節骨麺たいぞう 神田店@神田 「節骨らー麺」

たいぞう@神田・20150118・西口商店街
 年が明けて、まだ食べ歩きの「エンジン」がかからない今日この頃。「ハズレ」を掴んでさらに落ち込むのも避けたいし……そういえば今月、あの「節骨麺たいぞう」が神田・西口商店街にできたとか。あそこなら昔食べたことがあるので、そちらへ。
たいぞう@神田・20150118・店舗
たいぞう@神田・20150118・券売機
 「節骨麺たいぞう」といえば、かつては池袋の人気店で、新宿や恵比寿などにも店を出していましたが、いまは池袋・三軒茶屋に3店舗で、この神田店で4店舗目、場所はあの「わいず」の隣です。メニューは「らー麺」「こってりらー麺」「つけ麺」「塩らー麺」の4系統、「こってり」には「特濃」なんてメニューもあるようです。「こってり」系が人気のようですが、むかし歌舞伎町店で食べた時の印象がイマイチでしたので、きょうは基本の「節骨らー麺」(700円)で。
たいぞう@神田・20150118・らー麺
たいぞう@神田・20150118・スープ
 では、スープを一口……お、イイ感じになりましたな。ひと昔前に流行った「魚粉系」スタイルですが、鰹節と煮干の旨味がクッキリ引き立ち、魚粉のザラつき・雑味は一切なし。さらにベースのゲンコツ・鶏ガラも安定した味わいで、だからこそ魚介の「押し出し」が一層引き立つ。以前は、どこか雑な味わいに感じましたが、あの高田馬場「渡なべ」を思わせるような完成度(といったらホメ過ぎか)。
たいぞう@神田・20150118・麺
 麺は、カネジン食品製の中太弱ちぢれ。コシが強く、噛み応えがありながら歯切れもスムーズ、そしてなんといっても甘みが力強くて、このあたり外麦を国産とブレンドした成果でしょう。シッカリとスープを持ち上げて、シッカリとした味わいで受け止めます。
たいぞう@神田・20150118・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、海苔にネギ。チャーシューは、昔は厚めのバラ肉でしたが、今回は薄め・大判の肩ロース。シッカリ煮込んで肉汁控えめに仕上げてあり、これなら「こってり」系メニューより、この「らー麺」の方が合いますな。メンマも、「豚骨魚介」系お約束の「材木」タイプ。

たいぞう@神田・20150118・能書き 古き良き「魚粉系」の伝統を、確かなクォリティで今に伝える、非常にシュアな出来栄えの一杯。一時店舗を減らしながらも反転攻勢、再び新規出店できた「原動力」は、この真面目な味造りから生まれたものでしょう。これなら「特濃」でもハズレはなさそう、もっと「食べ歩きエンジン」の回転数が上がったら、また来ます。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR