塩逸品 五代目けいすけ@新宿 「塩ラーメン 白湯 大人の燻製味玉入り」

 週末からの雨が上がり切らない月曜日(22日)、新宿方面の用事を済ませ、お昼前に新宿駅に駆け込みました。もうすぐ正午だし、雨の中移動もしたくないしという訳で、ルミネエストに出店した「五代目けいすけ」へ。
五代目けいすけ@新宿・店舗
 お店は7階レストラン街にあり、以前札幌ラーメンの「さっぽろ大心」があった場所。店内レイアウトもほぼそのままで、居抜きに近い状態のようです。
五代目けいすけ@新宿・メニュー五代目けいすけ@新宿・日替わりスモーク
 メニューは「塩ラーメン」が「あっさり」と「こってり」の二種類、それに「塩つけ麺」という基本ラインナップ。さらにこの店のウリは、この「日替わりスモーク」で、なんでもスープにスモーキーなフレーバーが仕込んであるんだとか。ちなみに、月曜は「桜」のフレーバー。注文は「塩ラーメン 白湯 大人の燻製味玉入り」(980円)、丼は約10分で到着。
五代目けいすけ@新宿・丼登場 出ました、いかにも「けいすけ」的なド派手な演出。配膳の際に「蓋をあけて香りをお楽しみください」とのご案内、顔を近づけ蓋を取ると、スモークの香りがフワッと鼻腔を満たし、スッと跡形もなく引いていきます。

五代目けいすけ@新宿・塩ラーメン白湯

 ではまず、スープを一口……うん、これは結構好みの仕上がりですな。鶏白湯を、鶏油が完全に乳化するまで炊き込まず、目視できる程度の微細な油滴を残す仕上げ方。こうすると、鶏油の香りと鶏の旨み・コクの双方を、活かし切りながらバランスさせることができで、さらに鶏油のクドさも、コラーゲンでサラリとカバーできてノド越しも良い。
五代目けいすけ@新宿・麺上げ
 塩ダレも、実にマイルドな効かせ方で、これなら鶏の旨みも活きてきます。スモークの併用はかなり危険なギャンブルですが、意外に鶏の香りを邪魔せずに、シットリと穏やかな「陰影」をスープに加えて、この辺りの「美的感覚」もなかなか。

 麺は中細の弱縮れ。ツルリとした麺肌で、すすり心地の良いものですが、勢いよくススると結構汁ハネします。そういうスタイルで食べたい方は、店員さんのお薦め通り紙エプロンをされた方が。

 バラロールチャーシューに穂先メンマ、燻玉といった具材群も上々の仕上がり、しかし問題は……これでもかと入る、このネギ。加熱されていないため独特の辛さが実にウルさく、大量に入っているためどこまでもスープを邪魔する。食後は、口腔も鼻腔もネギ臭さで満たされ、あの鶏の豊潤な香りも、スモークの香ばしさもどこへやら。

五代目けいすけ@新宿・カウンター 「けいすけ」系を食べる度に思いますが……ラーメンに「メッセージ」を詰め込み過ぎる。やりたいこと、試してみたいことが山ほどあって、その中から3つも4つもアイディアを詰め込んで、さらに客が組み合わせる自由度も大幅に許して「飽き」を防いで……それが「リピーター」につながるという「理屈」。それはそれで、商売として「理論的」なのかも知れませんが……多くの人が受け入れられる「シンプル」なメッセージを「愚直」に追い求めなければ、「真」のリピーターは生まれないのでは? そんな気がした、オジさんなのでした。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR