fc2ブログ

らぁ麺 虎武@虎ノ門 「貝出汁醤油らぁ麺」

虎武@虎ノ門・20200809・ロケーション
 7月に入り日々急増する検査陽性者、在宅勤務の一日としたかったのですが、予定が入っていたので西新橋へ。どうせここまで来たのだからと、先日訪れた虎ノ門ヒルズ・ビジネスタワーを再訪、しかしお目当てのお店は14時過ぎにして品切れか満席で、タワー近くの新店「虎武」へ向かいました。
虎武@虎ノ門・20200809・店舗
虎武@虎ノ門・20200809・券売機
 コロナ真っ最中の3月オープンという気合の入ったお店、このロケーションにしてこの外装ですから、資本系なのかも知れません。メニューは「貝出汁」の「らぁ麺」が醤油・味噌・辛味噌、それに「貝と鯛 潮らぁ麺」と、限定の「醤油つけ麺」がラインナップ。とりあえず、筆頭の「貝出汁醤油らぁ麺」(850円)をポチッとな、太麺と細麺が選べるそうですが、お店おススメの細麺で。それにしても、「あさり出汁の炊き込みご飯(小)」(150円)とあわせて1,000円とは、なかなか惹きの強い組み合わせですなぁ……堪えるのにひと苦労。
虎武@虎ノ門・20200809・貝出汁醤油虎武@虎ノ門・20200809・スープ
 なんか、「貝出汁」とは思えないような具材構成。まずは、スープをひと口……うん、出汁自体は見事な仕上がり。アサリ・ホタテ・昆布を低温で煮出して、鶏清湯を加えたというこのスープ、貝系の風味はかなりリッチで、昆布との旨味シナジーもなかなかのレベル。これに合わせる鶏清湯も、常識的には鶏油をほとんど取り除くのでしょうが、敢えて微妙に多めに残して、別角度からリッチ感を加えています。ただし、小豆島の生醤油などを使ったというカエシがやや濃くて、貝の風味がもうひとつ伸びてきませんな。
虎武@虎ノ門・20200809・麺
 麺は、三河屋製麺製の細ストレート。細麺なのに断面をさらに扁平させ、さらにしなやかにゆで上げることで、実に素晴らしいスープ持ち上げ。全粒粉使用で麺肌に浮かぶ粒々、しかしベースは穏やかな甘さの北海道産小麦で、そのコントラストも実にグッド。そしてトータルとして「上品」感に収斂させるあたりが、さすが三河屋さんですなぁ。
虎武@虎ノ門・20200809・具材虎武@虎ノ門・20200809・チャーシュー
 具材は、チャーシューが2種と刻みタマネギ、そして青菜と白髪ネギ。チャーシューは、低温調理の豚肩ロースが2枚と、ジックリ味付けた豚バラ肉が1枚で、プライシングを意識したのか異色の豪華さ。ですが、刻みタマネギもそうですが、魚介ラーメンの具材シフトではありませんなぁ……とくにタマネギと貝出汁のコンビネーションは無理があったり。

虎武@虎ノ門・20200809・能書き
 非常に上質の貝出汁と、非常に上質の麺。そうした立派な「骨格」をどう活かすべきか、まだ試行錯誤の段階にあるような一杯。具材のシフトを見るにつけ、そして卓上の「黒煎り七味」、「花椒油」といったアイテムを見るにつけ、ここは「味噌」でこそ真骨頂を発揮するお店なのかも知れません。また「虎ノ門横丁」にフラれたら、再訪してみたいと思います。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:マジ・オッサン
仕事:銀座・新橋から離れ、今は世田谷系・半フリーランス
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週3杯以内、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR