FC2ブログ

らーめん 子うさぎ@神保町 「醤油ら~麺」

子うさぎ@神保町・20171119・白山通り
 担々麺が4~5回続いてしまったショックからまだ立ち直られず、醤油か塩を探し求める日々が続きますが……神保町の宿題店も、すべて担々麺か辛い系。その中で唯一「子うさぎ」が、醤油もやっているということで訪店。場所は、「かめぞう」のはす向かいあたり。
子うさぎ@神保町・20171119・店舗
子うさぎ@神保町・20171119・券売機
 10月オープンのこのお店、神泉「うさぎ」の支店で大塚にも同名の店があるとか。メニューは「醤油」「汁無担々麺」「担々麺」の3系統で、券売機上は「醤油」が筆頭ですが、店内のポップや店員さんの会話からは、担々系に力が入っている模様。しかし、もちろんチョイスは決まっており、「醤油ら~麺」(750円)と「味玉」(100円)をポチッとな。
子うさぎ@神保町・20171119・店内
 効率的な店内レイアウトで、カウンター席だけでも20席前後、店員さんも土曜ランチタイムで4人配置と、かなり充実した体制ですが……この日は先客も後客もゼロ。でも、店員さんたちの会話はメニューや調理のブラッシュアップに関するもので、前向きな姿勢に好感度大。
子うさぎ@神保町・20171119・醤油子うさぎ@神保町・20171119・スープ
 整えられた麺線に、気合が感じられる丼景色。まずは、スープをひと口……独特の「まろみ」が印象的ですな。バランス的には魚介系が前面で、節系をやや強めて、煮干しや昆布と合わせた模様、魚粉も併用して軽くインパクトも加えています。しかし、特徴的なのは実はカエシで、キレよりもコクの深さを感じさせる醤油に、魚醤を合わせ上品な「まろみ」と旨味でまとめ上げてあり、それが魚介出汁と見事にシナジーして……いや、ある意味地味ですが、コイツはなかなか美味い。脇役に徹している鶏の清湯も、実はなかなかいい味出してます。
子うさぎ@神保町・20171119・麺
 麺は中細のストレート。パツッとした口あたりと、ポクポクトした軽快な歯切れ、魚粉を使うスープに対してこういうタイプの麺は、もはや「王道」的なコンビネーション。加水率のせいか、後半に向け徐々にスープを吸っていき、独特の「まろみ」と小麦の甘さが一体となって……いやいやホント、いい味出してますなぁ。
子うさぎ@神保町・20171119・具材
子うさぎ@神保町・20171119・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、水菜にネギ、そして追加の味玉。白眉はなんといってもこのチャーシューで、ただの「炙り」とはちょっと思えず、炭火で焼いてあるかあるいは少しスモークしてあると思われるぐらい、実に格調高い香ばしさ。その調理過程で着いたと思われる串跡が、自家製であることを物語ります。水菜はやや多めに感じますが、ネギとのコンビネーションはドンピシャリ。

子うさぎ@神保町・20171119・卓上
 全体としては、90年代後半から2000年代くらいにかけて、模倣され尽くした感のあるスタイルですが、魚醤によるコーディネートやチャーシューの突き詰め方に、さらなる地平を切り開こうという「意欲」が感じられる一品。最近、こういうネオ・クラシカルな作品に、「佳作」が多い気がしますな……そんなお店の店員さんが、熱心に議論を重ねる「担々麺」、そろそろ連食のトラウマも消えつつありますので、近々挑戦してみたいと思います。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR