ソラノイロ トンコツ&キノコ@京橋 「スパイストンコツソバ」(リニューアル)

ソラノイロ@京橋・20171123・街頭
 もうずいぶん日も短くなり、八重洲方面の会議を終えると18時過ぎだというのに外は「夜」。トボトボと、オフィスのある銀座方面に引き上げていますと、京橋あたりでクリスマスソングのミニ・コンサート、今年も暮れていくんですな……清らかな歌声に心が「浄化」されたせいか、腹が減ってきました。近くの「ソラノイロ」へ。
ソラノイロ@京橋・20171123・店舗
ソラノイロ@京橋・20171123・券売機
 腹が減って思い出したのは、「ソラノイロ トンコツ&キノコ」が開店1周年を機に、メニューのラインナップはそのままに、内容をフルリニューアルしたとの情報(10月2日より)。総裁・宮崎氏のブログによれば、「本当はスパイスを中心としたお店にしたく」て、「1年間くらい悩んで」いたとか。となれば、がぜん注目は主力メニューの「スパイストンコツソバ」(850円)が昨年オープン時からどう変身したかですな……もちろん、コイツをポチッとな。店員さんに食券を渡すと、「辛さを中辛、辛めから選べる」とのことでしたが、とりあえず中辛で。
ソラノイロ@京橋・20171123・スパイスソラノイロ@京橋・20171123・スープ
 いやすでに、見かけからして同じ名前のメニューとは思えない変わりよう。まずは、スープをひと口……デビュー時も相当な美味さでしたが、コイツは間違いなく遥かに美味い! サラリとしながらクリーミーで上品な豚骨はそのまま(?)ですが、クミンが俄然強めてあります。たしかに以前も、クミンにスポットが当たっていましたが……バイオリンをベースにホーンを際立たせるオーケストレーションのような以前の演出とは全く異なり、クミンを中心に全体が躍動感に包まれるような、ベニー・グッドマンの「フルバンド・ジャズ」のようなビビッドな味。コイツはレンゲが止まりませんなぁ……
ソラノイロ@京橋・20171123・麺
 麺は中細ストレート。ツルリとした口あたりと、口腔で踊るようなビビッドな食感。小麦は敢えて外麦100%とし、さらに加水率を抑えめにすることで、非常に力強い甘みがムクムクと立ち上がってくるようで……躍動するバック・バンドに対して、強烈な女性ボーカルが受けて立つような、エネルギッシュなコンビネーション。
ソラノイロ@京橋・20171123・具材
ソラノイロ@京橋・20171123・チャーシュー
 具材は、チャーシューに、モヤシ・水菜・パブリカといった野菜類で、特にプチトマトによるアクセントが効果的。チャーシューは、前回も少し詳しく触れましたが、非常にハイクォリティな一品。それよりも、スパイスでエッジの立ったスープに対して、主に野菜を合わせるという発想が、タイなどエスニックな麺類を彷彿とさせて、「創作」とは思えないほど安定したコンビネーション。この料理、ついに完成の域に達したようですな……

ソラノイロ@京橋・20171123・能書き
 オープン時には、「アリッサ(北アフリカの調味料)+特製辛味噌」で味変できるようになっていましたが、もはやそういった小細工は不要なほど、全く完成された味わい。全く新しいジャンルを切り開いたといえる一杯で、食べながら思わず笑みがこぼれてしまうほど、革新的な美味さ。あとは、ネーミングですな……オープン時はまだ試験的な要素もあったので、名前(「スパイストンコツソバ」)にも「説明力」が必要でしたが、もう「トンコツ」は不要じゃないかしら……全くの新ジャンル「スパイスソバ」として、胸を張っていただきたいと思います。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋@銀座 「担々麺」

蝋燭屋@銀座・20171112・銀座三丁目
 金曜日夕方、八重洲方面での会議を終え、その後はオフィスに戻って残業体制。その前に、どこかで一杯引っかけるかと、脳内検索してみましたが、宿題店の検索結果は……なんとすべて担々麺。しかも、先週から今週にかけて食べたラーメンも、一杯を除きすべて担々麺ですので……さすがに体が拒絶反応。銀座あたりで、醤油か味噌でもと訪ね歩きますが、満員だったり味噌はやめていたり……結局、呪われたように「蝋燭屋」の前に。
蝋燭屋@銀座・20171112・店舗
蝋燭屋@銀座・20171112・券売機
 10月オープンで、先週訪店したばかりですが、その際は「酸辣湯麺」を注文、派手な演出とソツのない完成度に満足しました。店名が「SHIBIRE NOODLE」ですので、次は「麻婆麺」を頼むのが常道なんでしょうが……何者かに魅入られ、体を乗っ取られたような感じで、フラフラと「担々麺」(1,000円)をポチッとな。「担々麺」ばかり食べ過ぎて、どうかしてしまったようです……辛さは3種類(薄・普・倍)から選べますが、とりあえずは「普辛」で。
蝋燭屋@銀座・20171112・担々麺蝋燭屋@銀座・20171112・スープ
 やはり、「酸辣湯麺」と同じ、「フルのせデラックス」的な丼景色。まずは、スープを一口……なるほど、こちらも文句なしの完成度と華やかさ。芝麻醤は白胡麻主体ですが、ピーナツ・ペーストも加えて重みとコクを強調、ベーススープも、鶏ガラ・豚背ガラに加えて貝出汁を加えてあり、重みのある芝麻醤を貫いて、風味・旨味を伝えてきます。一方、辣油は多少軽めでキレのある辛み、これが花椒の風味と絶妙にマッチして、バランスの取れたスープに深く馴染んでいます。万人に伝わる美味しさとクォリティ、文句なしの仕上がりですが……ラヲタ的には、あまりにも「優等生的回答」過ぎて、文句の言えないところが多少(贅沢な)不満。
蝋燭屋@銀座・20171112・麺
 麺は「酸辣湯麺」と同じもので、(おそらく)三河屋製麺製の中細ストレート。同製麺所独特の、なんとも流麗なしなやかさ、細麺ゆえにスープや具材の持ち上げも文句なく、アレコレまじりあいながら口腔にふりまくその甘みは……う~~ん、コイツはあまりにも「優等生的回答」。全く文句のつけようがありません。
蝋燭屋@銀座・20171112・具材
蝋燭屋@銀座・20171112・サルベージ
 具材も、「酸辣湯麺」と同様に実に多彩で、肉味噌、ピーナツ、白・黒のゴマに青梗菜、搾菜や白ネギのほか、さらにアレコレ。肉味噌も、全体のバランスに合わせた適度な調味、ピーナツ・胡麻の「剛」に対して、搾菜の「柔」で受ける食感のコントラスト含め、あらゆるワザを詰め込みながら、麺・スープに調和させているというあたりが、あまりにも「優等生的回答」で……もちろん穴あきスプーン付きですので、最後まで具材を楽しめます。

蝋燭屋@銀座・20171112・卓上
 意外性を一切排除する方向で、非常に緻密に計算されつくし「優等生的回答」を極めた一杯。世の人が、それぞれの経験から「担々麺」に求める要素、その全ての「最大公約数」を、見事なバランスで「工芸品」のように表現していますが……あとは、料理に「工芸」を求めるのか、「芸術」を求めるのか、食べ手の趣味になりますな。とかく「芸術」は「工芸」を見下しますが、「工芸」もワザを磨き突き詰めれば立派な「芸術」。そんな領域にあるような気がした一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋@銀座 「酸辣湯麺」

蝋燭屋@銀座・20171022・路地
 急激に冷え込んだ雨の一日。週間予報では、もう暑くなることはないそうで、いよいよ冬支度ですか・・・・・・こういう寒い日はアツアツの、ガツンと辛い一杯もオツなもの。地下鉄出口からもほど近い、銀座の新店「蝋燭屋」へ。場所は、シャネルの裏手あたりで、「白ばら」や「煉瓦亭」など老舗が並ぶ、銀座三丁目の一等地。
蝋燭屋@銀座・20171022・店舗
蝋燭屋@銀座・20171022・券売機
 10月オープンのこのお店、メニューは「麻婆麺」「酸辣湯麺」「担々麺」と「汁なし担々麺」というラインナップ、「汁なし」以外は基本1,000円という「銀座価格」です。店名に「SHIBIRE」と冠しているので、「麻婆麺」がオススメなのは重々承知、しかし、個人的には「酸辣湯麺」(1,000円)に目がないもので、初訪なのに失礼とは思いつつポチッとな。
蝋燭屋@銀座・20171022・酸辣湯麺蝋燭屋@銀座・20171022・スープ
 大ぶりな丼に、具材たっぷりなスープがナミナミ注がれた「豊饒」な景色。チョイと辣油を混ぜ込んで、スープをひと口・・・・・・こりゃまた、非常にメリハリのきいた派手な味わい。酢を強く使ってかなりキレを強調し、辛みもホワイト・ペッパーを強く効かせて結構アグレッシブ、これに自家製辣油も加わって、相当にエッジの立った「酸辣」なお味。ベース・スープは鶏ガラ・豚背ガラからとっているそうですが、パワフルな「酸辣」に押され気味、それでもなんとか風味は伝わってきます。
蝋燭屋@銀座・20171022・麺
 麺は細麺ストレート、開店祝いのお花には、三河屋製麺さんの名がありました。中華王道的な中加水麺でしなやかなゆで上がり、コイツがドップリとスープ・具材を持ち上げて、ゾゾゾゾッと一気に啜り込むときの「高揚感」、そして口腔にブワッと広がる甘辛酸・・・・・・「酸辣湯麺」の醍醐味をタップリと味わえますが、スープがかなり派手な味わいですので、麺の甘みがかなりトーンダウンして感じられます。
蝋燭屋@銀座・20171022・具材
蝋燭屋@銀座・20171022・具材2
 具材は、鶏肉に中華ハム・溶き卵、椎茸・エノキに、パクチー・ネギといった薬味類。特に椎茸・エノキが多く入り、しかも適度なサイズに切り分けられていて、麺との絡みが実に見事。穴あきレンゲも供されますので、細かな具材も最後まで楽しむことができます。パクチーも実に鮮烈な風味で、派手な味わいのスープにピッタリ合って・・・・・・お好きな方は、「パクチー」(200円)の追加をご検討ください。

蝋燭屋@銀座・20171022・能書 銀座というと、「トラディショナル」とか「落ち着いた・奥ゆかしい」といったイメージを持たれる方もおられるかもしれませんが、ラーメンに関していえば結構派手な味の店が多く、一丁目「八眞茂登」「東東居」(いずれも閉店)のベトコンラーメンとか、この近くならかつての「末廣」(閉店)とか「ABC」とか・・・・・・中華料理屋も、有楽町からこの界隈にかけての庶民的な老舗は、味が派手。やはり昔から、派手好きな方が集まる街だからかな・・・・・・そういった意味では、この街にピッタリな一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

えびそば 一幻 八重洲地下街店@東京 「あじわいみそ」

一幻@東京・20170613・八重洲地下
 強い日差しと結構な暑さの土曜日、この日は某所へ味噌を食べに行く予定でしたが……この暑さで味噌はちょっと。電車の中で気が変わり、目標変更して乗り換えたものの、気づけば閉店5分前、さらに目標変更したものの、臨休直撃……都心を彷徨うことかれこれ1時間、各店の昼営業もおわりつつあったので、結局は八重洲地下街あたりの通し営業店にすることに。
一幻@東京・20170613・店舗
 5月オープンのこのお店、言わずと知れた札幌の名店による出店で、東京には新宿にお店があって、その前は池袋に出店していたり。なので、かなり多店舗展開をしているのかと思いきや、HPをみるとこの新宿店・八重洲地下街店含めて国内4店舗、意外に少数精鋭主義ですな。場所は、八重洲地下街でも最も有楽町寄りのエリア。
一幻@東京・20170613・券売機
 メニューは、スープが「そのまま」「あじわい」と、味付けが「みそ」「しお」「しょうゆ」のマトリクス。以前、新宿店では「ほどほど」というスープも出しており、公式HPにも残っていますが、この店では省略の模様。「そのまま」は海老頭スープを強調したバランスで、「あじわい」は豚骨のコクを増したバランスのようです。筆頭ボタンの「そのままみそ」は既食ですので、きょうは「あじわいみそ」(780円)を、ポチッとな。
一幻@東京・20170613・あじわいみそ一幻@東京・20170613・スープ
 相変わらず、丼含め鮮やかな色合いが印象的な丼景色。まずは、スープを一口……うん、実に安定した美味しさ。完全乳化して、ポッテリ・トロリとした口あたりの濃厚豚骨、味噌は白味噌系でほどよいコクと甘味で、両者が深く融け合った味わいを、海老の旨味と風味がフンワリと包み込みます。食べ進むにつれ、「えび風味の天かす」から「えびせん」的な親しみやすい香ばしさが、「エビ粉」からシックなほろ苦さがにじみ出て、濃厚なのに味に変化があり、食べ飽きしません。
一幻@東京・20170613・麺
 麺は、デフォの中太のほか細麺も選べ、両方食べたことがありますが、やっぱ味噌は中太かな。中太といってもかなり太め(公式HPでは「極太麺」と表記)、加水率高めの麺をやや柔らかめにゆであげて、モッチリとした口あたりとしなやかなノド越し。麺肌の微妙なザラつきが、スープをドップリと持ち上げて、濃厚な豚骨味噌の風味の中から、麺の透明な甘さが突き抜けるようなコントラスト。なかなか食べ応えがあります。
一幻@東京・20170613・チャーシュー
一幻@東京・20170613・天かす
 具材は、チャーシュー、味玉半個に「えび風味の天かす」、そして薬味の万能ネギ。バラロール・チャーシューも安定した完成度、濃厚なスープに対して味付けを微妙に抑え、豚骨のコッテリ感に対して脂がうるさすぎないよう、敢えて薄切りの仕上げ。後半、卓上の一味で味を引き締め、おろしニンニクも使ってみましたが、スープが濃厚なため程よい効きで、相性も悪くありません。

一幻@東京・20170613・卓上 海老頭は本来、エグミもあるしクセもあり、加熱したり焼いたときの臭いも独特で、料理に使うには難しい食材なのですが……それをあたかも、ナショナルブランドのスナック菓子のような安定したクォリティで、ほどよい「海老風味」として万人に感じさせる、ある意味おそるべき一杯。「海老味噌」というジャンルを世に知らしめて確立した、記念碑的な一杯ですが……ずいぶん前から、味もメニューも変わらないのが、逆に気になる。競争の激しいこの業界、きっと「海老味噌」というジャンルにも、チャレンジャーが現れましょう、それを迎え撃つためにも、歩みを前に進める必要があるのでは? そんな気がしたオジサンなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

人形町 兎屋@人形町 「らーめん(小)」

兎屋@人形町・20170508・人形町
 ひとつ仕事のピークが過ぎて、ドッと疲れが出た週末。極端に疲れた時は不思議と、あまり濃く脂っこいものは欲しくなくなりますが……アッサリ系の一杯を出す店が多い、人形町界隈へ。
兎屋@人形町・20170508・店舗
兎屋@人形町・20170508・能書き
 まずのぞいてみたのは4月オープンの「兎屋」、しかし14時前だというのに、店前には20人ほどの人だかり。ビックリしてやりすごし、バックアップで考えていた店に行きましたが、まさかの臨休(?)。次へ移動すべく、再び「兎屋」の前を通ると……事情が理解できました。隣が「うぶけや」という江戸時代から続く刃物屋さんで、観光スポットになっている模様、団体客が「うぶけや」をのぞくついでに、「兎屋」ものぞいていたという次第。兎屋@人形町・20170508・券売機

 それでも店外待ちは5人ほど、メニューは「らーめん(小・中・大)」と「つけめん(並・大)」の2系統、まずは「らーめん(小)」をポチッとな。かなり客回転は悪く、二人客が多いせいかと思いましたがそうでもなさそう。でも、その訳はすぐにわかりました。
兎屋@人形町・20170508・らーめん
 では、スープを一口……アッチッチッ、コイツは昔よくあったタイプですな。魚粉の風味を移したアツアツのラードがスープ表面を覆っており、その下のスープもアツアツ状態。おかげで序盤は味がよく分かりませんが、よく分からないままラードを麺に絡めてハフハフいただくのも久しぶり。これだと食べるペースも落ちますので、客回転も落ちるわけですな。
 後半温度が下がると味が徐々に判明、丸鶏・鶏ガラ・豚ゲンコツを使っているとのことですが、それらの風味・旨味はかなり弱めで、むしろ煮干し風味の方が勝ってる感じ。ベースが超アッサリ系のためか、醤油ダレがやや突出気味、その味のトガリを、ラードで丸めようという設計思想、昔は結構こういうタイプがあったので、ちょっと懐かしい感じ。
兎屋@人形町・20170508・麺
 麺は浅草開化楼製で、かなり太めの中太ストレート。ムッチリとした口あたりと歯応え、結構噛み応えがあって、多加水ゆえアッサリとした甘み。アツアツのラードとスープを、ツルツルの麺肌で弾きながら、麺をシッカリ主張させようというバランスで、これはこれで食べやすい。朝ラーなんかに向いたコンビネーションですな。
兎屋@人形町・20170508・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ・小松菜にナルト・海苔、そして薬味のネギ。チャーシューは厚切りのモモ肉で、シッカリ味がしみたもの。ミッシリとしたモモ肉特有の食感を楽しませながら、ほどよく柔らかく仕上がっており、なかなかの上モノ。ネギも、高温の脂とスープにより甘みが引き出され、なかなかイイ感じで絡んできます。

兎屋@人形町・20170508・卓上
 「田舎のお店で昔から愛されている朝ラー」的な、ちょっとレトロな雰囲気の一杯。人形町にはイメージ的にピッタリで、チョイと引っかけるには最適ですが、店外待ちしてまでラヲタが食べるべきサムシングはありませんな……麺は非常によく出来てますが。ひょっとしたら、ベース・スープはブレだったのかもしれません。暑い季節になったら、またつけ麺食べに来ます。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR