甘みもなかなか力強くて……グラマラスなスープの中から、「ビンッ!」と元気よく跳ね上がってくる感じ、なんともセクシーなラーメンですな。
かしわぎ@東中野・20170727・具材
かしわぎ@東中野・20170727・味玉
 具材は、チャーシュー、メンマ、薬味のネギと、追加の味玉。メンマは穂先を多少カタめに仕上げてあり、あまり味付けはせず本来の風味を活かすアプローチ。チャーシューはバラ肉と肩ロースの2種、こちらは豚肉の旨味を引き立てるような薄味の仕上げで、スープの豚清湯に実によく合う。そして、味玉は、かなり醤油を強めにきかせた味付けで、メンマ・チャーシュー・味玉と、キッチリ味のグラデーションをつけてある芸の細かさ。終盤に、卓上の胡椒をバサバサふってみますと……グラマラス・ボディ&チャーシューが、「バン!」とハジけて超セクシー……いやコイツはたまりません。

かしわぎ@東中野・20170727・卓上
 グラマラスでダイナミックなスープ&麺、微妙に魚介で引き締めていたボディから、胡椒で「野生」を開放させるというセクシーな演出、そして具材にも見られる実に緻密な味のコントロール……ご主人の「技」の奥深さを、存分に堪能させていただいた一杯。最後にご主人とシッカリ目を合わせながら、ご挨拶させていただきましたが……いい目をしてらっしゃいますな。ラーメン食べ歩きの楽しさを、シミジミ実感できた一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

海坂屋@東中野 「汐そば」

海坂屋@東中野・20160201・西口
 超久々に新宿方面でお仕事、もうこの近辺には宿題店が山盛りになっており、脳内メモリもパンク気味ですが……かなり気になっていた東中野「海坂屋」へ。場所は、東中野駅西口から山手通りを南へ少し、通り向こうに「みそや林檎堂」があるあたり。それにしても、駅西口あたりは以前と見違えるような風景ですな。
海坂屋@東中野・20160201・店舗
海坂屋@東中野・20160201・メニュー
 昨年11月オープンのこのお店、ベーススープを4種類仕込むという凝った営業で、メニューも「海坂そば」(鯛アラ・塩)、「煮干中華そば」(醤油)、「汐そば」(貝出汁・塩)、「鶏そば」(塩)と4種類あり、「汐そば」「鶏そば」は数量限定。事前に、注文は「汐そば」(880円)と決めていましたが、120円増しで「特製」にすると、鶏チャーシュー・海老雲呑・味玉がつくとか……悩みましたが、繊細な味と聞いているので、具材の味に邪魔されぬよう「味玉」(100円)だけを追加しました。
海坂屋@東中野・20160201・汐そば海坂屋@東中野・20160201・スープ
 それでは、スープを一口……おぉ、これは結構面白い「仕掛け」。浅利やハマグリの貝出汁に、アゴ・鯛煮干しの出汁を加えたというこのスープ、前面に来るのは貝出汁で、風味にホンビノス貝的なニュアンスも感じますが、基本的には風味を抑え旨味を強調した仕上げ。これに、煮干し系の旨味がソッと仕込んでありますが……口の中で岩海苔と合わさると、コハク酸(貝)・イノシン酸(煮干)・グルタミン酸(海苔)の「三位一体」が完成し、旨味が弾けるようにシナジーして、急激に旨味が強まります。これを邪魔しないよう、塩ダレは控えめで、動物系も使ってないと見ましたが……さて。
海坂屋@東中野・20160201・麺
 麺は三河屋製麺製で、やや細めの中太ストレート。配膳時に、「スープを吸いやすい麺ですのでお早めに」とアナウンスがありますが、「煮干中華そば」の客さんには声がかかりませんでしたので、メニューによって麺を変えているのかも。繊細にして素直な甘味、ソフトな歯切れに適度なコシ、そして多少ザラツキのある麺肌と、「これぞ三河屋」という仕上がり。繊細なスープに繊細な麺が組み合わさって、実に上品な雰囲気を醸しています。
海坂屋@東中野・20160201・岩海苔
海坂屋@東中野・20160201・ホンビノス
 具材は、チャーシュー、ホンビノス貝、メンマに赤カブ(?)、岩海苔・スダチと薬味のネギに、追加の味玉。白眉はやはり岩海苔で、コイツを麺に絡めていただきますと……弦楽四重奏に、時折フルートの響きが加わるような、なんともいえぬ「口福感」。チャーシューは低温調理の肩ロース、スープを邪魔しないよう慎重に調整されたものですが、ここまで気を遣うのなら、チャーシュー自体必要かなぁ……ホンビノス貝を追加するだけでもいいような。

海坂屋@東中野・20160201・品書き
 旨味に敏感な人ならば、是非食べておくべき一杯ですが……多くの人にとっては、旨味は他の味覚の「付属品」ですので、旨味主体で高度な技を繰り出されても、その凄みは伝わらず物足りないだけかもしれません……と思っていたら、続々入店されるお客さんの注文は、意外に「汐そば」に偏っていたりして。日本人の味覚に対する私の偏見に、ちょっと恥ずかしさをおぼえた一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

肉煮干し中華そば さいころ@中野 「背脂肉煮干し中華そば」

さいころ@中野・20150503・駅前
 週末は4軒連続でフラれるという悪夢に遭遇しましたが、それでも気を取り直せたのは、月曜は2カ月ぶりに新宿方面で食べられるから。以前より、中野某新店で食べると決めており、小雨の中イソイソ向かいますが……なんと定休日。完全に私のリサーチ不足、ガックリ肩を落とすと同時に、煙るような激しい雨になってきました。やむを得ず、近所の「さいころ」に避難。
さいころ@中野・20150503・店舗
さいころ@中野・20150503・券売機
 自己ルールでは、雨の日は背脂・具材増しは厳禁(ウォーキングできないため)ですが、自分の準備不足があまりに腹立たしく、敢えて逆を行って「背脂肉煮干し中華そば」(810円)をポチッとな。カウンターで肩を落とすうち、約8分で丼到着。
さいころ@中野・20150503・背脂煮干
さいころ@中野・20150503・スープ
 背脂は、丼へスープ・麺を投入した後具材と一緒に入れるようで、丼の一画に偏っています。なので背脂濃度に変化が生まれ、写真の状態は「中」程度、まずは一口いただきますと……動物系は豚骨主体で硬質なコク、これに絡む魚介系も、宗田節のハードな風味にガッツリ煮干を盛ってくるわけですが……カタクチにマイワシを重ねることで、グッとソリッドな風味に仕上がっています。さらに背脂のコッテリ感が加わって、まずはお約束の美味さですが……背脂と煮干が織りなすあの独特の「シナジー」は、間欠的に伝わる程度。
さいころ@中野・20150503・麺
 麺は自家製で、かなり太めの中太ストレート(切り刃14番)。かん水少な目なため饂飩のような風味ですが、モチモチとした食感と弾力は一種独特。小麦の素朴な甘味がストレートに引き出されて、スープと上手く融け合います。
さいころ@中野・20150503・チャーシュー
 具材は、チャーシューがたっぷりと、メンマ・ナルト、そして薬味のネギ。チャーシューはバラ肉使用、タップリまとった脂身が、いい塩梅に醤油ダレを吸っており、スープの背脂と見事にコラボ。脂に脂を重ねる世界だからこそ、アッサリしたメンマやネギの薬味が効いてきますな。

さいころ@中野・20150503・能書 「豚骨魚介」全盛時代には、背脂と煮干粉による香味油で、チャッチャした背脂と煮干出汁を繋ぐ演出も一部見られましたが、そういう「小手先」に頼らず、「正攻法」で「背脂煮干し」を表現した一杯。以前「肉煮干し中華そば」をいただいた時は、浅草「つし馬」系の印象を持ちましたが、こうして背脂が加わると、燕三条系のような気もしますな……(ちょっと醤油控えめで味が上品ですが)。まぁ、おそらくはどちらでもなく、独自に生み出された、スタイリッシュでスマートな「背脂煮干し」。近所の某新店にも、十分対抗可能ですな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

担々麺 ほおずき@中野 「担々麺」

ほおずき@中野・20150207・駅前
 久々に新宿方面でお仕事、ランチは中野の新店を狙いましたが、第一候補は満員店外待ちで、第二候補は定休日(リサーチ不足)。あえなくネタ切れと相成ったわけですが……脳内の宿題店DBを検索すると、「ほおずき」がヒットしたので、そちらへ。
ほおずき@中野・20150207・店舗
ほおずき@中野・20150207・メニュー
 場所は、中野ブロードウェイの入口から右脇へ抜ける路地にあり、おそらくオープンしてから5年ほど。いろいろメディアにも取り上げられる有名店ですが、恥ずかしながらまだ未食でした。メニューは基本的に担々麺一本、満員の店内に飛び交う注文に耳を傾けると、「排骨」や「太肉」が人気のようですが、初訪ゆえとりあえず「担々麺」(800円)で、辛さは「普通」(メニュー表記は「小学生高学年でも食べれる辛さ」)でお願いしました。
ほおずき@中野・20150207・担々麺
ほおずき@中野・20150207・スープ
 奥から手前へ斜めにカットしたような丼で登場。まずはスープを一口……辛さ指定のせいもあるのでしょうが、見かけによらず上品な味。ベースは鶏ガラの清湯でスマートな味わい、辣油は唐辛子・花椒だけでなくスパイスを使って奥行きのある独特の風味に仕上がっており、これに干しエビの風味が豊かに絡んで……特筆すべきはこの三者のバランスで、どれも突出させずに敢えて「パンチ」を排した、外連味のない円熟した味わい。
ほおずき@中野・20150207・麺
 麺は中太縮れで、全粒粉使用とか。固めにゆで上げた麺はコシも強く、縮れが具材類をグイグイ持ち上げて、肉汁や海老風味の中から、小麦の甘みがグイッと力強く立ち上がってきます。世の担々麺は、どちらかといえば麺の存在感が弱めですが、そういう意味でちょっと異色。
ほおずき@中野・20150207・具材
 具材は、挽肉、小松菜、ザーサイに干しエビ。挽肉は肉汁タップリで絶妙の仕上がり、ザーサイもキッチリと塩が抜いてあり、サッパリ感と食感の変化に徹しています。ほおずき@中野・20150207・追い飯

 ライスは普通盛り・一杯までおかわり無料、例によって少な目でお願いし、少しだけ担々おじやを試しましたが……具材の量が多いので、最後までスープ+具材+ライスの妙が楽しめて、いやコイツは美味い。

ほおずき@中野・20150207・卓上 高い技術があるからこそ実現できた、スマートで、ある意味「エレガント」な担々麺。事実、満員の店内は三割以上が女性客で、乱暴な「パンチ」のない味が、幅広い支持を集めていることが分かります。それに「パンチ」の欲しい男性客は、辛味を増して「排骨」や「太肉」を頼めばよい訳で……中野には数知れず通いながら、こんな名店を後回しにしていたなんて、恥じ入るばかりのオジさんでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR