らーめん 兵衛@御徒町 「ちゃーしゅーめん」

兵衛@御徒町・御徒町
 カンカン照りになったGW初日、今年初の「汗ダク・ウォーク」を覚悟しながら、ウォーキング出発点へ移動。途中、ちょっと寄り道して御徒町「兵衛」へ。
兵衛@御徒町・店舗
兵衛@御徒町・メニュー
 ここは何軒か店が入れ替わり、先日までは「むぎのいえ」だった場所。看板だけを入れ替えて、内装・外装そのままの、完全な居抜きです。メニューは「らーめん」「ちゃーしゅーめん」のみで、「大盛」以外はトッピングもなし。営業時間や定休日の掲示もなく、まだ「試験営業」的な段階なのかもしれません。注文は「ちゃーしゅーめん」(950円)、丼は約6分で到着。
兵衛@御徒町・ちゃーしゅーめん
兵衛@御徒町・スープ
 では、スープを一口……全く小細工なしの、ピュアな鶏白湯。サラリとした飲み口のこのスープ、雑味はもちろんのこと、鶏特有のイヤラシサもなく、フンワリとした甘味と優しいコクが口腔を満たして、サラリと喉奥に消えていきます。味付けは塩ダレがごく少量入るのみで、世のラーメン店でも最も塩加減が控えめなレベル。濃さが足りないと感じたら、卓上のポッカ・レモンや塩で調整することができ、私も終盤試してみましたが……なんかこう、妙なケバさが出てしまい、「素顔美人」的なスープのイメージを損ないます。
兵衛@御徒町・麺上げ
 麺は中太ストレート。パンと張った麺肌で、ツルリとした口あたりとノド越し、スッキリとした甘味が印象的で、スープのナチュラルな甘味によく合います。スープ同様、具材も超シンプルで、チャーシューとネギのみ、ネギにパラリとかかる黄色い粉は、乾燥柚子粉です。バラ肉チャーシューは、肉の旨味を活かすような控えめな味付け。この辺りで、味の起伏をつけてくるかと思いましたが、豚の肉汁の風味だけで、十分に起伏になっているという解釈なのか、なんとも繊細なバランス感覚。

兵衛@御徒町・卓上 一つ一つの食材本来の味わいを慎重に組み合わせれば、最小限の「調味」でも、ラーメンとして十分に成立することを実証するような、ちょっと「実験」的な一杯。かの「ラーメン・ゼロ」は魚介系で同種のテーマに挑戦しましたが、それを鶏で試みている格好ですな。「アリ」だとは思いますが、その魅力を受け止めるには、客にかなり繊細な感覚を要求しますが……ここは何軒もラーメン屋が入れ替わった「鬼門」の地。客に何かを要求するのではなく、客を惹きつけ無理矢理引っ張り込むような「強引さ」が、必要じゃないかと思えたり。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR