餃子酒場別館@豊洲 「酒場まぜそば」

餃子酒場別館@豊洲・20170406・四丁目
 先日、バラエティ番組を家族とみておりますと、豊洲で小栗旬が汁なし担々麺食べてる!! しかも、恥ずかしながらその店の名を知りませんでした……もう何年も、仕事であの近くにしばしば通っているのに。お店は、豊洲駅4番出口から徒歩30秒、まだ昭和期の団地風情を残す、豊洲四丁目の狭い路地にあります。
餃子酒場別館@豊洲・20170406・店舗
餃子酒場別館@豊洲・20170406・雑居ビル
 お店はご覧のような飲食店ビルの2階、ちょっと場末のスナック的な入口で入りにくい雰囲気ですが、店内は明るいウォールナット調の内装で清潔感があり、まだまだ新しい感じ(昨年オープンとか)。餃子酒場別館@豊洲・20170406・メニュー

 麺メニューはご覧のように充実しており、さらにオススメはメニューにはない「サンラー麺」(単品850円)とか。ちょいと国産鶏100%の鶏白湯なんかにも惹かれますが……ここはやはり、テレビで見て美味そうだった「酒場まぜそば」(890円)で。
餃子酒場別館@豊洲・20170406・まぜそば餃子酒場別館@豊洲・20170406・まぜ後
 具材山盛りで、とってもリッチな丼景色。まずはサックリ混ぜ込みますと、見る見る褐色に染まるグニグニの太麺、コイツはたまりませんなぁ。まずは、ジュルリッと一口……非常にバランスのとれた、ハイレベルな仕上がり。芝麻醤のシッカリとしたコクを、醤油ダレでさらに深く深く掘り下げて、辛さに重みのある辣油が絡んできます。花椒が最初はフワッと、後半に向けジンジンと少しずつ激しく……結構パワフルなコクに深みのある適度な辛味、そして痺れがグイグイ立ち上がるという、まさに理想的な汁なし担々の姿。
餃子酒場別館@豊洲・20170406・麺上げ
 麺がこれまた素晴らしい。太縮れ麺を柔らかめにゆで上げてあり、タレとの絡みは文句なし。しかも全粒粉使用で甘味が強く、力強いタレに対して全くヒケをとりません……この両者のバランスは驚くほど。これはただの中華屋さんの仕事ではなく、麺専門でかなり研鑽を積んできた感じがしますな。
餃子酒場別館@豊洲・20170406・具材
 具材は、肉味噌、松の実・ピーナッツ・いりごまに、青梗菜と薬味のネギ。ナッツ類のバランスと量も実によく、食感を楽しませながらウルサクない。そして、特にこの青梗菜がタップリ入る所がなんともうれしい……花椒の効果は、後半に向けヒートアップしてきますので、この青梗菜のサッパリ感が、実に頼もしい箸休め。
餃子酒場別館@豊洲・20170406・辣油
 卓上には、花椒や「食べる麻辣油」も用意され、好みの麻辣加減に調整可能。私は「食べる麻辣油」を加えてみましたが、最初から入る辣油とほぼ同じモノのようで、重みのある本来の辛さを、さらにグッとパワーアップ。

餃子酒場別館@豊洲・20170406・酒
 豊洲でも、これまで汁なし担々麺は何店舗かでいただきましたが、コイツは文句なしのNo.1。これほどの店があったとは、自分の情弱ぶりに恥じ入るばかり。コイツは俄然、他のメニューも気になりますな……メニューにある、麺トッピングの「餃子(3ケ)」(100円)というのも大いに気になる。コイツは何回か通うことになりそうです。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR