油そば 力@高田馬場 「油そば(しょうゆ)」

力@高田馬場・20131118・早稲田通り
 いよいよ秋の健康診断も目前、今年は体調調整しないことに決めていますが、やはり直前になるとちょっと気になる。久々に歩く早稲田通り、野菜たっぷりスタミナ系にするか、油そばにするか迷いましたが……「油そば 力」さんに決定。
力@高田馬場・20131118・店舗
力@高田馬場・20131118・券売機
 今年7月にオープンした油そば専門店、券売機は店外設置で、メニューは「しょうゆ」「辛味噌」「塩」の3系統、並盛(180g)・大盛(270g)・特盛(360g)すべて同一価格です。店構えからして資本系の臭いがせず、こういう個人店は「本気モード」の一品を出すような気がしますな……まずは、筆頭メニューの「油そば(しょうゆ) 並盛」に挑戦。
力@高田馬場・20131118・しょうゆ
力@高田馬場・20131118・混ぜ後
 混ぜ込む前に、まずは麺を一口……おぉ、なんかこう女性的な味わいですな。モチモチ感をしっかり残しながら、かなりソフトなゆで上がり、シットリとした口あたりの麺を噛みしめますと、上品な甘みがフワリと舌に広がって、「清楚」な印象のお味です。具材はサイコロ・チャーシュー、メンマ、海苔・水菜にネギがタップリ。これらと一緒に麺・タレを混ぜ込みますと、小麦色にドンドン染まって何とも艶やか。
力@高田馬場・20131118・麺上げ
 そして、ヂュルリッと一口いただきますと……うん、コイツは美味い。タレは結構動物性のコクが強く、脂肪分によるコッテリ感も適度に強い。タレ量も、醤油が麺の味を覆い隠してしまわぬよう、非常に慎重に調整されています。「少女」的な味わいの麺が、少し野性的なタレをまといながら、グッとグラマラスな魅力を振りまいて……なんか男性本能を直撃するような、ちょっとセクシーなお味。
力@高田馬場・20131118・辣油投入
 中盤に、卓上の辣油・酢を加えて味変、辣油は例によって1.5周ほどかけましたが……これが結構辛い。世の油そば専門店の辣油は、「ホントに辣油?」と思わせるくらいソフトな辛さですが、コイツはそうした業務用とは少し違う模様。コク・キレにくわえて胡麻油の風味もホンノリ添えられて、グラマラスな風味に、さらにシャープな野性味を加えます。

力@高田馬場・20131118・卓上 麺本来の清楚な魅力に、グラマラスな色気が加わって、「ボンテージ」系のシャープさが加わったような、男性目線からは極めて「魅力的」な一杯。無料で塩スープがついてきますが、コイツで舌をリセットしつつ、ドンドン「艶」が深まる世界とイッたり来たりしているうちに……本当にイッてしまいそうな一杯。ちなみに、予習したネット評価(オープン時のもの)とは、塩スープの味などかなり違う印象を受けましたので、開店5カ月で相当改良も進んでいる模様。私の記事含めて情報に惑わされず、まずはご自分で試されて、イッてしまわれることをおススメします。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR