fc2ブログ

担々麺 かんだ橋@神田 「担々麺プレミアム」

かんだ橋@神田・20220226・工事
 ファイザー&ファイザーにモデルナのブースターをキメた今週、噂通り強烈な副反応のフルコースで、48時間の行動不能を経てついに復活。もはや怖いものはないと、しばらく避けていた山手線を使って神田へ。目指す新店は、天下一品が面する通り(写真)から一本西側(天下一品の裏手)。
かんだ橋@神田・20220226・店舗
かんだ橋@神田・20220226・券売機
 2月オープンのこのお店、テーブル上の口上をみると、高崎のバイト仲間二人が、ほぼ独学で立ち上げた模様、テーマは「優しさ香る担々麺」。メニューは、小ご飯がセットされた「担々麺P(プレミアム)」(900円)一択、当然コイツをポチッとな。
かんだ橋@神田・20220226・担々麺かんだ橋@神田・20220226・スープ
 褐色がかった芝麻醤の色合いが、結構ユニークな丼景色。まずは、スープをひと口……高崎の2人が目指した優しさと香ばしさ、たしかに表現されていますな。おそらく芝麻醤は、黒胡麻と白胡麻を合わせたもので、その配合と丁寧な作り込みにより、「香ばしい甘さ」と「優しさ」を、濃厚感の中に結実させています。辣油・花椒による麻辣は、醤油ダレとともに胡麻のコクと風味を挽き立たせる程度のきかせ方で、誤解を恐れずに言えば、担々麺というより「胡麻ラーメン」に近い。
かんだ橋@神田・20220226・麺
 麺は菅野製麺製で、担々麺にしては太めの中太ストレート。かん水が少ないのか白っぽい中加水麺は、国産小麦っぽい大人しい甘さ。これが優しいコクの芝麻醤を持ち上げて……ある意味、燃えるような激しさの四川系担々麺とは対極にあるような。実に平和で静かな穏やかさ。
かんだ橋@神田・20220226・具材かんだ橋@神田・20220226・麺上げ
 具材は、肉味噌、搾菜に、水菜がタップリ。肉味噌は結構濃いめの味付けで、麺とスープが優しく穏やかなコンビネーションなだけに、実に効果的なアクセント。敢えて薄味の搾菜も、肉味噌とは対極的なサッパリ感を加える役回りで、なんとも見事な脇役ぶり。ただ、この水菜には賛否あるかもしれませんな……動物系ではなく、胡麻系の濃厚感に、搾菜や青梗菜を合わせた先人の知恵を、よく吟味すべきかもしれません。
かんだ橋@神田・20220226・ライス
 自己ルールではNGですが、メニューがこれしかないので担々オジヤでシメ。それでもご飯をよそおう際に、「普段麺でご飯って食べる方ですか?」とご質問いただき、少しご飯を減らせてもらったのは好感度大。優しく、香ばしく甘いこのスープですから、大人しい甘さのあの麺が合うように、ご飯も当然のごとくピタリと合います。まるで、ジグソーパズルの最後の1ピースが、ゆっくりと収まり小さく光るみたいに。

かんだ橋@神田・20220226・卓上
 実は内心驚いたのは、この店の「対応の速さ」。オープン直後に先人がネットでレポートされ、穴あきレンゲの必要性や、辛さを調整する卓上調味料の必要性を指摘されていましたが、オープン2週間後の本日までに、穴あきレンゲも辛味調味料も卓上に標準装備。本日厨房でワンオペだった若い方も、たぶん「高崎の2人」のお一人なんでしょうな……外部の意見をすぐに取り入れる、若さならではの柔軟性、意外にこの店、大化けするかもしれません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:マジ・オッサン
仕事:銀座・新橋から離れ、今は世田谷系・半フリーランス
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週3杯以内、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR