めん徳二代目つじ田 勝どき店@勝どき 「濃厚らーめん」

つじ田@勝どき・20180212・交差点
 今日も久々に銀座・新橋方面の仕事場で業務終了、ちょっと寒いですが、また昔のように晴海通りをウォーキングできますな……途中、1月オープンの勝どきの新店「つじ田」をのぞいてみました。あの有名な「つじ田」の支店になりますが、もう何店舗目になるのやら。公式HPが更新されていないようなので判然とはしませんが、味噌や担々麺など派生を除けば9~10店舗目くらい?
つじ田@勝どき・20180212・店舗
つじ田@勝どき・20180212・券売機
 実はこれまで平日夜と休日昼にウォーキングで通りがかっており、休日昼は店外待ち発生ですが、平日夜ならギリギリ待ちなしで入れそうなことを確認済み。メニューは「濃厚つけ麺」と「濃厚らーめん」の2本立て、「つじ田」といえばなんといっても「つけ麺」ですが、さすがに今日は寒いので「濃厚らーめん」(780円)で。
つじ田@勝どき・20180212・濃厚つじ田@勝どき・20180212・スープ
 「つじ田」は店によってかなりボラティリティがありますが、見かけは新橋店より、どちらかといえば日本橋八重洲店に近いものがありますな。まずは、スープをひと口……うんうん、濃厚なのにナイス・バランス。ベースは、比内地鶏の鶏ガラに豚骨を少し合わせたもの、旨味重視でジックリと炊き出されて、濃厚感もひとしお。一方、昆布やカツオ・サバなど節系も風味・旨味が非常に強く、動物系の濃厚感に負けていません。日本橋八重洲店よりも両者のバランスが拮抗しているように感じるのは……だから、あちらはただの「らーめん」なのに、こちらは「濃厚」がつくのかしら。なんとなく、昔の「つじ田」に戻った感じで、結構美味い。
つじ田@勝どき・20180212・麺
 麺は三河屋製麺製で、少しウェーブのかかった中太ストレート。ゆで加減は文句なく、十分なコシを感じさせながら、三河屋製麺独特のしなやかさとソフトな食感が楽しめます。甘みもかなりシッカリしており、濃厚なスープに対して十分対抗(やや負け気味)、以前はもう少しスッキリした味の麺だったと記憶しており、あるいは改良されているのかもしれません。
つじ田@勝どき・20180212・具材
 具材は、チャーシュー、メンマ、海苔にネギ。チャーシューは、大判で厚切りの豚肩ロースが1枚、ただ結構カタく箸でつまんでも板のように突っ張る上に、食感もいわゆる「コンビーフ」型で、味はともかく……少なくとも日本橋八重洲店のチャーシューは、もう少し柔らかかったような。メンマは相変わらず濃い味付けで、相手が濃厚なスープでもキッチリとアクセントを加えてきます。

つじ田@勝どき・20180212・卓上
 新橋店で軽くショックを受けて以来、しばらく「つじ田」からは足が遠のいておりましたが……「つじ田」健在が実感できて、ご同慶の至り。あとは具材を少し詰めていただければ、完全復活も間近かかも。なお「つじ田」の「つけ麺」には卓上の黒七味が合いますが、この「濃厚らーめん」なら胡椒が合いますので、機会がありましたらお試しあれ。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR