fc2ブログ

あいだや@上野御徒町・仲御徒町・御徒町 「つけ汁2種つけめん」

あいだや@御徒町・20231112・駅前
 いわゆる「らぁめん小池」系の新ブランド店が御徒町にできたとか。この系統は、本郷三丁目「にし乃」にしても小川町「金龍」にしても、オープンからの大行列が、いつまでも絶えることがないという超人気、私も何度も玉砕し、かろうじて食べたことがあるのは「ぷれじでんと」のみ。ただ、今回は相当な路地裏にあるというので、ウォーキングがてら偵察。
あいだや@御徒町・20231112・シックスロード
 場所は、上野御徒町駅近くにあるご覧のような小アーケードの中にあり、中を突き抜けると出口はもう昭和通り。向かいが900円カットがウリの散髪屋で、お客さんが続々……最近、QBハウスも値上げしたし、こういうお店が近所にほしいなぁ……
あいだや@御徒町・20231112・店舗
あいだや@御徒町・20231112・券売機
 10月オープンのこのお店、半ば行列見物に来たようなもんですが、意外にも店外待ち2名のみ。しかもその後入店し食べ終わる頃には店内1名のみと、この系統のお店とは思えないアクセスしやすさ。メニューは「つけ汁2種つけめん」(1,250円)がイチオシ。
あいだや@御徒町・20231112・能書き
 そのつけ汁は、「豚骨魚介」「にんにく醤油」「海老」「担々」の4種類から選べます。さらに麺は通常の「冷や盛り」とこの店独特の「釜揚げ」。とりあえず、筆頭から2種「豚骨魚介」「にんにく醤油」と、麺は「釜揚げ」を。つけ汁2種だと通常の並盛200gではやや足りないかと考えて、自己ルール違反ですが50gだけ増量の「つけ麺増量250g」(50円)を足しました。
あいだや@御徒町・20231112・つけ麺あいだや@御徒町・20231112・つけ汁
 以前は、つけ汁8種から3種を選べた神保町「可以」など、複数のつけ汁を楽しむ趣向は珍しいものではありませんでしたが、全てが値上がりする世知辛い世の中では、ダブルつけ汁とはなんともありがたい景色となりました。まずは「豚骨魚介」ですが、豚骨といっても清湯で、その端麗な風味を背景に、煮干主体の旨味を引き立てようという基本構成は、王子「キング製麺」ゆずりとか。さらに、つけ麺の名店・白楽「くり山」の専用魚粉が加えられており、旨味主体の基本構成に対して、節系中心でパンチが強化されています。
 「にんにく醤油」は、おそらく「豚骨魚介」の基本構成に対して、魚粉のかわりにニンニクをガツンと効かせたもの。魚介ベースにニンニクを効かせるというのが、発想としてユニークですな。両者に共通するのは、醤油による調味がかなり強く、塩味による押し出しが相当なレベル。
あいだや@御徒町・20231112・麺
 麺は自家製で、やや太めの中太ストレート。能書きでは「うどんで使われる小麦粉」、つまり中力粉を約50%使用しており、しかもつけ麺用としては珍しく、中加水といってよいレベルの加水率。そのせいか、かなり押し出しのつよい甘みで、これなら「にんにく醤油」が合うかと、麺をくぐらせジュルリとひと口……限界レベルでパンチのきいたつけ汁に、限界レベルの甘みの麺が舌上で激突し、「爆風」が口腔全体に広がって、なんとも荒っぽい味空間。「豚骨魚介」では、やや麺が勝ち気味に感じられるほど、この麺の存在感は強い。
あいだや@御徒町・20231112・チャーシュー
 具材は、チャーシュー2種とつけ汁に浮かぶ薬味のネギ。チャーシューは大きめの2切れが豚ロースで、小さめの2切れ(写真)が鴨ロースとのネット情報。いずれも低温調理なのに加えて、バカ舌のせいか鴨ロースの風味があまり感じられませんでしたが、こちらの方だけスモークしたような香ばしさを感じましたな……いずれにしても、これらチャーシューはハンパなく美味い、他店では味わえないレベルだと付言しておきます。
あいだや@御徒町・20231112・スープ割り
 スープ割りは卓上のポットから。中身は端麗な煮干出汁のように感じましたが、つけ汁は2つとも塩味が極めて強いので、なかなか効かない。少しずつ足して味を試してみましたが、やはり「豚骨魚介」によく合いますな……ま、魚介の天敵たるニンニクが入ったつけ汁では、効果がイマイチなのもムベなるかな。しかしこのあたりも、つけ汁2種を食べ比べられるからこそ気づく、「面白さ」ですな。

あいだや@御徒町・20231112・卓上
 お隣の方が「黒毛和牛サーロインご飯」(700円)を注文されましたが、その仕掛けがすごい。専用の小型ガスコンロがカウンターに据えられて、和牛肉が一枚ずつ恭(うやうや)しく陳列された木箱もカウンター上でご開陳、コンロ上の鍋ですき焼き風に調理が始まるという、驚くべき仕掛け……これで700円、あまりカロリー制約のない方なら、絶対におすすめの逸品ですな。派手な味わい、派手なパンチ、そしてこれほど派手な演出なのに、なぜこんな地味な場所に出店したのか……しかしここは御徒町、インバウンド系の方々に情報が流れれば、日本人すらアクセス困難な店になるのは必至ですな。早めの訪店を、オススメします。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



とりジンジャー@仲御徒町・御徒町 「とりジンジャー」

とりジンジャー@御徒町・20220812・御徒町
 世間は8月11日からお盆休みですが、初日は仕事でつぶれ12日(金)から束の間の夏休み。御徒町あたりを歩くのも久々ですが……インバウンドが再開したせいか、宝石系のお店もドンドン営業し始めた印象ですな。今日目指すお店も、宝石デザイナーの方がやっているとか。
とりジンジャー@御徒町・20220812・店舗
とりジンジャー@御徒町・20220812・口上
 8月1日オープンのこのお店、看板もなく分かりにくい佇まいですが、店頭にドカンと据えられた冷凍ラーメン自動販売機が目印。店内には英語の口上、曰く2017年には世界ラーメン・グランプリ的なアワードに挑戦して見事敗退、以降NYの一風堂で修業して、2020年にLA、2021年にLondonで間借り営業を経た後、帰国してお店をオープンしましたが、宝石デザイナーの仕事も兼業しているとか。なんか、ネット情報とずいぶん違う気がしますが(笑、でも多分ネット情報の方が正しいかも)、宝石業と兼業は事実のようで、週4日と変則営業(火・土・日・祝休み)。
とりジンジャー@御徒町・20220812・券売機
 メニューは「とりジンジャー」と「グルテンフリー麺とりジンジャー」の2系統、まずは筆頭の「とりジンジャー」(880円)を、ポチッとな。テーブル席のみで、卓上には「追いジンジャー」なる「ウルトラ蒸しショウガ」の解説漫画があります(写真は下掲)。開店当初は自動的に出てきたようですが、今は店員さんに声掛けして出してもらう感じ。ま、とりあえずはそのまま「デフォルト」を味わいましょう。
とりジンジャー@御徒町・20220812・とりジンジャーとりジンジャー@御徒町・20220812・スープ
 黄金色のスープに浸された、極細麺のギッシリ感。まずは、スープをひと口……これは「NANNISH」インスパイヤというか、中華では「鶏絲湯麺」のインスパイヤというか、つまり「王道」、誰もが「美味い」と感じる方向ど真ん中ですな。丸鶏スープの、ボディ感を敢えてそぎ落として旨味のみにシェープアップ、それに程よい塩ダレで微妙に輪郭線を引きつつ、ガツンと生姜で思い切り「隆起」させるという、誰もが目を見張る「定番」の美味さ。シンプルながら、この方法論がどれほど人気を集めているかは、最近の「NANNISH」の発展ぶりから理解いただけるでしょう。
とりジンジャー@御徒町・20220812・麺
 麺は三河屋製麺製で、極細に近い細麺ストレート。この辺は「NANNISH」よりも、中華の「鶏絲湯麺」に寄せた考え方。加水率は低めで、ただでさえ麺の甘みが強いのに、それが生姜でソリッドに絞り込まれ、さらに鶏の旨味で浮き彫りとなって……いやぁ、コイツは美味い。塩味でなく生姜と旨味で押し出すタイプですので、「鶏絲湯麺」によくある縮れ麺にしてもう少しスープを持ち上げさせても、面白いかも。
とりジンジャー@御徒町・20220812・ジンジャーとりジンジャー@御徒町・20220812・チャーシュー
 具材は、鶏ムネ肉の薄切りと、メンマ、おろし生姜とフライドオニオンに、チョコンとカイワレとクコの実が乗り、さらに今どき珍しい店名入りの海苔。鶏ムネ肉は写真では分かりにくいかもしれませんが低温調理的な質感と味わいで、当然のように鶏スープにはピッタリと合います。メンマは上質な穂先を使ってあり、風味だけでなく味付けも万全。そして、この一杯の業界への貢献は、このフライドオニオンで、生姜でキレキレの世界観になりそうなところへ、グッと重みとコクを深める見事な役回りで、これは模倣されてしかるべき見事なアイディア。

とりジンジャー@御徒町・20220812・卓上マンガ
 店員さんに声をかけて、「追いジンジャー」を試してみようかとも思いましたが、最初から投入されている生姜の「加減」が「完璧」であることを、中盤までに確信したのでこれで満足。しかし、こうして「NANNISH」に追いつき、さらにその地平を広げる店が、しかも宝石デザイナーと兼業する方のお店から出てこようとは……つくづく、ラーメン業界というのは面白いところですな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

ウミのチカラ@秋葉原・仲御徒町 「塩らーめん(3種の貝出汁)」

ウミのチカラ@秋葉原・20220423・路地
 スマホでいつものように、先人のブログをありがたく拝見していると、秋葉原「ウミのチカラ」の情報が。すでにオープンして2年半のお店ですので、何か限定でも出したかと読み進むと、なんとレギュラーニューが大幅改訂。しかも、どれも実に美味そう……週末は早速、アキバの路地を店へ向かっておりました。
ウミのチカラ@秋葉原・20220423・店舗
ウミのチカラ@秋葉原・20220423・メニュー
 2019年オープンのこのお店、千葉・船橋を中心とする「まるは」グループの東京初進出店でした。当時のメニューは「真鯛(塩)」と「鯖だし(醤油)」のラーメン&つけ麺でしたが、現在は「真鯛そば」と「海老白湯らーめん」、そして「3種の貝出汁」を使うという「塩」「醤油」というラインナップ。貝出汁ブームを見事にキャッチアップしてますな……早速、「塩ラーメン」(780円)に「味玉」(100円)つけて、ポチッとな(券売機制)。
ウミのチカラ@秋葉原・20220423・丼物
 さらに注目は「本日の丼物」、オープン時は日替わりの「漬け丼」が人気でしたが、これがさらにパワーアップして、ご覧のような豪華なラインナップ。「究極のかつを節ごはん」(200円)あたりに思わず手が伸びそうでしたが……自己ルール(副食禁止)を自分に言い聞かせて、泣く泣く断念。
ウミのチカラ@秋葉原・20220423・塩ウミのチカラ@秋葉原・20220423・スープ
 ネギや青菜の「ラフ」な感じが、ちょっと千葉っぽくて元千葉県人としては密かにワクワク。それでは、スープをひと口……さすが船橋、貝汁のなんたるかを極めてらっしゃる。「江戸前」とありますが、おそらく船橋産のホンビノス貝とアサリ、それに北海道産のホタテの貝3種から出した濃厚出汁、混然としながらも濃厚な風味が舌に押し寄せてきます。昆布を使って旨味を強調、さらに塩ダレの使い方が実に絶妙で、貝の風味と旨味を活かしたギリギリのレベルで、ビシッと塩をきかせて痛快なキレ……世間は貝出汁ブームですが、ここまでハイレベルな「潮汁」系貝スープは、まず滅多に出会えません。
ウミのチカラ@秋葉原・20220423・麺
 麺は、中細ストレート。加水率高めの麺を、コシを十分残しながらもしなやかにゆであげ、食感・ノド越しともに文句なし。さらに、スッキリとした麺の甘みが、濃厚な「真鯛」の時は力不足に感じましたが、このキレた貝出汁では、旨味と塩味で麺の甘みがクッキリと浮き彫りになって、コラボレーションもハイレベル。いやぁ、こいつは美味い。
ウミのチカラ@秋葉原・20220423・具材ウミのチカラ@秋葉原・20220423・チャーシュー
ウミのチカラ@秋葉原・20220423・貝
 具材は、チャーシュー、ホンビノス貝、小松菜に海苔、ネギ2種と糸唐辛子といった薬味類に、追加の味玉。肩ロース・チャーシューは、低温調理気味に仕上げてありますが、味もシッカリついており、厚みもあって歯ごたえも十分、貝出汁にここまでシッカリとしたチャーシューを添えるのはそれなりに冒険だったでしょうが、仕上がりは見事。貝には、ホンビノス特有の殻のトガリと紫のワンポイントがありませんでしたが、身の味と殻の質感からホンビノスだと思いました。辛さを活かした白髪ネギや小松菜も、キレたスープにはピッタリですな。

ウミのチカラ@秋葉原・20220423・ポスター
 2年半前にいただいた時は、千葉・船橋的なワイルド感が、かつて千葉西北部で食べ歩いていた私には「ツボ」でしたが……もはや、業界を巻き込みつつある「貝出汁ブーム」のただなかにあっても、覇を唱えるに十分な実力を示しつつあると思えるような、極上の一杯。いまはまだ、週末は常連さん中心のお店のようで、周囲の「粋な一生」や「大喜」といった有名店には人気で及びませんが、すでに実力的には十分に凌駕しつつあるおみせでした。行列なしで通えるのは、今のうちだけかも知れませんぜ。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

蔵前中華そば 高ひろ@蔵前 「煮干しとしらすのらーめん 塩」

高ひろ@蔵前・20201220・路地裏
 木枯らしが吹いておりますが、気温はなぜか20度以上という、なんだか不思議な気候の11月下旬。コロナの新規陽性者も増えてきたし、そろそろ妙な営業制限がかかりそうな気配、その前にオープン直後の行列を避けていた人気店に挑戦。
高ひろ@蔵前・20201220・店舗
高ひろ@蔵前・20201220・メニュー
 9月オープンのこのお店、イタリアン「プリマベーラ」が業態変更してできたお店とか。メニューは「丸鶏醤油らーめん」と「煮干しとしらすのらーめん」の塩と醤油。メニュー名に「しらす」が入るのも珍しければ、醤油よりも塩を先に並べたメニューレイアウトもちょっと気になる。ここは、「煮干しとしらすのらーめん 塩」(800円)で。
高ひろ@蔵前・20201220・塩高ひろ@蔵前・20201220・スープ
 しらすの赤と、九条ネギの緑が、なんとも鮮やかに映える丼景色。まずは、スープをひと口……能書きからは想像できない、なんとも優しい味わい。能書きでは、煮干しに「香川県伊吹産のいりこを中心に、瀬戸内のいりこ、千葉県九十九里産の青口煮干しの数種類」を使っているとのこと。これら煮干しの顔ぶれなら、かなりクセのあるハードな風味になりそうですが……クセもなく柔らかな風味で、驚くほど旨味が豊か。この出汁に、鶏のスープを加えて優しさとたおやかさをさらにアップ、塩ダレも実にマイルドでソフトな効かせ方……ホッとひと息つける、そんなくつろぎの味わいです。
高ひろ@蔵前・20201220・麺
 麺は、やや太めの中太縮れ。多加水麺に手もみ的な強いネジレがついており、扁平した断面からも喜多方的なニュアンスが感じられますが……結果的には全くのベツモノ。北海道産小麦100%使用ゆえの純朴な風味、さらに多加水な上に非常に柔らかめにゆであげて、まるで「妖精」のようにピュアな味と食感。コイツがどこまでも優しいスープに、まるで溶け合うように馴染む上、縮れでスープをタップリと持ち上げ、微妙な煮干し風味が全体をそっと引き締めて……いやいや、なかなかのカタルシス。
高ひろ@蔵前・20201220・具材
 具材は、チャーシュー、メンマと、しらすにナルト、薬味は九条ネギに加えて白ネギをパラリ。白眉はなんといってもしらすとネギ。しらすは佃煮的な味付けをした上で炒った感じのモノで、スープ・麺が醸す「優しい世界」に、ビシッと彫りを刻んできます。九条ネギも京都の契約農園直送で、同地で同ネギには親しんだ私でも、「おっ!」と驚くハードな味と食感。スープ・麺が形作る「優しい」世界が「完璧」であるほど、このしらすとネギの「薬味」感が、実に鮮烈に感じられますなぁ……これは見事。

高ひろ@蔵前・20201220・卓上
 週末の蔵前でラーメンを食べ歩くと、2~3人連れの地元客が多いことに驚きます。それを見込んでかこの店も、カウンター席よりテーブル席が多いレイアウト。2人以上はテーブル席へ、1人客はカウンター席へと、誘導も徹底していますが……しかし、お店の「行列捌き」は、2~3人客が先頭待ちすれば、そのあとが一人客であっても待たせる不思議。結果としてカウンターがガラガラでも、店外で一人客が何人も待ってたり。コロナの影響で客席にセパレーターが設置され、カウンターへ無理に2人以上客を通すこともないのであれば、これからの寒い季節には、工夫の余地ありかも知れません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

麺屋 上々@蔵前 「鴨塩」

上々@蔵前・20200912・交差点
 雨の週末、例によってなるべく地下鉄出口から近いお店狙いということで、久々に蔵前へ。この交差点近くには家系の名店がありましたがすでに閉店、寂しくなったと思ったら、新店「上々」が6月にオープン。場所は国際通り沿いで、寿三丁目交差点(写真)から30mほど南。
上々@蔵前・20200912・店舗
上々@蔵前・20200912・能書
 ご主人は、本郷三丁目「ねむ瑠」や錦糸町「麺魚」のご出身とか。ということは、強烈な魚介系で勝負かと思いきや、オープン当初のコンセプトは「鴨と魚」で、さらにその後味をリファインした模様(写真)。
上々@蔵前・20200912・券売機
 メニュー名もオープン時から少し変更になり、「鴨塩」「鴨醤油」「鴨油そば」の3系統。蒸し暑さのせいもあり「鴨油そば」が気になりましたが……初訪ゆえ、ここは「鴨塩」(800円)で。店内は厨房を囲むL字カウンターで、余裕のあるレイアウト。小ざっぱりした内装で、椅子とカウンター高さの調整もバッチリです。
上々@蔵前・20200912・鴨塩上々@蔵前・20200912・スープ
 やはり、オープン当初ネットで紹介されていた姿から、ひと皮むけた華やかな丼景色、コロナ禍のご苦労が偲ばれます。まずは、スープをひと口……あのクセの強い鴨が主体とは思えない、洗練された味わい。ベースは丸鴨と水のみを使った清湯で、さらに鴨モモ肉も煮込んであるようですが……あの鴨特有のクセが一切ないのが、実に驚き。エレガントで豊かな旨味と、実に力強いボディ感で、「丸鶏上湯」の間違いじゃないかと思えるほど。これに、岩塩と伊吹いりこ、アゴ、サバ、昆布、香味野菜、さらに本枯れ節で煮出したという塩ダレを合わせていますが、こちらも魚介系特有のクセを抑えて、旨味のみを引き出してあります。「鴨と魚」のバランスはまさにイーブン、オープン当初は鴨と魚介系を一緒にスープへ煮出していたようですが、これをスープとタレに分けたからか、非常に洗練された味わいに。
上々@蔵前・20200912・麺
 麺は、菅野製麺製の中太ストレート。やや低加水の麺を少しカタめにゆで上げて、後半へ向けスープを吸わせていこうという作戦。パツッとした口あたりと、強いコシ、甘味も非常に力強くて、「存在感」の強い麺ですが……これはちょっと、スープに対して勝ちすぎているかも。おそらく、オープン当初の多少ワイルドなスープに合わせたモノでしょうが、スープがエレガントに進歩しているのですから、こちらも淡麗にしなやかに、少し改良した方がよいのかも。
上々@蔵前・20200912・具材上々@蔵前・20200912・鴨肉
 具材は、鴨チャーシューにメンマ、黒ナルトに小松菜、薬味は白ネギと柚子が少々。鴨チャーシューは、どこかスモーキーなフレーバーで丁寧に焼きめも入れたもの。単体では絶品で、麺ともよく合いますが、このエレガントなスープとはいかがかな……材木メンマもサッパリとした味付けがイイ感じ。面白いのが柚子の効果で、普通ならただの「サッパリ係」ですが、コイツは「全体の味を端でキュッとヒネる」ような役回り、さらに卓上の「山椒ピュアオリーブオイル」を回しかけると、ヒネりがさらに力強くなる感じで、目を見張るような効果的なアクセント。

上々@蔵前・20200912・卓上
 コロナ禍で心折れる人、あるいは逆に、歩みが一層強くなる人。ご主人は明らかに後者ですな……鴨&魚介で、これほどのピュアな旨味に溢れた世界は、かつて表現されたことはないような気が。そうした大胆な探求のミナモトになる「強さ」とは、たいてい「家族」の力ということになるのですが……ご主人と一緒にお店を切り盛りされる女性店員の方、お二人の会話から、まだご結婚されて間もない気もしますが(違ったらすみません)……この店からは、まだまだ「イノベーション」が起こりそうな気がしますな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:マジ・オッサン
仕事:銀座・新橋から離れ、今は世田谷系・半フリーランス
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週3杯以内、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR