燕三条 工場食堂@虎ノ門・内幸町 「侍ラーメンさんの背脂ラーメン」

工場食堂@西新橋・20170927・交差点
 虎ノ門ヒルズの近くで、期間限定で本場・燕三条のラーメンが食べられるとか。ここのところ都心でも燕三条ラーメンを出す店が次々オープンしておりタイムリー、さっそく訪店。場所は、汐留方面から伸びる「マッカーサー道路」(いまは「新虎通り」と呼ぶんだとか)が、虎ノ門ヒルズに突き当たるあたり。
工場食堂@西新橋・20170927・店舗
 「新虎通り」周辺に小さな商業設備を散在させ、「旅する新虎マーケット」として全国の魅力を集めようという企画。7月から10月1日までは「夏の章」として新潟県の5市を特集、商業設備のうち「STAND 3」が燕市・三条市を取り上げた「工場食堂」で、そこで三条市の老舗「侍ラーメン」の定番が食べられます。夜のメニューはご覧の通りで、ラーメンの他はつまみ系が中心。
工場食堂@西新橋・20170927・メニュー
 ドリンクメニューには、地元で製造した24金のステンレス・カップで飲めるとありましたので、ちょっと自己ルールを踏み倒してバドワイザーを頼んでみましたが……出てきたのは普通のグラス(写真は下掲)、地ビールを頼まないとダメなのかも。ま、そんなこんなで「侍ラーメンさんの背脂ラーメン」(850円)を注文。
工場食堂@西新橋・20170927・背脂ラーメン工場食堂@西新橋・20170927・スープ
 背脂が覆うスープ表面に、雪のようにのる刻みタマネギが美しい。まずは、スープを一口……いいなぁ、この「田舎臭さ」がタマリマセン。燕三条ラーメンは、もともと地元工場で働く人たちへの出前として発達したもの。出前中に冷めないように背脂でスープを覆い、汗かいて働く工員のために塩分高め。ベースは動物系が豚骨主体で、魚介系が煮干し主体、双方ともかなり「ワイルド」なのが燕三条系の特徴ですが、まさにこれら特徴をほぼ体現。このスープでは、煮干しはやや控えめな主張ですが、豚骨が特に力強く、食欲をそそる程度に臭みもあって、コイツはタマリません。
工場食堂@西新橋・20170927・麺
 麺は、極太の平打ち麺。これも燕三条系では本来のスタイルで、工場に出前する間にノビないようにする工夫。ワサワサとした荒っぽい口あたりに、硬質な歯応え。多少ゆでが足りないフェットチーネのような食べ心地ですが、コイツがワイルドなスープと背脂をまとって、強引に口の中で暴れまわる感じが、また格別。それに固ゆでですので腹持ちも結構よく、このあたりも工場で働く人々に、支持されてきた所以でしょう。
工場食堂@西新橋・20170927・チャーシュー
工場食堂@西新橋・20170927・メンマ
 具材は、チャーシュー、メンマと、刻みタマネギとネギ少量。注目はメンマで、醤油で濃く味付けながら食感パリパリという、都心では滅多に見かけないタイプ。でも、燕三条系では標準的なスタイルですので、未体験の方は是非。チャーシューもモモ肉使用でカタめの食感、このあたりの田舎臭さも、堪能すべきポイントですな。

工場食堂@西新橋・20170927・卓上
 ここ数年、神保町とか曙橋とか御茶ノ水とか、燕三条系を出すお店がずいぶん増えてきましたが、それらがいかに都心の客にフィットするよう改良努力を重ねているか、如実に分かってしまう「源流」的な一杯。ラーメンは、私たちラヲタの「嗜好品」である以前に、現場のニーズに応えるために発展してきた「実用品」であることが、明瞭にわかる一杯。「実用品」特有の「機能美」が、得も言われぬ光を放ちますな……食べられるのは9月中、ご興味ある方は是非。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

三田 一力堂@三田・田町 「ラーメン ネギ多め」

一力堂@三田・20170914・田町
 9月初旬とは思えないほどの、涼しさが続く今日この頃。こうなってくると、俄然温かいラーメンが恋しくなりますなぁ……三田の新店「一力堂」へ。
一力堂@三田・20170914・店舗
一力堂@三田・20170914・メニュー
 8月オープンのこのお店、以前は群馬県太田市に本店があったようですが、本拠を神田店に移している模様で、三田のお店はその支店。神田店は「京都一乗寺源流」を名乗っていましたが、なぜか三田店には表記なし……メニューは「ラーメン」のバリエーションのみで、神田店にあった「味噌」がなぜかありません。トッピングがいろいろ選べますが、とりあえずは「ラーメン」(750円)を「ネギ多め」(100円)にして。
一力堂@三田・20170914・ラーメン一力堂@三田・20170914・スープ
  背脂がビッシリと浮くスープに、山盛りの九条ネギ、京都ラーメンっぽい丼景色ですな。まずは、スープを一口……う~~ん、こうだったかな? 能書きでは「国産の丸鶏・鶏胴ガラ・豚ゲンコツ・野菜二種」から煮出したとありますが、京都ラーメンのインスパイヤにしては鶏の風味は大人しく、野菜の透明感がかなり強め、それにどこか魚介系的(グルタミン酸系?)な旨味を感じますが……2年半前に神田店で食べた時とはかなり違う印象で、どうにも「京都」っぽくありません。カエシは相変わらず、やや甘め。
一力堂@三田・20170914・麺
 麺は、中細のストレート。しかも多少柔らかめにゆで上げしなやかなコシ、このあたりはカタめにゆで上げていた神田店より「京都」っぽい。それに、中加水の麺が甘みを力強く発揮するあたりもそれっぽいのですが……麺が鶏風味満載のスープを吸った後の、あの「京都」独特の味わいとは、かなり違った趣きですな。
一力堂@三田・20170914・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマに、タップリのネギ。チャーシューは、薄めの肩ロースが3枚入り。全体にシッカリ行き渡った味付け含め、このあたりは「京都」っぽい。ただし、アチラでは1枚の大きさがもう少し小さく、それがもっと沢山入ります。コンモリと盛り上がる九条ネギもイイ感じ、「九条ネギラーメン」(950円)というメニューもありますが、「細切り九条ネギ」と輪切りの「ネギ多め」でなぜ100円も違うのか、チョイと理解に苦しむところ(「京都」に「細切り」はあまりないし)。
一力堂@三田・20170914・唐辛子
 後半は、卓上の一味を加えて京都「ますたに」風になるか、一応テスト。しかし、神田店でテストした時とは全く違って、雰囲気はどうもイマイチですな……ま、スープがそもそも違いますしね。

一力堂@三田・20170914・能書き
 30数年前に上京してきて、一番驚いたのは「京風ラーメン」なるものの存在と、そのスタイル。淡麗な「出汁」風のスープに、麩毬など上品な具材がのるその姿に、「新福菜館」「第一旭」「天下一品」「ますたに」などが織りなす京都ラーメン文化にドップリ浸かったオジさんは、腰を抜かさんばかりに驚きました……このラーメンも、「関東人がイメージする京都ラーメン」的な世界を、切り開いていく一歩となるのでしょうか……できれば切り開かないでいて欲しいと思う、オジさんなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

北海道 山椒うま辛味噌ラーメン 辛幻@新橋・内幸町 「山椒うま辛味噌ラーメン」

辛幻@新橋・20170911・路地
 雨の一日でしたが、八重洲方面で会議を終えて外へ出ると、霧は濃いものの雨は止んでおりました。雨が降っていたら、大人しく新橋駅から会社に戻ろうと思っておりましたが……チョイと寄り道。新橋の新店「辛幻」へ。場所は、以前「担担麺 匠心」があったところで、結構美味かったので何度か通った店ですが、なくなるとちょっと寂しい。
辛幻@新橋・20170911・店舗
辛幻@新橋・20170911・券売機
 8月オープンのこのお店、当初は「カラシビ味噌」と名乗っていたようですが、さすがに商標的にアレだったのか、店名・メニュー名からポップまで、「山椒うま辛」に変更済み。メニューは「山椒うま辛味噌ラーメン」と「混ぜそば」の2系統で、「マーボー丼」とのセットがお得な模様。とりあえず、筆頭ボタンの「山椒うま辛味噌ラーメン」(700円)を、ポチッとな。辛さは普通から激辛まで4段階から選べますが、ポップに「普通でも辛いです」とありましたので、「普通」でお願いしました。
辛幻@新橋・20170911・山椒うま辛味噌辛幻@新橋・20170911・スープ
 なんとなく、「台湾ラーメン」っぽい風情ですが、「味噌」というのがオリジナル。まずは、スープを一口……ほう、結構完成された味わい。重く平坦な味わいになりがちな赤味噌主体の味噌ダレですが、一般客でもさほど刺激が強くならない程度に山椒・辣油を上手くきかせて、「オロチョン」的なアグレッシブさがイイ感じ。さらに後半へ向け、肉味噌のコクや鷹の爪の間欠的な辛味が絡んで味が変化、最後まで飽きの来ないよう演出されてます。
辛幻@新橋・20170911・麺
 麺は、やや太めの平打ち縮れ。かなり加水率が高い麺を、かなりシッカリとゆでてあるせいか、歯応えは多少ボッソリで味は淡白。しかしまぁ、スープがシッカリと作り込まれていますし、最後まで味を変化させてきますので、こういう麺で受けるのも一つのスタイルとしてアリかも。
辛幻@新橋・20170911・具材
辛幻@新橋・20170911・穴あきレンゲ
 具材は、肉味噌に牛スジ肉、モヤシとニラに味玉がひとつ。牛スジ肉はシッカリと煮込まれて柔らかく、味も適度に濃くてなかなかグッド。モヤシも最初はシャキシャキですが、後半に向けシンナリしてきて、食感的にもなかなかグッド。肉味噌の味付けも手慣れた感じで、最後まで楽しめるよう穴あきレンゲが用意されているあたりも、なかなかグッド。

辛幻@新橋・20170911・卓上
 完成度の高いスープと具材、麺量も140gと標準的で、これに牛スジ肉・味玉1個が含まれて、700円という設定はかなり「攻めて」ますな……これがイマドキの「台湾ラーメン」なら、味噌ダレ抜きの上に具材が肉味噌・ニラだけで800円はとっているところ。味の完成度といい、辛さ・シビレの設定といい、やはりどこかの資本系が仕掛けているのかな……味もさることながら、商売としてのアグレッシブさに感心した一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

みそ&トマトらーめん 田所商店@赤坂 「みそトマトラーメン」

田所商店@赤坂・20170831・赤坂
 異常な雨&涼しさのまま、お盆に入ってしまった今年の夏。おかげで夏風邪をひいてしまい、しかもこの風邪がお腹の調子を崩す性悪で、とうとう1週間もラーメン抜き。ようやく回復方向で、今日もずいぶん涼しいので、先日フラれた赤坂「田所商店」(5月オープン)で味噌でも。
田所商店@赤坂・20170831・店舗
田所商店@赤坂・20170831・限定メニュー
 私はもともと千葉で食べ歩いていたので、千葉発祥「田所商店」との出会いは古く、10年以上前に市川バイパス沿い行徳近くのお店(おそらく2号店)で食べました。その後、どんどんと店舗が増え、運営会社の公式HPによれば、いまや北海道から九州、海外にまでお店があるとか……千葉の街道沿いによくあるお店程度の認識でしたが、なんともはや。
田所商店@赤坂・20170831・メニュー
 レギュラーメニューは「みそトマト」の「ラーメン」「たんたんめん」「さんらーたんめん」の3種類で、限定でご覧のような冷やし2種類を提供。限定にもかなり惹かれますが初志貫徹、「みそトマトラーメン」(840円)をいただくことに(後金制)。それにしても、結構強気のプライシング。
田所商店@赤坂・20170831・みそトマト田所商店@赤坂・20170831・スープ
 肉味噌とトマトが盛り上がる、ちょっと面白い丼景色。まずは、スープを一口……なるほど、これはかなり工夫された味。味噌ダレは、北海道の赤味噌主体と思われ、濃厚ながらこのままでは「平坦」な味。しかし、ベースを野菜と昆布のシンプルなスープにして全体に軽さを加えてある上、味噌に加えたトマトソースが旨味とフレッシュな酸味で軽快感をさらに際立てて、非常に「ポップ」な味わいに仕上がっています。これに、刻みトマトがさらに鮮烈なフレッシュ感を加え、逆に肉味噌が重めのコクを加えてくるという、重層的な味の造り。こういっては失礼ですが、味噌の風味以外はあの「田所商店」の作品とは、ちょっと思えなかったり。
田所商店@赤坂・20170831・麺
 麺は中太縮れ。多加水麺をプリプリ+α程度にゆで上げ、微妙に麺肌に柔らかさとザラつきが生まれたところで、ドップリとスープを持ち上げさせようという仕上げ方。加水率の割に甘みは結構強めで、スープが味噌の割に「ポップ」なタッチなこともあり、両者のバランスはドンピシャリ。いやはや、実によく調整されたバランスです。
田所商店@赤坂・20170831・具材
田所商店@赤坂・20170831・具材&麺
 具材は、肉味噌、きざみトマトに、モヤシ・キャベツ・赤ピーマンといった野菜類。野菜類はしんなりさせず、ザクザクとビビットな食感に仕上げてあり、それゆえ汁ハネの可能性がありますので、テーブル上の紙エプロンをオススメします。

田所商店@赤坂・20170831・ポップ
 かつて千葉を食べ歩いていた身にとっては、(10年以上前の)あの「田所商店」の作品とは思えない、非常に洗練されたバランスの一杯。千葉には味噌の老舗&名店も多く、「パンケ」とか「誉」とか「なりたけ」とか……ちょっとマイナーですが、驚きの美味さの「希林」とか。そんな、味噌にはちょっとうるさい千葉が生んだ「田所商店」の「みそトマト」、千葉が誇る「野暮ギリギリのエレガンス」をお楽しみください。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

中華そば専門 田中そば店 新橋店@内幸町 「冷やかけ中華そば」

田中そば店@内幸町・20170822・西新橋
 台風の影響で、生暖かい風と涼しい風が交互に吹くような、なんだか不思議な真夏の夜。先日灼熱の真昼にフラれた、西新橋の新店「田中そば店」へ。場所はなんと、「くるめや」の隣。
田中そば店@内幸町・20170822・店舗
田中そば店@内幸町・20170822・券売機
 7月オープンのこのお店、本店は六町ですが、秋葉原神楽坂にもお店があって、結構ジワジワと勢力拡大中。メニューはこの系列共通のラインナップ、夏に「冷やかけ中華そば」(850円)を出すのも恒例ですな……といっても、前回秋葉原で食べたのは5年前ですが。もちろんコイツをポチッとな、厨房はみなさん聞き慣れない外国語を話されますが、アジア系で同じお国のご出身の模様で、和気あいあいとイキもピッタリ。
田中そば店@内幸町・20170822・冷かけ田中そば店@内幸町・20170822・スープ
 おぉ、黄金色に透き通るスープが、なんとも涼しげな丼景色。まずは、スープを一口……いやぁ、まさに夏の風物詩。前回食べたのは5年前なのでアテになりませんが、当時は魚介出汁の主力はカツオに思われましたが、やや煮干しにシフトしたような印象。それでも、薄口醤油の絶妙なキレ、「田中そば店」独特の塩ダレの風味と、安定・安心のクオリティ。ともすれば、「冷やし」は塩が立ち過ぎてしまうもの、しかも外人さんのタレ加減で多少不安に感じましたが……全くの杞憂。魚介の旨味を活かしたタレ加減は、5年前より好印象。
田中そば店@内幸町・20170822・麺
 麺は、やや太めの中太で、多少断面が平打ち気味に偏平したモノ。オペレーションを見ていると、同じ「冷やし」でも冷水へのくぐらせ方にムラがあるような気がしましたが……全くの杞憂。ドンピシャリ、スープ温度に麺の温度が合っており、キンキンの冷え具合でもないために、スープの旨味と麺の甘みがスッと舌に伝わってきて、コイツはなんとも……加水率高めでツルリとした麺肌、冷えた麺がノドから食道・胃に抜ける、この清涼感がタマリマセン。
田中そば店@内幸町・20170822・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマと、薬味のネギ。チャーシューは、冷やしでは逆効果になりがちな脂身を極力排し、じっくりと味のしみた赤身を、ホロホロの柔らかさで食べさせる逸品。このあたり、5年前から相当改良されている気が……薬味の加減、メンマの味付け・食感も文句なし。
田中そば店@内幸町・20170822・唐辛
 終盤に、遊び心で卓上「特製唐辛」をチョイと投入。最初は辛みよりキレが増す感じで、冷やしとしてはナカナカですが、後半ムラムラと辛味が食道・胃袋を温め、このあたりはお好み次第。終盤にチョッと試すスタイルをオススメします。

田中そば店@内幸町・20170822・卓上
 「田中そば店」といえば、純白のネジリ鉢巻をキリリとしめた、シブイ醤油顔の職人さんが無言でキビキビと立ち働く、そんなイメージでしたが……外国語で頻繁にコミュニケーションとりながら、リズム感あふれるオペレーションで切り盛りしていく、この雰囲気も悪くない。これから急速な人口減少となるこの日本……職人さんがコワそうな顔して腕組みし、写真に納まる時代もそろそろ終わりかもしれません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR