マンゴツリーカフェ@豊洲 「タイの汁そば」

mangoo@豊洲・20171019・ららぽーと
 そろそろ秋冬ものに衣替え。収納から出してみると、アレも足りないコレも足りないというわけで、チョイと「とららぽーと豊洲」に家族で買い出し。ディナーはタイ料理のお店「マンゴツリーカフェ」で。
mangoo@豊洲・20171019・店舗
mangoo@豊洲・20171019・メニュー
 「オリジナル生米麺『クイッティオ』」を使うという麺メニューは、「タイの汁そば」を筆頭に4種類(写真)。まずは基本の「タイの汁そば」(880円)をいただくことに。その他チキン・バーベキューの「ガイヤーン」(1,500円)など、アレコレいただきました。
mangoo@豊洲・20171019・汁そば
 奇をてらわない、素朴な雰囲気がイイ感じ。それでは、スープを一口……おぉ、結構キレがあって日本人に好まれそうなタイプ。ベースはあっさりとした鶏清湯ですが、風味も旨味も結構豊か。そして最も印象的なのはナンプラー(魚醤)で、独特の臭みや雑味をキッチリ抑え、キレと旨味だけを突出させた、敢えて例えるなら「白醤油」的なニュアンス。これがかなり強めに使ってあって、キレキレな感じがイイ感じ。都心で食べたことがある東南アジア系の汁そばとしては、かなり変わったスタイルです。
mangoo@豊洲・20171019・麺
 自慢の米麺は、かなり太めの中太ストレート。能書きによれば、日本ではつなぎを多用した乾麺がよく使われるところを、「本物の味わい・口当たり」に拘って生麺として開発したものとか。確かに未体験の食感で、トコロテンのようにツルリとした口あたり、噛むと一瞬モチッとした感覚を残しつつ、スッと歯切れる潔さ。米麺にしては甘みも結構強く、それがキレキレのスープでビシッと引き締められて、スッと口腔に広がります。
mangoo@豊洲・20171019・具材
 具材は、細切れの鶏肉に謎の白玉、そしてモヤシとパクチー。白玉は、ハンペンとカマボコの中間のような食感で、味わいも練り物風ですのでナンプラーと上手くシナジー。当然のごとく、パクチーもよく合いますな……お好きな方は、74円増しですが「パクチーの汁そば」がオススメかも。
mangoo@豊洲・20171019・アイテム
 「汁そば」を頼むと、味変用のアイテム提供。内容は、ナンプラー、チリパウダー、砂糖、酢(だったかな)で、試しにナンプラーをひと匙投入しますと、風味とキレがグッと増して、これはこれでイイ感じ。ちなみに「ガイヤーン」(写真は下掲)も驚きの美味さ、ぜひ一緒に召し上がることをお勧めします。

mangoo@豊洲・20171019・ガイヤーン
 日本では、魚醤で代表的な存在といえば秋田「しょっつる」になりますが、これをラーメンに使おうという試みはあったものの、なかなか難しい問題がある模様。タイやベトナムの魚醤はもっとクセが強く、さらに難しいなと、以前東南アジアを旅行した際感じましたが……こんな日本人好みのナンプラーがあったとは。この日、「汁そば」を頼んだのは家族で私だけでしたが、あまりに美味そうに食べるので、非難集中。後日、もう一度連れていく羽目になってしまった、オジさんなのでした(家族にも大好評)。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR