FC2ブログ

らーめんと甘味処 九月堂@渋谷 「らーめん(あっさり)」

九月堂@渋谷・20171205・路地
 いまだに、しばらく担々麺ばかり続いた「ショック」から立ち直れず、とにかく醤油か塩を求めて渋谷をさまようランチタイム。でも、渋谷って白湯系の店が多く、アッサリ系の醤油・塩を出す店は少ないんですよね……ま、こういうときはいつも頼りにしている「九月堂」ですな。
九月堂@渋谷・20171205・店舗
九月堂@渋谷・20171205・メニュー
 この店の主力は「らーめん」(770円)で、動物系・魚介系のバランスを変えた「あっさり」と「こってり」のバリエーション。特に「あっさり」は、渋谷では貴重な清湯醤油で、しかも美味い。もちろんコイツをポチッとな。ランチタイムには大盛りかライスがサービスですが、もちろんご遠慮いたしました。
九月堂@渋谷・20171205・あっさり九月堂@渋谷・20171205・スープ
 2年前より、薬味まわりがシンプルになったような気がする丼景色。まずは、スープをひと口……おぉ、微妙にバランスが変わりましたな。カツオ節を、ワザと渋味が出るまで煮出し、ガツンとプチかましてくるスタイルはそのままですが、鶏ガラ・ゲンコツを炊き込んだ動物系の「圧力」が、2年前より微妙に強い。そして、香味野菜や黒大豆を使って、両者の「せめぎ合い」を丸く収めているところが、他店の追従を許さぬ「九月堂」の「秘技」。カエシもキレよりコク重視のセッティングです。
九月堂@渋谷・20171205・麺
 麺は、三河屋製麺製の中太ストレート。以前は少しカタめのゆで上げでしたが、多少しなやかさを強めたようなゆで加減となっており、この世界はまさに三河屋さんの得意領域。魚介系・動物系のバランスが多少変わり旨みもグンと強まったスープを、多少ざらついた麺肌がドップリと持ち上げる上、麺も多少吸い込んで、味の引き立ち方もパワーアップ。いやぁ、美味くなりましたなぁ……
九月堂@渋谷・20171205・具材
九月堂@渋谷・20171205・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、少量の雛あられと、薬味は白髪ネギ・万能ネギに柚子が少し添えられています。チャーシューは相変わらずの極上品、柔らかすぎず適度に咀嚼を誘う噛み応えで、全体にシッカリしみた味わいを、口腔にタップリ振りまきます。2年前と少し変わったのはネギの量で、かつては特に白髪ネギがタップリで、敢えて辛味をアクセントにしていましたが、多少ウルサさもあったあたりが、上手く調整されています。

九月堂@渋谷・20171205・ランチメニュー
 「甘味処」ゆえスイーツも自慢で、そのせいもあり相変わらず女性客を多く見かける店内。こういう客構成で、動物系をやや強める方向に動いたということは……やはり、「肉食系」の女性が増えたのかしら。一方で、渋谷でよく見かけるオシャレな若い男性には「ギタギタ」感があまりなく、イメージとしては臭みのある「豚骨スープ」というより、上品で味わい重視の「お吸い物」のような印象……それはそれで、スタイリッシュでイイですけど。渋谷って実は、「肉食系女子」の「狩り場」になっているんじゃないかと、少し寒気がしたオジさんなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR