ふるめん@六本木一丁目 「担々麺」

ふるめん@六本木一丁目・20170425・坂道
 先日「煮干し醤油」をいただいて、その美味さに驚いた「ふるめん」。その時見かけた路上看板では、メニュー人気第2位は「担々麺」……コイツは気になる。週末、またテレ東横の坂を六本木通りへ下り、お店へ向かいました。
ふるめん@六本木一丁目・20170425・店舗
ふるめん@六本木一丁目・20170425・メニュー
 相変わらず小ざっぱりとしたお洒落な店内、禁煙ではありませんが、吸う方もiQOS使ってまわりに気配り……チョイと「六本木」チックな雰囲気ですな。メニューはご覧の通りで「担々麺」(950円)を注文、薬味はネギかパクチーを選べますが、とりあえずパクチーで。湯煎したボウルの中でスープと芝麻醤を合わせるなど、結構丁寧な調理工程。
ふるめん@六本木一丁目・20170425・担々麺ふるめん@六本木一丁目・20170425・スープ
 相変わらず、華麗な色合いの丼景色。辛味ダレはパクチーの下に隠れていますが、まずはコイツを混ぜ込まず、スープを一口……いきなりガツンと来る「和山椒」。ベース・スープに魚介系が効いているせいか透明感が強く、おかげで芝麻醤もさほど濃くは感じませんが、その大人しくクリアな空間にキンキン響く、和山椒独特の青っぽい風味。辛味ダレを溶かし込んでも、辛味とコクがグッと強まりはしますがやや単調で、山椒の「キンキン」は目立ったまま……これは、賛否分かれますな。ネット情報にあった別添えの辣油も、この日はありませんでした。
ふるめん@六本木一丁目・20170425・麺
 麺は、他メニューと同じで、やや太めの中太ストレート。ゆで加減も「煮干し醤油」と同様にカタめにゆで上げ、多少ヘビーな食べ心地。これでも、スープが濃厚ならある程度噛み合うんでしょうが、和山椒でクリア感が強調されたこのスープとの相性は、どうもチグハグ。
ふるめん@六本木一丁目・20170425・具材
 具材は、蒸し鶏に搾菜、福神漬け(?)に薬味のパクチーなど。蒸し鶏にはキチンとした味がついており、芝麻醤との相性も抜群、パクチーが加える鮮烈な風味も、和山椒のクリア感と上手く呼号、これらのコンビネーションは悪くありません。福神漬けで紫蘇風味と酸味を加えようという演出も、和山椒と見事にマッチ。

ふるめん@六本木一丁目・20170425・卓上
 「担々麺には花椒」という既成概念から一歩踏み出した、勇気ある試み。ただ、その試みをサポートするには、もっとベース・スープの動物系に「個性」が必要な気が……たとえば鰻蒲焼では、本来クサミのある鰻を強烈なタレで仕上げるからこそ、和山椒の「キンキン」感が効いてくるように、クセのある動物系に濃厚な芝麻醤が絡んでこそ、和山椒も活きてくるな……そんな印象。今後の改良に期待します。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR