中華そば 田中屋@神楽坂 「中華そば + 塩味玉子」

田中屋@神楽坂・20150120・神楽坂
 年始からのバタバタは週末にもおよび、ようやく制約なしで食べ歩けるようになったのは日曜日。しかし、ラーメン店は日曜定休が多いので、それ自体が制約と言えますが……後回しにしていた宿題店、神楽坂「田中屋」へ。
田中屋@神楽坂・20150120・店舗
田中屋@神楽坂・20150120・券売機
 六町の名店「田中商店」の系列となるお店、「田中そば店」ブランドでは4店舗目になるようです。すでに秋葉原店では何回かいただいていますが、「少し味が違う」との情報もあり、今日は秋葉原店オープン時に食べたと同じ「中華そば」(780円)と「塩味玉子」(120円)で。午後遅い時間、しかも早稲田通りから路地を入った目立たぬロケーションですが、それでもほぼ満員で、最後の1席になんとか滑り込めました。
田中屋@神楽坂・20150120・中華そば
田中屋@神楽坂・20150120・スープ
 食券を渡すとき「こってりで」と伝えれば背脂を足してもらえますが、今日はあえてクリアな状態。まずはスープを一口……いやぁ~~、相変わらず美味い。極めて透明度の高いスープですが、味もまったく同じイメージ。ジンワリとした味わいのクリアな豚骨に、絶妙の加減で塩ダレをきかせて、動物系の甘みをホンノリと引き出しています。秋葉原店ではキレが強調されて「凛」とした印象がありましたが、それを微妙にデチューンしてあり、能書き通り「ホッとできる」親しみやすい味になっています。
田中屋@神楽坂・20150120・麺
 麺は秋葉原店と同じと思われ、少し太めの中太で、平打ちのストレート。かん水を抑えてグルテンによる粘り・コシを活かした「うどん」のような味・食感で、柔めのゆで加減で引き出された素朴な甘みが、シンプルなスープに実によく合う。これを「カタメ」で頼んでいる人がいましたが、その時点で損していますな。
田中屋@神楽坂・20150120・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、薬味のネギと、追加の味玉。このバラ肉・チャーシューも、おそらく秋葉原店と同じものですが、スープがデチューンしてあるためか味付けが一層引き立って……肉汁の旨味を引き立てる強めの塩味が、エッジを丸めたスローなスープで一層引き立ち、コイツはなんとも極上の味わい。
田中屋@神楽坂・20150120・味玉
 味玉は、秋葉原店オープン時とは違い、塩味で仕上げたもの。黄身に対して微妙に塩ダレが加えてありますが、どちらかといえば「ゆで卵」のような親しみやすさを強調してあり、もちろんスローなスープにはドンピシャリ。メンマの仕上げも、秋葉原とは違います(あちらは醤油濃い味付けでした)。田中屋@神楽坂・20150120・唐華

 そして後半は、卓上の「特製唐華」を投入して味変。辛味と同時に、甲殻系の香ばしさと、ごくわずかにニンニク的な分厚さも加わって、味が一気にアグレッシブに。卓上には「中華そば(こってり)に良く合います」とありますが、コッテリでなくてもよく合います。

田中屋@神楽坂・20150120・卓上 秋葉原店は「田中そば店」で、こちらは「田中屋」、見かけも味も秋葉原店オープン時に良く似ていますが、目指すベクトルがかなり違うような気がしますな……かつて、秋葉原店の味を映画「鬼龍院花子の生涯」に例えましたが、こちらは「男はつらいよ」・葛飾柴又的な、「人情」溢れるヒューマン・タッチ。秋葉原「田中そば店」をよく知る方も、一食の価値あること、請け合いです。

 店舗情報は、こちら

(注)最近のネット情報を見ていると、秋葉原店もオープン時より少し味を変えたかも……です。

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR