FC2ブログ

濃厚鶏そば 麺屋 武一@汐留 「濃厚煮干し鶏つけそば」

武一@汐留・20180306・シティセンター
 またしても、宿題店がほとんど担々麺となってしまった金曜夜。最近はどうして、担々なお店ばかりができるのか……こんな気分のザラついた夜は、「安定の一杯」をキメるに限ります。まだ行ったことがなかった汐留の「武一」へ。場所は汐留シティセンター(写真)の2階で、かつて「ひかり製麺堂」というお店が入っていた一画。
武一@汐留・20180306・店舗
武一@汐留・20180306・メニュー
 2016年8月オープン、「武一」といえば2012年に新橋からスタートしたお店ですが、鶏白湯ブームとともに国内14店舗・海外7店舗と大繁栄、いまや押しも押されもせぬ存在に。メニューは創業時以来の「濃厚鶏軟骨醤油そば」「濃厚鶏白湯そば」「鶏つけそば」といったラインナップに、いまは閉店した新橋「海老SOBA たけいち」のオマール海老系の一品が引き継がれており、味噌・辛味噌・まぜそばや煮干し系も加わってきています。とりあえず、面白そうなところで「濃厚煮干し鶏つけそば」(740円・税別)を並で。
武一@汐留・20180306・濃厚煮干し武一@汐留・20180306・つけ汁
 つけ汁のモコモコとした表面が、「濃厚」感を漂わせる丼景色。まずは、つけ汁をひと口……おぉ、「武一」にしてはかなりワイルド。鶏白湯に、魚粉を直接合わせるタイプの鶏魚介、よくあるタイプではありますが、魚粉・節粉が少し粗挽きなのか風味の弾け方にメリハリがあり、カエシもかなり濃いめで派手なキレ。しかし、ベースの鶏がシッカリしているため、ここまで荒っぽいイジリ方をしても破綻せず、なんとなくまとまってしまうところが「武一」ですな。
武一@汐留・20180306・麺
 麺は、かなり太めの中太弱縮れで、やや平打ち気味の断面。プルッとした口あたりと、モチモチと弾力あふれる噛み応えで、多加水のわりに甘みも結構パワフル。それでも、ワイルドなつけ汁に対してはやや負け気味ですので、あまりドップリとくぐらせない方が得策かも。和蕎麦のような麺の浸し方を心がければ、イイ感じでバランスします。
武一@汐留・20180306・具材
  具材は、鶏チャーシューにメンマ、海苔と水菜に、薬味のネギ。このあたりは、主力の「濃厚鶏軟骨醤油そば」とほぼ同じ具材構成ですが、鶏つくねが入っていないところが、チョイとさみしい。
武一@汐留・20180306・スープ割り
 スープ割りは、注文時に供される卓上ポットから。中身は半濁の鶏ガラスープで、これを注げば魚介や醤油のボルテージがスッと下がり、サッパリと落ち着いた味に変身します。このあたりの演出は、「武一」らしい手慣れたもの。

武一@汐留・20180306・つまみ 名家のお嬢さんが、週末チョイと09ファッションに身をかためて渋谷を闊歩したものの、どうしても育ちの良さが隠し切れないといった……そんな一杯。このメニューは同店の「売れ筋ランキング・らーめんの部」では第4位だそうですが、それにしても感心するのは「おつまみの部」のバリエーションの多さ。金曜夜でテーブル席は酔ったリーマンで大賑わい、汐留のリッチなリーマンでしょうから、さぞかし客単価も高いんでしょうな……「武一」の躍進は、まだまだこれからのようですな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR