お茶の水 大勝軒 BRANCHING@神保町 「特製もりそば」

大勝軒@神保町・20171031・交差点
 (9月下旬ころ)かなり涼しくなってきた今日この頃、これで雨ばっかりだったこの夏も終わりかしら・・・・・・ちょっと「夏」を惜しんで辛いものでも食べようかと、神保町の新店を訪れましたが、なぜか臨休。まぁ、このあたりは神保町でも人気店が集中する超激戦区ですので、多少苦戦されているのかな・・・・・・やむを得ず、待避先として考えていた大勝軒へ。
大勝軒@神保町・20171031・店舗
大勝軒@神保町・20171031・券売機
 お店は7月オープンで、この夏でも最も暑かった頃に訪店しましたが、そのとき食べたのは「中華そば」。そして今度は少し涼しくなってきたので、「特製もりそば」(750円)をいただこうという、へそ曲がりな自分に呆れます。とりあえずコイツを、ポチッとな。
大勝軒@神保町・20171031・もり大勝軒@神保町・20171031・つけ汁
 つけ汁の丼がドドンとデカい、大勝軒ならではの丼景色。まずは、つけ汁を一口・・・・・・「中華そば」のスープもそうですが、どこにでもありそうで、どうやってもマネできない研ぎ澄まされたバランス。鶏豚の動物系に煮干し・節系を合わせた、落ち着いたバランスのベーススープ。これにカエシを強めに加えて甘みとキレを同時に強調、さらに酸味・辛味もやや強めに打ち出して・・・・・・なんとも円熟しきった、甘・辛・酸に塩も加えた4方向のバランス。これらのバランスをめぐって、過去数多のインスパイヤが生み出されましたが、全く動じず「本流」を守る、堂々たる味わいです。
大勝軒@神保町・20171031・麺
 麺は、やや太めの中太ストレートで、断面が多少偏平したもの。ツルッとした口あたりに、ビビッドな歯ごたえ、そしてスルリとしたのど越しと、大勝軒でしか為し得ない魅惑の食感。ウブでスッキリとした麺の甘みが、つけ汁の4種の刺激に包まれて、水彩絵具のようにスッと軽やかに広がる感じが、もうなんとも・・・・・・
大勝軒@神保町・20171031・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、ナルトに海苔、そして薬味のネギ。チャーシューは「中華そば」のものと同じくハイクォリティ、しかも「中華そば」では厚切りの小型1枚でしたが、薄切りながら中型2枚が入っており、何となくお得感。
大勝軒@神保町・20171031・スープ割り
 大勝軒系では、割りスープを出す店とそうでない店がありますが、こちらは卓上ポットで提供。中身はアッサリとした煮干し出汁で、コイツでつけ汁を割りますと、力強かった4種の刺激が同時にスッと落ち着いて、なんともシミジミと味わい深いエンディング。

大勝軒@神保町・20171031・卓上 なんというか・・・・・・圓生や圓楽の名演を鑑賞し終わった後のような、シミジミとした満足感。ラーメンは、日本を代表する大衆文化(ポップカルチャー)の一大分野。出生は同じ大衆文化でも、寿司や浄瑠璃・歌舞伎など「ハイカルチャー」を目指す分野もあれば、落語や演劇、居酒屋など、大衆文化だからこそ生まれる「粋」を追求する分野もあり、ラーメンは後者。そして、ラーメンならではの「粋」の一つのかたちが、この大勝軒には凝縮されておりますなぁ・・・・・・これからも、シミジミと美味しい一杯でありますように。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR