麺や 庄の@市ヶ谷 「ネオ竹岡式らーめん」

庄の@市ヶ谷・20141125・釣り堀
 秋深し、隣は何をする人ぞ……ポカポカ陽気となった土曜日、市ヶ谷の釣り堀も結構な客入り。そんな光景を横目で見ながら、久々に市ヶ谷の名店「麺や 庄の」へ。
庄の@市ヶ谷・20141125・店舗
庄の@市ヶ谷・20141125・ポップ
 狙い目はこの「ネオ竹岡式らーめん」(990円)で、14日より2週間の予定で提供中の創作ラーメン、お店のHPによれば、常連さんとの「共同作」とのことです。ちなみに「竹岡式」とは千葉内房のご当地ラーメンですが、千葉西南部にも都内にも出す店はほとんどなく、あまり知名度はありません。有名店ですので行列を心配していましたが、なんとか待ちなしで潜り込めました。
庄の@市ヶ谷・20141125・ネオ竹岡式
庄の@市ヶ谷・20141125・スープ
 では、スープを一口……きたきた、これですよコレ。竹岡式では、スープはチャーシュー煮汁を湯で割るだけなのですが、基本構成をそのまま再現。しかし、肉汁をタップリ吸ったチャーシュー煮汁はパンチのきいたコッテリ感で、醤油も本場の竹岡式よりややドライな味わいな上コクもソリッド、さらにサンマの風味がホンノリとニジませてあって……まさに「ネオ竹岡式」の名にふさわしい仕上がり。
庄の@市ヶ谷・20141125・麺
 麺は中太縮れ。本場では乾麺を使いますが、ザラついた麺肌、ホクッとした食感、抜群のスープの吸いなど、本場の雰囲気がよく出ています。スープを油ごとタップリ吸って、褐色に染まった麺をワシワシいただく、これぞ竹岡式の醍醐味ですな。
庄の@市ヶ谷・20141125・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、サンマ、タマネギに糸唐辛子。チャーシューは、バラ肉を約1cm程度に分厚く切ったものが6枚入り。敢えて脂身の多い素材を使い、煮汁にタップリ脂・肉汁を吸わせながら、中はプリプリに仕上げようという筋書きで、その作戦は見事的中。噛むほどに噴出する肉汁が、煮汁ベースのスープと混じり合い、得も言われぬ「口福感」。庄の@市ヶ谷・20141125・サンマ

 サンマは、タレと一緒に煮つけた切り身が一つ。独特の風味と「鮮魚感」が微妙に加わり季節を感じさせますが、まぁなくてもよかったかも。

庄の@市ヶ谷・20141125・卓上 竹岡式インスパイヤというと、湯ではなくスープで合わせるのがよくあるスタイル。しかし、敢えて湯を使い、醤油と肉汁でチャーシュー煮汁のクォリティを進化させて、王道を歩みながら「ネオ竹岡式」を実現しようという意欲作。数々の創作ラーメンでファンを魅了し、最近では「MENSHO TOKYO」でラムを使って新境地を開くなど、その独創性で業界の地平線を押し広め続けた「麺や 庄の」も、今年で創業10年。その記念すべき年にふさわしい、素晴らしい完成度の一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

確かに

秋刀魚の存在が埋もれていたかもしれませんが
スバラシイ完成度の一杯でしたね

ライス無しで乗り越えるとはw
非公開コメント

トラックバック

麺や庄の@市ヶ谷 「ネオ竹岡式らーめん」

あのときオレたち ラヲタ6人 つけ博のテントの下 熱い議論を交わしていた いや 絶対違う アレは間違いなく 「ケンザカイ」だ!! いや ラヲタのハンドルとして それはどう考えても ゴロが悪スギる!! 「ケンキョウ」でしょ!! そして ご本人にお伺いしたところ 「ど...

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR