fc2ブログ

博多らーめん みつぼし@市ヶ谷 「博多とんこつらーめん」

みつぼし@市ヶ谷・靖国通り
 朝は雷雨だったのに、昼になってピーカン晴れと、不安定な天気の土曜日。今日は地下道ウォーキングと決め込んで、お昼も地下鉄駅出口近くの店を選ぶことに。6月オープンの市ヶ谷「みつぼし」へ。靖国通り沿いの「じょんのび」先の路地を入ったところに、店はあります。
みつぼし@市ヶ谷・店舗
みつぼし@市ヶ谷・券売機
 基本的に豚骨専門店で、メニューは「博多豚骨ラーメン(白)」「黒」「赤」の3本立て。夏季限定の「つけ麺」にも惹かれますが、初訪ゆえまずは基本の「白」(700円)で、麺の固さは「ばりかた」指定。麺の茹で時間は10秒とのことで、丼はあっという間に到着。
みつぼし@市ヶ谷・ラーメン
みつぼし@市ヶ谷・スープ
 では、スープを一口……う~~む、なんというか、とっても「淡い」味。かなり乳化を進ませた豚骨ですが、こまかい背脂がビッシリと混じり込んでおり、豚骨の硬質なコクを、背脂が丸めてしまって、マイルドといえばマイルド、しかし、どこかボンヤリとした味の核心。帆立など魚介類も少し使っていると聞きましたが、背脂のお陰でどこへやら。カエシを控えめにして、豚骨のコクを前面に出そうとした意図も、背脂のせいでダイレクトには伝わってきません。
みつぼし@市ヶ谷・麺上げ
 (写真ピンボケでスミマセン)麺は、極細ストレートのいわゆる博多麺で、久留米から取り寄せているのだそう。ゆで上がりはキッチリ指定通り「ばりかた」で、ポリポリと軽快な歯切れが心地よい。しかも、甘味も結構強く、ゆで湯管理のたまものか、粉っぽさも一切なし。なかなか食べ応えのある麺です。
みつぼし@市ヶ谷・高菜
 具材は、チャーシュー、キクラゲに万能ネギ。卓上にはニンニク、辛子高菜、紅ショウガ、胡麻などが用意されています。私としては珍しく、中盤手前からニンニク・辛子高菜を投入開始、特に辛子高菜による旨み増強を期待していましたが、もともと辛味重視の一品らしく、背脂のせいもあって試みは不発。どうにも「煮ても焼いても」状態に……

みつぼし@市ヶ谷・卓上 背脂を加えれば、単純にコッテリ感が増すと考えるのは間違いで、舌を脂がコーティングすることで味が伝わりにくくなり、むしろアッサリ感が増すような錯覚を感じさせる場合も。使う背脂にもよるのですが……だから背脂を使う一品では、ガツンと濃い目の味付けでバランスを取るのがある意味「セオリ」なのですが、敢えてこの業界のセオリに逆らってみた一杯。しかし、成功例とは言い難いかな……近所の「博多金龍」の博多豚骨が490円ですので、背脂ではない何かで、差別化を図りたいところ。店の名前は「みつぼし」ですが、人気番組「チューボーですよ!」風に評すれば、「星、ひとつ半」といったところで。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:マジ・オッサン
仕事:銀座・新橋から離れ、今は世田谷系・半フリーランス
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週3杯以内、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR