ZOOT@浜松町 「味玉つけ麺 こってり味」

 この店では、開店直後に「つけ麺」をいただき、その美味さに感心しました。その後、「」「醤油」といったラーメンもいただきましたが、その実力からか昼時には待ちすら発生するようになり、行列嫌いの私としては足が遠のいてしまいました……その後、つけ麺が「あっさり」「こってり」から選べるようになって、味も少し変ったとか。早速訪店(28日)。
ZOOT@浜松町・店舗2
ZOOT@浜松町・品書き ドアを開けるとほぼ満席の店内、「テーブル、合い席で」と、開店当初から変わらぬサバサバした接客。当然つけ麺狙いですが、開店当初の味と比較するなら醤油系になりますな……「味玉つけ麺・こってり味」(850円)を注文。しかし、「にんにくバジルオイル」の「あっさり味」も、かなり気になる。丼は、約6分で到着。

ZOOT@浜松町・つけ麺こってり

 では、つけ汁を一口……おぉ、「均整」重視のバランスになりましたな。開店時は、各種節系に鯵干しなども使って、さらに鰹節粉で「追い鰹」的なアレンジを加えるという、濃厚な魚介系が印象的でした。しかし、鰹・煮干しは感じるものの、ややシンプルな味わいに。そのせいか、以前は魚介系に圧倒されていた豚骨・鶏ガラの動物系が、クッキリ・クリアに感じられるようになりました。この「均整」のとれた魚介系と動物系に加えて、酸味や柚子の風味、そして醤油カエシや背脂まで、すべてが「均整」重視の設定で、やや「総花的」ではあるものの、この「バランスの妙」は捨てがたい。

 麺は平打ちの太麺ストレート。そのまま一口いただきますと……見た目は開店時とほぼ同じですので、相変わらず「国産小麦100%」なのかも知れませんが、風味・甘みが随分「太く」なっており、この麺は美味い。

 こいつをつけ汁につけ、ズバァ~~ッとイキますと……普通に箸で持ち上げる分には、ややつけ汁との絡みが弱い。つけ汁の丼に口をあて、麺とつけ汁をすすり込むように頬張りますと……麺の味が強い分、つけ汁を相当絡めないとバランスが出ないようですが、上手くサポートすればナカナカのお味。

 具材はバラ肉チャーシューに味玉・ネギに、麺に振りかけたフライド・ガーリック。バラ肉チャーシューは相変わらず肉汁タップリで、つけ汁の濃さに対してコントラストを意識した味付けで、クッキリとした味わいが好印象。フライド・ガーリックも多すぎず・少なすぎず、背脂と呼応してコクを一層太くします。

ZOOT@浜松町・ワインリスト
 かつて、古生代から中生代の海を支配したアンモナイト、しかし、中生代も後期の白亜紀に入ると、「異常巻き」と呼ばれる無数の奇形種が大繁殖。ある学説によれば、地域固有のニッチな環境に特化した結果なんだとか……いまや「豚骨魚介」も、あちこちで独自の発展を遂げ「奇形」とも思える一品が増えました。そんな中では、こういうバランス重視の「正統派」を食べると、なんかホッとするというのが、正直なところ。

 お店情報はこちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR