らーめん 田丸@目黒 「ラーメン」

田丸@目黒・20170124・権之助坂
 小春日和だった年末年始がウソのように、ガチガチに冷え込んだ金曜夜。ラーメン食べずにはおられませんな……訪店を予定していた新店が、なぜか年明け早々休業に入ってしまい、行くアテを無くして立ち尽くす渋谷駅。こうなったら、思いっ切り古風な老舗にしますか。目黒は権之助坂の近辺へ。
田丸@目黒・20170124・店舗
田丸@目黒・20170124・メニュー いやいや、私好みのフレンドリーな店構え。この目黒「田丸」はなんと創業が昭和20年、地元に愛され続けたお店です。メニューは「ラーメン」とそのバリエーションが基本で、その他に辛口系として「タンタンメン」や「もやしの辛炒めメン」など。トッピングが追加されたメニューは、カレー皿のような平皿で供されるのが、この店のチャームポイントらしいのですが(写真は下掲)、ここは基本の「ラーメン」(650円)で。田丸@目黒・20170124・卓上

 小さなL字カウンター、新年会帰りなのか酔ったオッサンがゾロゾロ並び、皆モクモク煙草を吸ってます(全面喫煙可)……タバコ嫌いな方にはタマらない環境でしょうが、なんとも昭和な雰囲気が漂って、私のようなオジサンにもタマりません。年季の入った価格表もイイ感じ。
田丸@目黒・20170124・ラーメン田丸@目黒・20170124・スープ
 では、スープを一口……あぁ、やっぱりお味も、なんとも「昭和」。プチ・ワイルドな風味の鶏ガラスープ、醤油ダレは寸胴内で合わせて一緒に煮込んであり、深く馴染んで実にマイルド。昭和40年代頃、私がイヤというほど食べた下町のラーメンは、これよりもっと鶏のクセがでていて、ケミカルによる旨味づけも露骨でしたが……イヤミを感じさせずスマートに仕上げてある所が、さすが「目黒」。
田丸@目黒・20170124・麺
 麺は、微妙に太めの中太縮れ。中加水で少し柔らかめのゆで加減、ソフトな歯ごたえも実に「昭和」。かん水量や添加物に気を遣っているのか、麺肌が白っぽく素朴な甘み、しかしコイツがノスタルジックなスープに実によく合う。麺量は、標準よりも多少多め。
田丸@目黒・20170124・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、煮キャベツに薬味のネギ。チャーシューは、結構厚めが3枚入り、肩ロースのようですがモモ肉のようなミッシリとした食感に仕上げてあり、これを噛み込みながら絶妙の味付けを楽しむタイプ……いやぁ、なんともノスタルジックな美味さ。
田丸@目黒・20170124・キャベツ
 一方、このキャベツはこの店のオリジナルのようで、非常に柔らかく非常に甘い。キャベツ本来の甘みを茹でで引き出しただけでなく、調味されたスープで煮込んであると見ましたが……古風に調和した世界で、ワンポイント的に味が引き立ち、しかも塩濃さでなく「甘さ」でアクセントをつけるあたりが、意外に斬新。

田丸@目黒・20170124・写真メニュー
 「高度成長期」だった1960年代、昼間汗だくで働いたオッチャンが、銭湯でひと風呂浴び鉢巻・ステテコ・腹巻姿で街の中華屋に集って、ビール片手にホルモンや餃子をつまみながら、シメに食べてたフツーのラーメン……いわゆる「カギっ子」だったため、一人でそんな中に混じってラーメンすすっていた少年にとっては、実に深い「くつろぎ」を与えてくれる一杯。当時の「くつろぎ」のなかで、タバコの煙はむしろ当然の「雰囲気」でしたが……バカボン・パパの鉢巻・ステテコ・腹巻姿が、「ネタ」にしか見えない若い人には、この「くつろぎ」はわかるまい。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR